文章力を鍛える

【無料あり】現役ライターがおすすめする文章講座5選+α【文章力UP】

writing-shcools

文章力を本格的に身につけたいけれど、何からはじめたら良いのかわからない……。

そんなときに便利なのが、プロから文章の書き方が学べる講座やスクールです。

分かりやすく解説されたテキスト・教材は、一般的に販売されているものとは一味違うものですし、何より専門家に自分の文章を直接添削してもらえる講座などは、独学では決して味わえない貴重な経験です。継続学習のモチベーションにもなりますしね。

というわけで、この記事では様々な講座・スクールの詳細な内容説明や資料、講師プロフィールなどから総合的に判断したおすすめの文章講座をジャンル(ニーズ)別に5つピックアップしてみました。

※管理人が実際に受講したわけではないので、その点はご了承ください。

厳選した5つ以外の講座も、それぞれ個性があって面白そうなものばかりなので、ぜひチェックして自分に合ったものを探してみてくださいね。

【ビジネス文章】宣伝会議 文章力養成講座(東京・南青山)

雑誌『宣伝会議』や日本最大の広告コピーのコンテスト『宣伝会議賞』の主催などで知られる、株式会社宣伝会議による文章力講座がこちら。

基本的な文章ルールや構成術から、演習・添削課題を通した実践的なスキルまで総合的に文章を学ぶことができます。

60年の講座運営実績を持つ同社だけあり、ベストセラー書籍の著者を講師に招くなど、ビジネスシーンに文章力を活用したい方からプロの書き手を目指す人まで幅広いニーズに対応した講座であるもよう。

  • 開催日:2019年9月7日(隔週土曜)
  • 時間:10:00~12:00
  • カリキュラム:全10回
  • 定員:40名
  • 場所:東京・南青山
  • 料金:92,500円(税別)

宣伝会議では他にも、

編集・ライター養成講座 総合コース
セールスコピー実践講座
Webライティング実践講座
校正・校閲力養成講座(Webサイト・SNS専門コース)

といった様々な講座を開催しており、目的に合わせて最適なコースを選ぶことが可能です。

講座が開催される前には、無料の体験講座も実施されているようなので、興味がある方は同社のメルマガやFecebookをフォローしておくのがおすすめですよ。

文章力養成講座 | 宣伝会議

【校正】日本エディタースクール 校正者養成専門コース(東京・水道橋)

校正・編集の専門学校である日本エディタースクールが実施している全日制の校正スクール。

校正に関する基礎知識のほか、プロ校正士に不可欠となっている原稿の編集やDTPなどのスキルも合わせて総合的に学ぶことができます。

コース終了時点で校正技能検定・初級を認定。さらに中級の受験資格を得ることができます。

  • 開催日:7月、2月(月〜木)
  • 時間:10:30〜15:00(または〜13:00)
  • カリキュラム:計218時間
  • 定員:30名
  • 場所:東京・水道橋
  • 料金:459,950円(税込・テキスト&用具代含む)

平日通うのが難しい方には、

土曜講座
日曜集中講座
通信講座

なども用意されています。

実際の講師が実習を体験させてくれる無料1日教室なども実施しているようなので、気になる方はお試しになってみては?

全日制 校正者養成専門コース | 日本エディタースクール

【小論文】白藍塾 文章術セミナー(通信講座)

小論文のカリスマ・樋口裕一氏が塾長を務める小論文・作文指導の専門塾。

プロ講師として高い実績を持つ氏の塾だけあり、きめ細やかな添削指導が大きな特徴。志望校に合わせて6つのコースに分かれており、志望理由の書き方なども合わせて学ぶことができます。

  • 申込締切:11月(2019年は11月14日)
  • カリキュラム:全5回+α
  • 料金:50,000円(税込)

※上記は「慶応・国立コース」の例。

小論文指導の他にも、一般・学生向けに、ロジカルライティングや就活エントリーシート、ライター・編集者修業といった文章術セミナーも実施しています。

小論文指導ゼミナール(高校生・受験生向け) | 白藍塾

【脚本・小説】ヒューマンアカデミー シナリオノベル講座 (東京・大阪・名古屋など全国9ヶ所)

社会人向けスクールの大手・ヒューマンアカデミーによる作家・シナリオライターを目指す方のための通学講座。

小説やライトノベルの仕事に現役で関わっている講師陣の授業は、実際のリアルな仕事の様子を交えながら学ぶことができます。

  • 入学時期:4月、10月
  • 期間:半年(基本・応用コースそれぞれ)
  • カリキュラム:基礎コース20回、応用コース20回(週1回)
  • 定員:12名
  • 場所:札幌、仙台、横浜、秋葉原、名古屋、大阪、京都、那覇
  • 料金:【基礎コース】入学金33,000円+学費352,000円〜【基礎+応用コース】入学金33,000円+学費633,600円〜(税込)

シナリオの書き方だけでなく、仕事をする上での様々な知識なども身につき、業界人とのコネクションもできるので一石二鳥ですね。

ヒューマンアカデミー

【Webライター】たのまな Webライティングコース(通信講座・オンライン)

『たのまな』はヒューマンアカデミーが運営している通信講座です。

このコースは日本クラウドソーシング検定協会が運営する『WEBライティング技能検定』の資格取得を目指したカリキュラムが特徴で、資格を取得するとクラウドソーシング会社から報酬アップや案件の優先配信などの特典があるとのこと。

