【役立たない?】たのまなWEBライティング講座の口コミを分析してみた。

2021年10月12日

【役立たない?】たのまなWEBライティング講座の口コミを分析してみた。

稼げるWebライターになりたい!

そんな願望をお持ちのあなたのために、あの話題講座について詳しく解説します。

  • Webライティングのスキルアップがしたい。
  • 資格取得もできる『たのまな』のWEBライティング講座に興味があるけど、自分に合っているか心配・・・。
  • 本当に役に立つの?口コミ・評判や損をしない学習のコツについて教えて!

こういった方に役立つ情報になっています。

ネットで口コミを調べてみても、良い評判・悪い評判が羅列してあるだけで、どんな人が向いている(向いていない)のか?や、実際にどう活用したらいいのか具体的に解説されていないことが多いもよう。

これでは不安は解消されず、行動に移せませんよね。

そこで今回は、 たのまな WEBライティング講座 についての基礎情報や口コミ・評判を分析しつつ、あなたに向いた講座かどうか?を診断。さらにメリット・デメリットを効果的に活かした失敗しない学習テクニックなども解説します。

  • たのまなWEBライティング講座の良い口コミ・悪い口コミ【徹底分析】
  • たのまなWEBライティング講座が向いている人、向いていない人【特徴解説】
  • 絶対に損をしない学習のコツ

内容はこんな感じ。

管理人は完全独学でWebライターになったクチです。

かつての学習経験や、実際にライターとして働き出してから実感したさまざまな気づきなどを踏まえて、学んだことをなるべく無駄にしない方法を解説していますので、この記事を読めば、Webライターに最低限必要なノウハウを効率的に身につけ、素早く稼ぎ始められるようになるはず。ぜひ最後までご覧ください。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

たのまなWEBライティング講座のデメリット(悪い口コミ)

たのまなWEBライティング講座のデメリット(悪い口コミ)

まずは多くの方に気になっているであろう、講座のデメリットであろう評判について分析。

  • 内容が初心者向け
  • メインテキストが紙の教材
  • 資格があまり役に立たない

主に挙げられるのはこの3つ。それぞれ詳しく解説しますね。

悪評判①:内容が初心者向け

これは事実です。

なぜならこの講座は「これからライターになろうとしている人」を対象としているから。

よって、すでにライターとして数多くの経験を積んでいる人にとっては、

当たり前のことばかりじゃん・・・。

といったものばかりかもしれません。

ただし、プロでも満足に稼げていない人はこういった基礎がおろそかになっている可能性が高いです。

クラウドソーシングサイトなどを利用してみると、現役ライターの中でもこういった基本中の基本(仕事の進め方やビジネスマナー)がしっかりと身についていない人のなんと多いことか・・・。

なかなか仕事を継続受注できなかったり、単価がアップしなかったりして悩んでいる人は、基礎のおさらいとして受講してみるのはアリかもしれませんね。

悪評判②:メインテキストが紙の教材

最近流行りのオンラインスクールやZoom講義などを求めている人にとっては、ちょっと肩透かしかも?

この講座のメインとなる教材は、昔ながらの紙のテキストになっています。

※タイピングは教本+Windowsソフト

※模擬試験や受講者コミュニティはオンライン

学校の教科書や予備校のテキストのような受講スタイルは、苦手意識がある人もいるかもしれないので、無理せず自分に合った形式の講座を選んだほうがいいですね。

悪評判③:資格があまり役に立たない

せっかく資格を取得したのに、仕事であまり役に立たない・・・。

こんな意見もよく聞きます。

たしかに、こちらがライターを探す立場になって考えてみても、資格の有無というのは決定的な差にはなりません。

まったく同じ条件、同じレベルなら資格を持っているほうを選びますが、ことさら資格を主張するライターは逆に敬遠してしまうかも・・・。

この講座を使って取得できる『WEBライティング実務士』に関しては、合格者IDを使うとクラウドソーシングサイトで特典が得られるメリットもあるようなので、まったくの無駄というわけではないと思いますが、資格はあくまでおまけ程度に考えておいたほうがいいかもしれませんね。

たのまなWEBライティング講座のメリット(良い口コミ)

たのまなWEBライティング講座のメリット(良い口コミ)

続いて、メリット(良い口コミ)のほうも分析。

  • 完全初心者(未経験)でも最短2ヶ月でWebライターになれる
  • 自宅で自分のペースで勉強が進められる
  • 資格取得が学習モチベーションになる
  • サポートが充実している
  • MacbookやSurfaceが安く購入できる

