ライターの仕事術

【MarsEditレビュー】ブログで稼ぎたいなら必須。リライトに使う。

marsedit

MarsEditには、6,000円の価値があるのか?

Macユーザーの中で、長く議論されている話題である。

このアプリがあるからMacから離れられないという人もいれば、買ったけど結局使わなくなってしまったという人もいる。

これだけ「必要派」と「不要派」ではっきりと評価が二分しているアプリも珍しい。

僕も実は、最近ブログ投稿にMarsEditを使っていない。

だけど、ほぼ毎日MarsEditを起動させている。なぜか。

その理由も含めて、MarsEditの具体的なメリット・デメリットや使い方を解説する。気になっている方は、ぜひご一読あれ。

orikasse
おりかっせ (@orikasse)です。ブログをご覧いただきありがとうございます。

MarsEditのメリット

プレビュー機能が便利すぎる

リアルタイムプレビューの快適さは異常。ウィンドウを2つ並べて作業する快適さを味わったら、二度と標準エディタには戻れない。

プレビュー機能が便利すぎる

テンプレート(HTML/CSS)が編集できるので、自分が使っているWordpressテーマそのままでプレビューできるのも高ポイント。

ショートコードの表示には対応していないので、その点だけは残念。

画像がドラッグ&ドロップで追加できる

いちいち「メディアを追加」ボタンを押すのはもうイヤ。

フォルダからのドラッグ&ドロップのほかにも、Macの写真アプリから直接画像を追加することもできる。

画像がドラッグ&ドロップで追加できる

iPhoneで撮った写真をiCloudで同期して、そのままMarsEditで記事に追加、なんてことも簡単。

スニペットが使える

よく使うタグやコード、文章などはスニペット(Formatting Macros)に登録しておける。

スニペットが使える

キーボードショートカットも設定可能。こういった細かな時短は後からボディーブローのように効いてくる。

僕が使っているテーマ(AFFINGER)はショートコードや独自装飾タグが多いので、片っ端から登録しておくと作業が爆速になる。

Markdownに対応している

プラグインを使ってMarkdown編集している人は、MarsEditでも同じことができる。

リッチテキスト好きな人は、そちらにもしっかり対応。ぬかりない。

オフラインで使える

最近はネットにつなげない環境なんてほぼないけれど、飛行機の中とかで作業する人には重宝する。

通信費を節約したい人は、外出先ではオフライン作業しておいて公衆Wifiや自宅に帰ってからアップ、といったこともできる。

データがパソコンに残る(=バックアップできる)というのも隠れた高ポイント。

過去記事の一覧・プレビューができる

これが重要。超需要。

MarsEditは投稿した記事を一覧表示できるだけでなく、その場でワンクリックすれば内容のプレビューができる。これは公式エディタにも存在しない機能。

過去記事の一覧・プレビューができる

この機能だけで6,000円払う価値は充分にあると僕は断言する。理由は記事の最後で解説。

MarsEditのデメリット

リアルタイムプレビューの動作が重い

僕のMacが貧弱なだけかもしれないけど、文字入力をしていると時々動作がもたついたり、ひどいときはフリーズしたりする。

テンプレートが複雑だとエラーが起こることもあるので、ソースは必要最小限のものを除いて削除してしまうのがおすすめ。

Windows版やiPhone・iPad版がない

Macオンリーというのが一番の残念ポイント。いまだに他のOSにはまともなブログエディタが存在しない。

※Windowsユーザーには、いちおうOpen Live Writerがある。MarsEditの使い勝手には及ばないけど。

日本語化していない

シンプルな単語だけなので、僕のような英語ダメダメ人間でも普通に使える。過度な英語アレルギーな人には抵抗あるかも。

記事作成や編集は日本語でできるのでご安心を。

やっぱり高い

  • Mac App Store:6,100円
  • 公式サイト:49.95ドル

公式サイト経由のほうがちょっとお得だけど、英語だから少しハードルが高い。

僕は勇気を出して公式から買った。そして、後からSetapp対応なことを知って絶望した。

買い切りアプリなので、メジャーバージョンアップ時にはまた買い直さなければいけないリスクもある。

3から4にバージョンアップしたとき、多くのユーザーが離れていった。僕も一時期逃げた。

いまはSetapp経由で利用しているので、あまり心配していない。

収益性を考えない趣味のブログなら、ぶっちゃけ↓の代替アプリでいいと思う。

MarsEditの代替アプリ

メリットとデメリットを比較してみたところで、「やっぱりMarsEditはちょっと・・・」という人のために、代替になりそうなアプリも紹介しておく。

Ulysses

Ulysses

高機能エディタの中では、最もWordpress連携が優秀。

タイトルやタグなどは自動で取得してくれるし、MarkdownがそのままHTMLタグに反映される。投稿予約やアイキャッチ画像・スラッグにも対応している。

