ライターの仕事術

【無料あり】現役ライターがおすすめするWebライティング講座3選

Webライティングのスキルを身につけたいけれど、何から手をつけたらいいのかわからない……

そんなときに役立つのが、必要な知識・スキルを効率的に学べる講座やスクールだ。

Webライティングは完全独学も可能だが、専門家が必要最低限のノウハウをわかりやすくまとめてくれたテキストは、Amazonで買える本とはひと味もふた味も違うし、カリキュラムがしっかり用意されている安心感は、学習のモチベーション維持にも役立つ。

というわけで、この記事では世の中に数多くある講座の中でも、カリキュラムの内容や教材、講師プロフィールなどから総合的に判断したおすすめのWebライティング講座を目的別に3つピックアップしてみた

比較した他の講座も面白そうなものばかりなので、ぜひチェックして自分の学習スタイルに合ったものを選んでほしい。

【資格取得】たのまな Webライティング技能検定講座(通信講座・オンライン)

たのまな Webライティング技能検定講座

ヒューマンアカデミーによる通信制のWebライティング講座がこちら。

Webライティングの基礎だけでなく、独立や副業でWebライターとして仕事をしていくために必要な知識なも網羅されている。

タイピングや発想法などもあわせて学べるので、体系的かつ効率的に学ぶなら最もコスパが高そう。

また、受講者には専門資格『Webライティング技能士』の取得試験が受けられる(取得者には実務面での特典もアリ、とのこと)。

  • 価格:32,000円(税込)
  • 方式:通信(テキスト+Web模試)

Macbookがアカデミック価格で購入できるセットもあるので、仕事用パソコンを同時に購入したい人はそちらも検討の余地アリ。

資格そのものの有効性に関しては、あまり大きな期待をしないほうがいいと思うが、学習モチベーションに大きく貢献してくれることは間違いない。独学が長続きしない人におすすめ。

【短期集中】宣伝会議 Webライティング実践講座(東京※)

宣伝会議 Webライティング実践講座

広告・出版関係の講座を数多く開催している宣伝会議が運営。現役のプロライターを講師陣に迎えた通学制のWebライティング講座がこちら。

2日間の短期講座でライターとして必要な知識を集中的に詰め込む内容となっているので、右も左も分からない超初心者は、ある程度予習をしてから挑むのがおすすめ。

  • 価格:86,900円(税込)
  • 場所:東京(※現在はオンライン開催)

昨今の事情でオンラインのライブ配信形式になっているが、この講座のワークショップ等は教室に足を運んでこそだと個人的に思うので、通学講座が復活してから申し込むのがいいかも(料金も同じだし)。

この講座とは別になるが、宣伝会議では無料体験講座も定期的に行っているので、こまめに日程をチェックしておくのがおすすめ。

【現場経験】School×Work(通信講座・オンライン)

School×Work

Webメディア制作・運営を行っている株式会社Hayakawaが主催するライター講座がこちら。

ネットを活用した通信講座だが、受講生1名に対しプロライターが1名つくマンツーマン式の文章指導が大きな特徴。そのぶん料金はちょっと高め。

  • 価格:165,000円(税込)
  • 方式:通信(テキスト+チャット指導)

卒業制作として実際にWebライティングの仕事(署名付きでWeb掲載=実績になる)が経験でき、報酬も得られるため、ライターとしてのスタートが切りやすいのがメリットかも。

まだまだある!Webライティングスキルが身につけられる講座・スクール(※随時追加)