それぞれ詳しく解説していきますね。

良評判①:完全初心者(未経験)でも最短2ヶ月でWebライターになれる

完全初心者(未経験)でも最短2ヶ月でWebライターになれる

当講座では、ライターのお仕事未経験者がWEBライターとしてデビューできるよう、文章の基本的なルールやクラウドソーシングでの仕事の進め方を学ぶことができます。

本講座のテキストは「基礎編」と「実践編」に分かれています。

これからWEBライティング(ライターの仕事)を始めようとしている人をターゲットにしているだけあり、初心者でもつまづくことがないよう、非常に丁寧に基本から解説されています。

学習初期から手が止まってしまうと、なかなか長続きしないのでありがたいですよね。

また、この講座で学べるのは、単なるライティングスキルだけじゃありません。

  • ビジネスマナー
  • プレゼン・納品のやり方
  • 確定申告・契約書の書き方
  • 個人情報の取り扱い方
  • フリーランスの保険制度・福利厚生

こういった個人で稼いでいくために不可欠なノウハウが、テキストやセミナーでじっくり学べるのも特徴です。

他にも、こんな内容もあったり。

  • ISV練習法(語彙力・発想力)
  • タイピング
  • SEO
  • Google Analytics/Search Consoleの使い方

文章が上手いだけではWebライターで稼いでいくことは難しいので、こういったさまざまな知識を身につけておくことが大切ですね。

良評判②:自宅で自分のペースで勉強が進められる

自宅で自分のペースで勉強が進められる

本講座の教材は、申し込みと同時に一括で送られてくる仕組みなので、自分のペースで学習を進めることが可能です。

その気になれば短期間でささっと終わらせることもできますし、急に仕事で忙しくなってしまったとしても、勉強を一時ストップできます。

※もしも期間内にカリキュラムが終わらなくても、無料サポート延長制度あり。

受講後に取得できる「WEBライティング実務士」の資格試験も自宅で受けられるので、地方に住んでいる人もで気軽に学習〜資格取得まで行えますよ。

良評判③:資格取得が学習モチベーションになる

資格取得が学習モチベーションになる

この講座には「資格取得」というわかりやすい目標があるのもポイント。

漠然とした「ライターになりたい」や「文章で稼ぎたい」という曖昧な目的よりも、こういった目に見えてわかるゴールが決まっていると、より学習意欲も増しますよね。

ほかにも、独学と違ってこういった講座のいいところは、わからない箇所などをプロの講師に質問できるところです。

たのまなWEBライティング技能検定講座では、質問の回数に制限はありません(無制限)。

教材だけでは十分に理解できないことがあっても大丈夫。いつでもサポート窓口へメールで質問できます。利用回数に制限はありません。講師は疑問を解消するのはもちろん、ときにあなたのやる気を支えてくれる存在です。

何度も言うように、勉強に詰まってしまうとモチベーションが急激に下がり挫折の原因にもなりやすいので、気軽に何度でも質問できるのは非常にありがたいですね。

良評判④:サポートが充実している

サポートが充実している

前述の「質問無制限」や「無料延長制度」のほかに、さまざまなサポート体制が整っているのも大きな特徴です。

  • 無料オンラインセミナー
  • 就職・転職サポート
  • 開業・副業サポート
  • 各種割引制度
  • 再チャレンジ制度
  • 受講者コミュニティ
  • メールマガジン

受講中の疑問や修了後の資格取得やキャリアアップまでトータルでバックアップしてくれます。

意外とおすすめなのは、別の講座を10%オフで利用できる割引制度。Webライターと相性が良い「テープ起こし」や「Webデザイン」の講座などと組み合わせるのがおすすめですね。

良評判⑤:MacbookやSurfaceが安く購入できる

MacbookやSurfaceが安く購入できる

たのまなのライティング講座では、MacbookやSurfaceといったライターの仕事にぴったりなパソコンをお得な価格で購入できるセットプランが用意されています。

特に、Macbook(最新モデル)はセールになることがほぼないので、仕事用のパソコンを同時に用意しようと考えている方は利用してみては?

【Good】たのまなWEBライティング講座が向いている人の特徴

【Good】たのまなWEBライティング講座が向いている人の特徴

では、この講座が向いているのは具体的にどんなタイプの人なのでしょうか?

