【SEO+AIライター】Frase.ioレビュー・使い方解説【日本語OK】

2023年2月6日

【SEO+AIライター】Frase.ioレビュー・使い方解説【日本語OK】
  • Frase.ioというSEOツールが気になっている。
  • SEO分析だけでなく、AIライティングもできるって本当? 日本語には対応しているの?
  • 詳しい利用方法や具体的なメリット・デメリットを教えて!

そんな疑問をお持ちのあなたのために、実際に Frase を利用してみた管理人が使い方・レビューなどを解説します。

この記事を読めば、SEOに強い記事を効果的に作成するためにヒントがきっとつかめるはず。ぜひご覧ください。

【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ11選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】
【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ11選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】

続きを見る

Frase.ioとは?

Frase.io
©Frase, Inc.

Frase.ioは、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンに本社を持つFrase, Inc.が提供するSEO&AIライティングサービスです。

Frase.ioの特徴

  • 30,000人以上のユーザー
  • SEOツールとAIライターを組み合わせたサービス
  • 格安の有料トライアルプラン(1ドル)あり

主な機能

  • コンテンツブリーフ(キーワード・SERP)
  • コンテンツライティング(AIライター)
  • コンテンツ最適化(競合・トピック)
  • コンテンツ分析(Google Search Console連携)

Frase.ioの価格・料金プラン

Trial:$1

  • 5日間

Solo:$14.99/月(or $152/年)

  • 1ユーザー
  • 4記事(執筆・最適化)
  • 4,000語

Basic:$44.99/月(or $459/年)

  • 1ユーザー
  • 30記事(執筆・最適化)
  • 4,000語

Team:$114.99/月(or $1,173/年)

  • 3ユーザー
  • 記事数無制限
  • 4,000語

Pro Add-On:+$35/月

  • 上記のプランと組み合わせて利用
  • 語数(文字数)無制限
  • 検索ボリューム調査・無制限
  • ドメインオーソリティ・バックリンク調査

Frase.ioの使い方

有料トライアル登録・ログイン

Frase.ioには、無料体験版などはありませんが、1ドルの格安トライアルプランが用意されていますので、こちらから利用してみましょう。

Frase.io:トップページ

Frase.ioのトップページ右上(もしくは中央)にある「Get Started」ボタンをクリック。

Frase.io:サインアップ

名前・メールアドレス・パスワードを登録。

Frase.io:ログイン

Googleアカウントも使えます。

Frase.io:アンケート

簡単なアンケートに回答します。

Frase.io:料金プラン

トライアルに申し込むプランを選びます。

Frase.io:支払い情報

支払い情報(クレジットカード)を入力し「Sign Up」をクリックすれば完了です。

新規ブログ記事作成

まずは左の「Documents」から新規ドキュメントファイルを作成していきましょう。

Frase.io:新規ドキュメント作成

「Create new content」を選び、SEO分析を行いたいキーワードや国・言語を入力したら、「Create Document」をクリックします。

Query:ai 仕事を奪う

Frase.io:新規ドキュメント(初期画面)

作成されたドキュメントの右側にある「Let’s go!」ボタンをクリックすると、検索結果のトップ20のデータ取得が開始されます。

Frase.io:SERP(アウトライン)

アウトライン・エクスプローラーでは、上位記事の見出しからピックアップして記事のアウトラインを組み立てることができます。

Frase.io:SERP(要約)

記事の中身の要約もしてくれるので、こちらを参考に文章を書くこともできます。

AIライティング(テンプレート・自動追記・チャット)