iPhone・iPadアプリがあるのもポイント。いつでもどこでもブログ更新ができちゃう。

ただし、細かな装飾やテーマ独自の設定などはできないし、一度投稿した記事は修正できないので、あくまで下書き用として使うのが吉。

価格も長い目で見ればUlyssesのほうが高い。しっかりした文章作成アプリがほしい人が、おまけ的にブログ投稿機能を使うというのが賢い使い方。

僕は現在、新規投稿はUlyssesで行い、リライトはMarsEditで行っている。不満はない。

ulysses-top
【神集中エディタ】Ulyssesをレビューしてみた【AppStoreで買っちゃダメ】

続きを見る

KAKU

KAKU

かつてMarsEditから逃げようとした人の多くが駆け込んだエディタ。

操作感は「簡易版MarsEdit」といった感じで、基本的なことはだいたいできる。リアルタイムじゃないけどプレビューも使える(CSS編集可能)。Markdownにも対応している。

しかも無料。信じられない。あなたが神か。

ただ、更新が長いこと止まっているようなので、将来的にはちょっと心配。

KAKU

Sublime Text

Sublime Text

こちらも無料で使える。Wordpress連携はしていないので注意。

プレビュー機能や画像のアップロードなどに多少の難はあるけど、コードを直接書ける人やツールカスタマイズをゴリゴリやっていける人にとっては、扱いがいのあるアプリ。

MarsEditの外部エディタにSublime Textを使う、なんて活用法もあったりする。

Sublime Text

基本的な使い方・おすすめ設定

ブログを登録する

最初に起動したら、まずブログ登録から。

ブログ登録

IDとパスワードも入力

ブログ名とURLを入力すれば、自動で情報を取得してくれる(IDとパスワードも入力)。

xmlrpcエラー

エラーが起きても大丈夫。手動でxmlrpc.phpの場所を指定すれば使えるようになる。

xmlrpc.phpの場所を指定

デフォルトステータスを下書きに変更

Blog → Edit Settings... → Blogs:Editing → Post Status:Draftに変更

これで記事が下書き状態になり、いきなり公開されることが防げる。

テンプレートを変更する

Blog → Edit Preview Template... → Dowonload Template

アドセンスやAnalyticsのコードは削除しておく。

うまく反映されない場合は、適当なページをブラウザで開いてソースをコピー→タイトルタグや本文タグを入れ替えて対応する。

スラッグを入力できるようにする

記事投稿ウィンドウが表示されている状態で、

View → Slug Fieldをチェック

スラッグを入力できるようにする

これでスラッグが入力できるようになる。Excerpt Fieldも必要ならONにしておく。

カスタムフィールドを設定する

View → Add Custom Fields...

カスタムフィールドを設定する

必要な項目を好きなだけ登録する。

Markdownに対応させる

Blog → Edit Settings... → Blogs:Editing → Preview Text Filter:Markdownに変更

Markdownに対応させる

WordPress側にも専用プラグイン(Jetpackなど)をしっかり入れておく。

【結論】ブログで稼ぎたいなら必須。リライトに使え。

【結論】ブログで稼ぎたいなら必須。リライトに使え。

MarsEditは新規投稿時よりも、リライト作業時にその真価が発揮される。

過去記事を一覧表示し、内容をプレビューしながら適宜直す。そして素早く次の投稿に移る。

このスピード感は、公式エディタでは到底実現できない。

SEOにリライトは欠かせない。

ブログで稼ぐために、SEOを無視することは不可能に近い。

そしてSEOには、こまめな検索順位チェック迅速なリライト作業が必須となる。

特に昨今は、ブログで稼ぐことが難しくなってきている。片手間でテキトーにお金儲け、なんてことは無理ゲー。

本腰を入れてブログにしっかり取り組みつつ、できる限り作業を効率化させる必要がある。

心理的負担や手間を軽減するための投資を怠るべきじゃない。

意味ある投資なら、そのコストはきっとすぐに回収できる。そうしなければいけない。

とりあえず無料体験版を試す。

14日間は無料ですべての機能が使えるので、その間にあれこれ触って、自分が使いこなせるかどうかを見極めるのがおすすめ。

自分のルーティン作業を見直す、いい機会にもなるはず。

Setapp利用者は、今すぐインストール。

ちなみに、MarsEditはMacアプリのサブスクサービスであるSetappにも対応している。

月9.99ドルで190以上の有料アプリが使い放題になるので、Mac環境を一気に効率化させたいなら検討してみよう。

setapp-1
Setappで本当に使えるおすすめmacアプリ20選【失敗談あり】

続きを見る

  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-ライターの仕事術
-,

© 2020 ライカツ