内容はWebライティングに関するごく基本的な知識・スキルが多く、すでにライターとして活躍している方々はらくらく満点がとれてしまうレベルのようです。

ところが、クラウドソーシングサイトでライティングを外注すると、このレベルすら満たしていない人が平気で申し込んできたりするんですよね……。誰でもすぐに始められるWebライターという職業だからこそ、こういったボーダーラインはしっかり確保しておいたほうがいいのかも。

  • 開催時期:随時
  • カリキュラム:8STEP(教材+模試+実習・セミナー)
  • 料金:32,000円(税込)

Macをお得な価格(アカデミック価格)で購入できるセットなどもあるそうなので、ゼロから副業や在宅仕事を始めたい人がライターとして必要最低限の知識を確実に身につける手段としてどうぞ。

WEBライティング技能検定講座|通信教育・通信講座のたのまな

まだまだある!文章力を身につけられる講座・スクール(※随時追加)

日経ビジネススクール ビジネス文章力養成講座(通信講座・オンライン)

日本経済新聞の記者経験者から添削指導を通して実践的なビジネス文章スキルが学べるオンライン講座。

日経新聞の記者経験者が添削 ビジネス文章力養成講座 <初級編> <オンライン講座>:ビジネス講座は 日経ビジネススクール

朝日カルチャーセンター 文章教室(通信講座)

朝日新聞の『天声人語』元筆者が監修し、記者OBが文章の添削を行ってくれる通信講座。

文章教室 | 通信講座 | 朝日カルチャーセンター

NHK学園 新・文章教室(通信講座)

「入門」「発展」「クラブ」とレベルに合わせたカリキュアラムが選べるNHK学園の通信講座。

新・文章教室 | 生涯学習通信講座 | NHK学園

産業能率大学 プロカレッジ 文章力を磨く(通信講座)

ビジネスシーンにおいて、相手にわかりやすく的確に伝わる文章の作成を目的にした通信講座。

文章力を磨く | 通信講座 | 産業能率大学 プロカレッジ

コトバ大 言葉の大学校(東京・渋谷)

その名の通り「言葉のプロ」になることを目的とした半年間のスクール講座。

コトバ大(言葉の大学校) | ライター・編集・広告・脚本。言葉の学校

心斎橋大学(大阪・心斎橋)

小説賞受賞者やプロ作家を数多く排出している、大阪の作家養成スクール。

大阪の小説教室/脚本学校。小説家/脚本家の養成スクール心斎橋大学

Z会 仕事で生きる文章力(通信講座)

ビジネス文書やメールの作成、就職試験対策の小論文など、仕事に役立つ文章力が学べるZ会の通信講座。

仕事で生きる文章力 - Z会の通信教育- 文章力講座

薄井ゆうじの『小説塾』(通信講座)

作家・薄井ゆうじ氏が小説の添削や講評、アドバイスなどを行ってくれる通信講座。

薄井ゆうじの『小説塾』 - 薄井ゆうじの『小説塾』創作通信講座

文章力向上講座(オンライン)

論文オンライン代表の石井秀明氏がインストラクターを務める文章力アップのeラーニング講座。

文章力向上講座

無料の文章講座・セミナーを見つけるコツ

基本的には今回紹介したような講座・スクールが用意している無料の体験講座などが手軽でおすすめですが、他にも地方自治体が実施している公開講座やセミナーなどは非常に狙い目です。

ちょっと検索してみたら、↓こんなのがありました。

いまこそ書きたい~あなたのための文章講座~ | 立川市

こういった情報を見落とさないために、広報誌や自治体のホームページ等は定期的にチェックしておきましょう。

また、Google アラート「文章講座 無料」といったキーワードを登録しておくと、突発的に開催される無料講座もキャッチできるようになりますよ。

個人開催の小規模講座も手軽でオススメ

最近は、専門の会社やスクールが運営するもの以外にも、個人が小規模で開催している文章講座などが増えてきましたね。

こういった手軽なプチ講座を探すのに便利なサイト&アプリの代表が、Udemy・ストアカ・ココナラの3つです。

オンラインの執筆のトップコース | Udemy
全国のライティング(文章)講座 | ストアカ
文章・記事の書き方・相談・アドバイス | ココナラ

こんな風に、様々なプロ・アマチュアライターが数多くの文章講座を開催しています。

当然、玉石混淆なのでしょうが、本格的な通信講座やスクール通いを始めるきっかけづくりに、まずはこういった簡単なものから試してみるというのもいいかもしれませんね。

元は、充分に取れるはず。

もちろん完全独学でも文章力を向上させることができるのですが、プロに基本的なコツを教わっておくだけで、初期段階のいくつかのステップを効率的にショートカットすることができます。

それなりに料金がかかるものもありますが、少しでも早くプロのライター・作家として仕事を始めることができ、稼げるぶんを考えれば、充分以上に元は取れるのではないかと。

僕は当時、こういったスクールの存在を知らなかったので、完全独学でライターになったクチですが、ある程度のコツを掴むまでに結構かかった実感があります(……いまもしっかり掴めているかどうかは分かりませんが)。

いまゼロから始めるなら、確実にどこかで文章講座の無料体験くらいは申し込むでしょうね……。

プロの作家やライターを目指している方、副業でWebライターをはじめたい方、社会人としてビジネス文章スキルをアップさせたい方などなど、みなさんぜひぜひお試しあれ。

記事内で紹介した文章講座まとめ

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-文章力を鍛える
-

© 2020 ライカツ