いよいよ本文の作成に入っていきましょう。

Frase.io:テンプレート

内蔵のAIテンプレートから、目的に合ったものを選びます。

※本文を書いていくなら基本的に「Article Writer」を選んでおけばOKです。

Frase.io:パラグラフジェネレーター

段落ごとに記事を出力し、左側のエディタに追加していきます。

Frase.io:自動追記ボタン

テンプレートを使わず「Write」ボタンで自動追記してもらうことも可能です。

Frase.io:AIチャット

ChatGPTのようなAIチャット機能も付いています。

Frase.io:SERP分析

SERPデータを再確認することもできます。

Frase.io:コンテンツブリーフ

ここまではコンテンツブリーフタブで作業をしていましたが、本来このタブはブリーフィング資料をまとめておく場所です。

Frase.io:マイドキュメント

作業用のタブを別に作れば、段落の並べ替えや追加・削除などが簡単にできます。

完成した記事はこちら。

技術の進歩に伴い、人工知能(AI)をさまざまな業務に活用する企業が増えています。しかし、これは従来の労働力にとってどのような意味を持つのでしょうか。AIによってどのような仕事が代替され、世界経済にどのような打撃を与えているのでしょうか。

AI技術の台頭により、医療から運輸、小売まで多くの産業で大きなチャンスが生まれました。一方で、自動化やAIを搭載した機械の普及により、世界中で何十万もの雇用が失われています。マイクロソフト株式会社が委託した報告書によると、人間の全作業の50%近くが、利用可能な技術で自動化できるそうです。

ロボットと人工知能の進歩は、人々が仕事の安定性を心配し、あるいは自分の地位が陳腐化するのを見て、さまざまな業界の労働市場に大きな激震を与えている。しかし、AIは、その潜在的な破壊力にもかかわらず、変化を受け入れようとする人々にとって、実際に新しい仕事の機会を生み出すかもしれない。この記事では、AIがどのように職場を変えていくのかを詳しく見ていき、個人が今後の変化にどう備えるべきかを議論していきます。

1.AIは人間の労働力を代替する存在になるのか?

AI技術は近年急速に成長しており、ある種の手作業にとって脅威となるかどうか、多くの人が考えています。AIは近い将来、一部の仕事に取って代わる可能性があり、またそうなるであろうが、全体として人間の労働に対するその影響はまちまちである。AIシステムは、複雑な作業を自動化し、企業のコストを削減するために開発されていますが、特に判断や倫理的配慮を必要とする決定を下す際には、人間の監視も必要となります。さらに、AI技術は定型的な作業を自動化するために使用できますが、すべての仕事に適しているわけではありません-AIは、創造的な問題解決や分析といった人間の仕事のある側面を再現することはできません。AIによって特定の職種が完全になくなるケースはあるかもしれませんが、多くの仕事は人間だけが持つ創造性や洞察力に依存することに変わりはないでしょう。

2.人工知能が雇用に与えた影響の概要

AI技術は、多くの仕事を自動化し、労働力を削減する可能性があります。一方で、AIは新しい仕事を生み出す可能性もあります。AI技術の導入により、新しい仕事が生み出される可能性があります。例えば、AIを使用した自動化プロセスの設計や管理、AIシステムの保守などが挙げられます。また、AIを使用して新しいサービスを開発することも可能であり、新しい仕事が生み出される可能性があります。AI技術の導入により、新しい仕事を創出するだけでなく、既存の仕事を変革して、より効率的な仕事を行うことも可能です。

3.AIと自動化によって最も脅かされる5つの仕事

AIと自動化によって最も脅かされる仕事の5つとして、1つ目は書類作成やデータ入力などのオフィスワークです。2つ目は、自動車やロボットなどの製造業です。3つ目は、配達や物流などの運輸業です。4つ目は、小売業です。5つ目は、医療業です。これらの仕事は、AIと自動化によって最も脅かされる可能性があります。

4.AIに支配される仕事の未来はどうなるのか

AIに支配される仕事の未来は、その仕事が自動化可能かどうかによって異なります。自動化可能な仕事であれば、AIが仕事を代替する可能性があります。しかし、自動化不可能な仕事であれば、AIは人間の労働力を補完する役割を果たす可能性があります。AIは、人間の労働力を補完し、仕事をより効率的に行うことで、新しい仕事を生み出す可能性があります。

5.職場における人工知能の長所、短所、倫理的問題

職場における人工知能の長所として、効率性の向上やコスト削減などがあります。AIは、定型的な作業を自動化し、人間の労働力を削減することができます。また、AIは、複雑な作業を行うのに役立ちます。

一方で、AIには短所もあります。AIは、判断や倫理的配慮を必要とする決定を下す際には、人間の監視も必要となります。さらに、AIは創造的な問題解決や分析などを行うことはできません。

また、AIには倫理的な問題もあります。AIが人間の労働力を代替する可能性があり、それは多くの人々にとって不安を引き起こします。AIの技術が発展していく中で、倫理的な問題も考慮する必要があります。

6.AI:雇用の安定と機会への恩恵か、それとも弊害か?