  • ライター未経験の初心者
  • 自分のペースで学習を進めたい人
  • 仕事用のパソコンをお得に手に入れたい人

これらがどれかが当てはまっていれば、向いていると言えそう。それぞれ詳しく解説していきますね。

向いている人①:ライター未経験の初心者

初心者は覚えなければいけないことが多すぎて、情報の取捨択一ができず、完全独学だと学習効率が悪すぎます。

その点、この講座はまったくライターの経験がない人や、文章を書くことが苦手な人でも、必要最低限の知識を効率よく学べるようカリキュラムが整えられているのがポイントですね。

向いている人②:自分のペースで学習を進めたい人

教材があらかじめまとめて届くので、受講期間以内なら自由に学習スケジュールを組んで自分なりの学習スタイルを模索できます。

単なる教材としてみても市販の書籍ではカバーできないところまで網羅されていて有用なので、完全独学志向な人でも取り入れやすいですね。

向いている人③:仕事用のパソコンをお得に手に入れたい人

最近では、(スマホの進化の弊害か)自宅に自分専用のパソコンを持っていない人も増えているそうです。

しっかり書く仕事で収益を上げていきたいなら、パソコンは必須です。

スマホだけで仕事をしているライターもゼロではありませんが、バリバリ稼いでいるWEBライターでパソコンを持っていない人は皆無に等しいはず。

既にパソコンを持っている人でも、できるなら在宅ワーク(副業)専用のパソコンを持っておいたほうがいいでしょう。

普段使いのパソコンが、もしものときのサブマシンにもなりますしね。

どうせパソコンを買うなら、講座と一緒に申し込んで少しでもお得に入手すれば、学習モチベーションも上がって一石二鳥です。

【Bad】たのまなWEBライティング講座が向いていない人の特徴

【Bad】たのまなWEBライティング講座が向いていない人の特徴

逆に、この講座が向いていないのはどんな人でしょうか。

  • すでにある程度稼げているプロライター
  • 紙のテキストが苦手な人
  • 資格やサポートに頼りすぎてしまう人

おそらくこれらのどれかひとつでも該当するなら、別の学習方法を模索したほうがいいかも。それぞれ詳しく解説しますね。

向いていない人①:すでにある程度稼げているプロライター

初心忘れるべからず、と基礎をおさらいしたい人は別として、ライターとしての基本はすでに充分に身についているという自信がある人にとって、この講座はあまり向いていないかもしれません。

そういった人は、実際に仕事をしながら足りない知識やスキルを書籍や動画で個別に学んでいくか、レベルに合わせて学習コースが選べる #106members のような講座を選ぶのがおすすめですよ。

あわせて読みたい

向いていない人②:紙のテキストが苦手な人

前項で述べたように、紙の教材は学校を思い出して苦手意識がある・・・という人は意外に多いかも。

実は、手を動かしながら学習を進められる紙のテキストは、意外と学習効率が良かったりもしますが、こういったタイプの教材はすぐに飽きてしまう人は、無理せずオンライン式の YOSCA などを利用した方がよさそうですね。

あわせて読みたい

向いていない人③:資格やサポートに頼りすぎてしまう人

講座に申し込んだからと安心してしまい、完全に受け身体制で学ぶ心算だと、途中で飽きてしまったり挫折してしまう可能性が高いです。

そういった人は、受講前にしっかりとした意識改革を。なかなか難しいという人は、まず完全独学で己の弱さを自覚するところから始めるといいかもしれませんね。

絶対に損をしない学習のコツ(ポイントは3つ)

絶対に損をしない学習のコツ(ポイントは3つ)

自分がこの講座に向いていそうなのはわかったけれど、やっぱり上手く活用できるか心配で・・・。

そういった方のために、ここからは実際に講座を受講する際に注意すべきポイントについて解説します。

  • 自分のレベルをしっかり把握する
  • 実践と組み合わせて学習を進める
  • 資格取得をゴールにしない

押さえるべきはこの3つ。それぞれ詳しく説明していきますね。

ポイント①:自分のレベルをしっかり把握する

万人にとってためになる講座なんて、存在しません。

どんな学習コンテンツも、自分のレベルと合っていないものを選んでしまうと失敗してしまうのが常です。

「自分は現在どのくらいのレベルなのか?」を客観的にしっかり分析し、講座のレベルとマッチしているかを事前にちゃんと確かめることが大切ですよね。

たのまなのWEBライティング講座は、ライター初心者や基礎のおさらいをしたい中級者向けのコンテンツになっているので、自分がそれらに当てはまると確信してから選ぶようにしましょう。