デジハリONLINE「Web文章力」養成講座

デジタルハリウッドが運営。キャッチコピーやメルマガライティングなども学べる。

デジハリONLINE「Web文章力」養成講座

Fraunetz Webライターオンライン講座

在宅ワーク支援NPOが運営。リサーチから企画立案、執筆までの流れがひととおり学べる。

Fraunetz Webライターオンライン講座

ライターカレッジ 実践Webライター講座初級コース

プロライターによる個別添削やアドバイス。優秀作品はWebメディア掲載(報酬あり)も可能。

ライターカレッジ 実践Webライター講座初級コース

Oaad Creation WEBライター養成プログラム

動画プログラムや中間・期末テストなど、カリキュラムのバリエーションが非常に豊か。

Oaad Creation WEBライター養成プログラム

田舎フリーランス養成講座

地方合宿を通じてライティングだけでなく包括的なWebスキル全般が学べる。

田舎フリーランス養成講座

天狼院 ライティング・ゼミ

2日間の短期集中ゼミ。ABCユニットやGAPなど独自の理論構成が面白そう。

天狼院 ライティング・ゼミ

JMWA WEBライター入門講座

スマホでも学習可能なオンラインスクール。プレビューあり。

JMWA WEBライター入門講座

YOSCA あなたのライターキャリア講座

ライティング会社による実践的なZoom講座。学割などもあり。

YOSCA あなたのライターキャリア講座

WEBライターdeおうちワーク講座

SEOの基本やWordpressの操作法なども学べる。検定試験もあり。

WEBライターdeおうちワーク講座

ゴウ・ライティング 未経験からの副業Webライティング動画講座

クラウドワークスで配信されている無料動画講座。けっこう量が多く見応えあり。

ゴウ・ライティング 未経験からの副業Webライティング動画講座

medifund WEBライティング習得講座体験セミナー

90分でライティングの基礎が学べる無料Zoomセミナー。有料講座もあり。

medifund WEBライティング習得講座体験セミナー

月に25万円稼ぐWEBライターになるための「文章の書き方ベーシック講座」

受講後は実際にお試しの仕事が発注される仕組み。無料視聴動画もあり。

月に25万円稼ぐWEBライターになるための「文章の書き方ベーシック講座」

女性の心に届くWebライティング4か月オンライン講座

女性の心を掴む文章を書くためのコツが学べる動画セミナー。記事添削もあり。

女性の心に届くWebライティング4か月オンライン講座

ストアカ

地方在住者でも参加できる講座・セミナーが検索可能。オンライン講座の情報も充実している。

ストアカ

無料のWebライティング講座・セミナーを見つけるコツ

試しにGoogleで「Webライティング講座 無料」を検索してみると、ちらほらと発見できる。

  • 有料講座の無料体験版
  • 期間・人数を絞った限定講座
  • 地方自治体などが実施している公開講座・セミナー

大きく分けると、こんな感じ。

どれも実施期間が非常に限られているので、Googleアラートにキーワード登録するなどして、頻繁にチェックしておくといい。

Schooもおすすめ(生放送なら無料で受講できる)。

個人的には、ちょうどいいタイミングで無料講座が見つからなければ、じっくり待つよりもモチベーションが高いうちに有料講座を申し込んでしまったほうがいいと思う。人の学習意欲は限りなく冷めやすく、熱しにくいので。

「講座+動画+本」の組み合わせがオススメ

最近は、UdemyやYouTubeなど、オンラインのセミナー動画も増えてきた。

講座(スクール)・動画・本には、それぞれに特徴があるので、これらを上手に組み合わせるのが、効率よく学習を進めるポイントとなる。

  1. 講座(スクール)に申し込む
  2. 教材が届く=受講開始までの間に、本で予習する
  3. 講座の足りない部分や深掘りしたい箇所を、動画等で補足する

こんな風に学習を進めていくのがおすすめ。

予習代わりの一冊としては、沈黙のWebライティングがイチオシ。

高額講座は不要。

何十万円もする本格講座や全日制のスクールなどもあるが、ああいったものに時間をかけて通うくらいなら、今回紹介したような手軽な講座で必要最小限の知識・スキルだけ素早く身につけて、さっさと実戦経験を積んだほうが何倍も効率がいい

まったくの初心者がいきなりクラウドソーシングサイトなどで仕事を受けるといったハードモードも不可能ではないが、右も左もわからない状態では、失敗の原因すら把握できず、実戦経験としてはいささか効率が悪い。

僕自身、完全独学でライターをいきなりはじめてしまったクチだが、案の定、思ったように上手く仕事ができない日々が長く続き、いま振り返ってみれば非効率極まりなかった。

今の時代、せっかく便利で有用なツールがあるのだから使わない手はない。かけたコストは投資と割り切り、得たノウハウを使ってしっかり後で取り返そう。

記事内で紹介したWebライティング講座まとめ

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-ライターの仕事術
-,

© 2020 ライカツ