AI技術の導入は、雇用の安定と機会への恩恵をもたらす可能性があります。一方で、AIによって多くの仕事が自動化される可能性もあり、多くの人々が雇用を失う可能性もあります。AI技術の導入によって、新しい仕事が生み出される可能性もありますが、既存の仕事を変革してより効率的な仕事を行うことも可能です。AI技術の導入によって、雇用の安定と機会への恩恵をもたらす可能性がありますが、多くの人々が雇用を失う可能性もあることから、AIの導入には十分な注意が必要です。

7.AIの導入-雇用喪失と事業成長に関する考察

AIの導入により、雇用喪失と事業成長の両方を考慮する必要があります。AIは、定型的な作業を自動化し、企業のコストを削減するために開発されていますが、特に判断や倫理的配慮を必要とする決定を下す際には、人間の監視も必要となります。また、AIを使用して新しいサービスを開発することも可能であり、新しい仕事が生み出される可能性があります。しかし、AIの導入により多くの人々が雇用を失う可能性もあることから、AIの導入には十分な注意が必要です。

8.AI技術の導入を選択した企業が直面する現実を知る

AI技術の導入を選択した企業が直面する現実として、1つは労働力の削減です。AIは、定型的な作業を自動化し、企業のコストを削減するために開発されていますが、特に判断や倫理的配慮を必要とする決定を下す際には、人間の監視も必要となります。2つ目は、新しい仕事を生み出す可能性です。AIを使用して新しいサービスを開発することも可能であり、新しい仕事が生み出される可能性があります。3つ目は、既存の仕事を変革してより効率的な仕事を行うことも可能です。AI技術の導入を選択した企業が直面する現実は、労働力の削減、新しい仕事を生み出す可能性、既存の仕事を変革してより効率的な仕事を行うことも可能です。

9.自動化へのアプローチ。AIが労働力を掌握する中で、どう適応していくか

AIが労働力を掌握する中で、企業は自動化へのアプローチを考える必要があります。まず、企業は定型的な作業を自動化することを検討し、AIを使用して効率的な仕事を行うことができるかどうかを考える必要があります。次に、企業は、AIを使用して新しいサービスを開発することも可能であり、新しい仕事が生み出される可能性があることを検討する必要があります。最後に、企業は、AIの導入により多くの人々が雇用を失う可能性もあることから、AIの導入には十分な注意が必要であることを考慮する必要があります。

10.人工知能が仕事を奪うという脅威から身を守るために

人工知能が仕事を奪うという脅威から身を守るために、まずはAI技術の導入に関する情報収集を行う必要があります。企業がAIを導入した場合、どのような影響があるかを確認し、自分の仕事に関する情報を収集する必要があります。次に、自分の仕事を変革してより効率的な仕事を行うことができるかどうかを考える必要があります。最後に、AIを使用して新しいサービスを開発することも可能であり、新しい仕事が生み出される可能性があることを検討する必要があります。

日本語換算の文字数は3,120文字。消費ワード数は728でした。

エクスポート

Frase.io:エクスポート
  • PDF
  • HTML
  • Excel(SERPデータのみ)

上記のファイル形式でダウンロードができるほか、テキストをクリップボードにコピペすることも可能です。

既存ブログ記事の最適化

新規記事の作成だけでなく、既存記事の最適化もできます。

Frase.io:既存記事最適化

今回は、このブログの以下の記事を最適化してみました。

【文章の書き方・完全解説】読みたいと思わせる文章を書く19のコツ

新規ドキュメント作成ウィンドウで「Optimize existing content」を選択し、URLとターゲットキーワードなどを入力したら、「Create Document」をクリックします。