ポイント②:実践と組み合わせて学習を進める

座学だけでは、単なる情報でしかありません。

学んだことを使える知識・知恵に昇華させるには、実践が不可欠。実践的なノウハウは、文字通り実践でしか身につきませんからね。

鉄は熱いうちにとはよくいったもの。学習したことはなるべくその日のうちに何かしらの形で実践すべきでしょう。

ライタースキルの場合、普段の仕事でのメールや書類の文章に生かしてみたり、自分でブログを始めたりすると有効的ですよ。

ポイント③:資格取得をゴールにしない

資格は「万能パスポート」ではありません。

仕事をするのに必須な国家資格・免許などでもない限り、ほとんどの資格は「あればいい」程度のものでしかないのが現実です。

何度も言うように、資格はおまけ感覚で。

ゴールではなくマイルストーンとして、学習のモチベーション代わりに活用するのが賢明でしょうね。

【基本情報】たのまなWEBライティング技能検定講座とは?

たのまなWEBライティング技能検定講座

そもそも、たのまなって何?

こんな人のために、簡単な情報をまとめておきます。

ちなみに、たのまなを運営しているのは通信教育大手のヒューマンアカデミーです。

特徴

  • ライティングの基礎からビジネスマナーまで、幅広く実践的なライターノウハウが学べる
  • テキスト学習・セミナー受講・模擬試験まですべて自宅で行える
  • 受講者のみ受験できる資格(WEBライティング実務士)取得試験あり

教材

  • テキスト:基礎編、実践編
  • 問題集:基礎編、実践編
  • 付録資料:クラウドソーシング案件の手引き
  • 付録資料:ISV練習法―発想力・語彙力―
  • オンライン試験システム 通知書(ID・パスワード)
  • スタートアップガイド
  • 特典教材 タイピング教本
  • タイピングソフト(Windows版のみ)

カリキュラム

『基礎編』

  • クラウドソーシングとは
  • 教材内容
  • 学習の進め方
  • クラウドソーシングとは
  • 効率化と周辺環境
  • OSと外部記憶装置
  • ファイル管理とメンテナンス
  • 業務と自己管理
  • 個人情報保護法
  • クラウドソーシングと個人情報
  • 個人情報の流出対策
  • ウィルスの脅威
  • PCセキュリティ
  • 業務連絡とマナー
  • 電話マナー
  • メールマナー
  • 服装のマナー

『実践編』

  • WEBライティングをはじめる前に
  • 文章を書く前に
  • 文章の目的は的確に
  • イメージ力を使おう
  • 資料の活用法
  • 原因と結果
  • 文章の基本構成について
  • 語尾文体の統一
  • 主語と述語
  • 修飾語
  • 句読点
  • 正しい敬語と謙譲語
  • 文章と情報
  • 文章作成の注意点
  • 助詞を覚えよう
  • 対等と対比
  • 細かなルールを覚えよう
  • 読みやすい文章を書く為に
  • 推敲
  • 添削1[確認]
  • 添削2[文を増やす]
  • PCツールを使おう
  • 読解能力
  • SEOとは
  • SEO対策について
  • コンテンツによるSEO
  • SEOとライティング

受講期間目安

約30時間/6ヶ月(9教程)

受講後

  • 修了証発行
  • WEBライティング技能検定の受験
  • たのまな就職・転職サポート
  • 開業・副業サポート
  • 再チャレンジ制度

料金(価格)

32,000円(税込 ※分割払い可能)

まとめ

今回は、たのまなWEBライティング講座について、口コミや活用法について解説しました。

最後に、大切なことをひとつ。

口コミや評判を鵜呑みにせず、最後はしっかりと自分の頭で判断すべきです

ここまで書いておいてなんですが。

その理由は以下。

  • 良い評判も悪い評判も、あくまで「個人の感想」。あなたにそのまま当てはまるとは限らない。
  • 自分の頭で考えず、他人の評価を鵜呑みにするだけだと、高確率でミスマッチが発生する。
  • 資料を取り寄せ、自ら情報収集する習慣が身についていない人は、そもそもWebライターになんてなれない。

たのまなは、詳しい情報が書かれた資料を無料で送ってくれるので、いますぐに取り寄せて少しでも多くの情報を集める癖をつけましょう。

無料資料請求の申込手順(3ステップ)

  1. 資料請求 のページで気になる講座をチェック(2講座まで同時選択可能)
  2. フォームに送付先の住所等を入力
  3. 「申し込む」ボタンをクリック

これだけでOK。

なんだかんだと言い訳をして何も行動していない人は、いつまで経っても何も成せません。

簡単なことからでかまいません。いますぐできる行動をぜひ。

スポンサーリンク

-文章力を鍛える