Frase.io:既存記事インポート

ツールが自動で記事の文章を読み込んでくれますので、内容を確認し(修正も可能)、「Confirm Import」をクリック。

Frase.io:SERPドキュメント

記事の内容をコピペした新規ドキュメントファイルが作成され、キーワードのSERP分析が行われますので、先ほどと同じようにAIツールを使いながら記事をブラッシュアップしていきましょう。

AIテンプレート一覧・管理

「AI Tools」では豊富なテンプレートの検索やお気に入り登録、カスタムテンプレートの作成などができます。

Frase.io:テンプレート

※他のユーザーが作ったカスタムテンプレートを利用することも可能です。

SEOツール

Frase.io:SEOツール
  • コンテンツ分析
  • アウトライン・ビルダー
  • Wikipediaコンテンツマップ
  • トピック・プランナー
  • 記事リライター

「SEO Tools」から上記のツールが個別に利用できます。

外部アプリ連携

Frase.io:外部アプリ連携
  • Googleサーチコンソール
  • Googleドキュメント(アドオン)
  • WordPress(プラグイン)

上記のアプリ・サービスと連携可能です。

Frase.ioレビュー

メリット

  • SEOツールとAIライティングが一つのツールでまとめてできる
  • AIテンプレートと自動追記機能が両方使える
  • 日本語の文章クオリティがそこそこ高い
  • 自動コンテンツブリーフ作成機能が便利(日本語非対応?)
  • 文字数無制限オプションがある

デメリット

  • 無料体験版がない
  • 記事数上限に達してしまうと、文字数が余っていても新規ドキュメントが作成できなくなってしまう
  • iPhone(スマホ)で利用できない(iPadではOK)

Frase.ioが向いている人

  • SERP分析などを行いながら、SEO重視の記事をしっかりと作成したい人
  • 既存記事の順位をアップさせるためにリライトをしたい人
  • スマホで本格的な記事作成・編集を行わない人

損をしない(失敗しない)Frase.io活用法

SEO難易度高めの長文記事作成に使う

Frase.ioは、どうやらプランごとの記事数上限に達してしまうと、ワードクレジットが残っていても新規ドキュメントが作成できなくなってしまう仕様のようです。

ですので、Frase.ioを利用する際は、ニッチ記事を量産するのではなく、しっかりとSEO対策が必要な長文記事の作成に使うのが賢いやり方かと。

文字数無制限オプションを活用する

Frase.ioは、どのプランでも月35ドル追加することで文字数やキーワード調査数などを無制限にできます。

文字数を気にしなくてよくなり、AIテンプレートや自動追記機能などで何度も出力をやり直せるようになるため、長文記事作成の際に非常に便利になりますよ。

自動追記機能を上手に利用する

Frase.ioの自動追記機能は、出力位置以前に書かれた文章の内容や文体を参考にするため、参照したいデータなどがあれば直前にコピペしておくと、期待通りの文章が出力されやすくなります。

逆に、読み込んでほしくない部分は、末尾の行に「###」と入れておくとその行以前を読み込まなくなりますよ。

まとめ

月30記事で44.99ドル+文字数無制限35ドルという料金プランは、ちょっと割高に感じていましたが、SEOツールとAIライターがどちらも利用できるサービスと考えてみると、かなりコストパフォーマンスが高いのでは・・・と、実際に使ってみて評価が変わりました。

月150ドルで記事数・文字数無制限になるのもスゴい。

この記事を読んで、Frase.ioに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ1ドルのトライアルプランから今すぐ試してみてください。

これまであまりSERP分析などに積極的でなかった方も、きと今より効果的な記事が、今よりずっと素早く作成できるようになりますよ。

↓のリンク経由で有料プランを登録すると初月60%offになります。ぜひお見逃しなく。

-ライターの仕事術