文章力を鍛える

コピーライティングは動画で学べ。おすすめのコピーライター講座比較

online-copywriting-school

文章を仕事にする職業の「花形」のひとつとも言えるコピーライター

生まれ持った天性の才能が必要だと思っている方も多いかもしれませんが、コピーライティングのノウハウは学べば誰でも身につけられます。

というわけで、今回はコピーライティングが学べる講座・セミナーの中でも、特に「通信講座」に絞っておすすめを紹介したいと思います。

僕が通信講座を勧める理由や、効率的な勉強方法についても解説していますので、ぜひチェックして「現代の必須スキル」を身につけていってくださいね。

オンライン(通信講座)をおすすめする理由

メリット1:時間の制限がない

通学制の講座・セミナーは、開催時間があらかじめ決められているため、こちらのスケジュールを講義時間に合わせる必要があります。

仕事をしながら勉強しようと考えている人は、平日(全日制)のスクールに通うのはほぼ不可能ですし、疲れた頭・体で夜間講座や休日講座にいちいち足を運ぶのもかなりの負担になりますよね。

その点、通信講座なら自由に勉強時間を決めて、好きなペースで学習を進めることができます。

自分で自分を律していないとサボりがちになってしまうリスクもありますが、自己管理スキルを身につけることもでき一石二鳥ですよ。

メリット2:場所の制約がない

地方在住者などは、そもそも物理的に足を運べる講座・セミナーがないというデメリットがあります。

そういった方に、通信講座はまさにぴったりのソリューションと言えますし、教材さえ持ち運べれば、旅行先などでも学習を続けることが可能。オンライン講座ならパソコン一台でOKです。

※さらに、あとでおすすめするUdemyの動画講座なら、パソコンすら不要。スマホ一つで受講できちゃいます。

メリット3:コスパが良い

校舎(会場)などの設備が不要なぶん、通信講座は通学制の講座やセミナーよりも、相対的に価格が安い傾向にあります。

特に、オンラインだけで完結する講座や動画セミナーなどはコスパ最強。驚くほどリーズナブルに有益な情報が学べます。

動画講座が特におすすめ

通信講座の中でも、特に僕がおすすめしているのが最近流行りのオンラインスクール。しかも「動画」をメインとしたオンデマンド講座です。

YouTubeなどをよく見る人は実感しているかと思いますが、動画というメディアは再生ボタンを押すだけで自動で流れる映像を見るだけ、と非常に導入ハードルが低い特徴があります。

学習のモチベーションを上げるのが難しい自宅学習者にとって、この手軽さはまさに救いと言えます。動画を眺めているうちに自然と集中力も高まっていくものですしね。

さらに、動画講座なら再生時間があらかじめはっきりとわかるので、勉強時間の管理がしやすいメリットもあったりします。

添削はなくてもいい

通信講座を選ぶ際のポイントとして、講師陣による課題と添削の充実度がよく挙げられますが、ことコピーライティングの分野に限っては、それほど重要ではないと僕は考えています。

なぜならコピーの良し悪しの判断というものは非常に難しく、講師個人の主観よりも、実際に使ってみた反応を見たほうが、よっぽど正しい評価が出せるからです。

耳障りの良い、思わず唸ってしまうような、いわゆる「上手いこと言った」系のコピーが、実際の効果はさっぱり・・・というケースは少なくありませんからね。

もちろん添削があるに越したことはありませんが、それよりもブログやTwitter、PPC広告などでどんどん自分が考えたコピーを試していくほうが効率的だと思いますよ。

おすすめのコピーライター講座【比較あり】

僕がおすすめする講座は、Udemyの『免許皆伝:コピーライティング』です。

  • 動画:あり(13時間30分)※追加アップデートあり
  • 講師:石崎力也氏(プロマーケター)
  • 価格:24,000円

2日間集中して学習することで、「セールスレターを1本、確実に、絶対に書き上げる」を目標とした非常にゴールが明確な講座です。

コピーライティングの通信講座というと、ほかにも有名なものだと『ECC 売れっ子コピーライター養成講座(69,800円)』や『オンライン型コピーライター養成講座OCS(68,000円〜)』などがあり、どちらの内容も優れたものではあるのですが、僕は以下の理由からUdemyの講座をおすすめしています。

動画内容が充実

一般的な動画講座が1〜3時間程度のものが多いのに対し、こちらの講座は13.5時間という圧倒的なボリュームが大きな特徴です。

ECCの講座のほうが動画時間は長い(18.5時間)のですが、価格が2、3倍するので時間当たりのコスパは圧勝といったところ。※OCSはメール添削のみ

一度講座を購入すれば、追加講義として新しい動画が随時アップデートされるというのもお得感がありますね。

講師がプロのマーケター

他の講座がプロのコピーライターを講師に招いているのに対し、こちらの講座の担当講師はプロの「マーケター」であるのも大きな特徴です。

つまりコピーライティングだけでなく、ダイレクトレスポンスマーケティング(Webマーケティング)などの知識を含めた広い視点から「使えるノウハウ」を学ぶことができるというわけです。

30日間返金保証あり

Udemyの動画講座は、「30日間返金保証」がついているというのもポイントです。

実際に動画を視聴してみて、思っていたものと違ったり、何かの都合で学習時間がまったく取れなくなってしまった時などでも、30日以内なら料金を返金してもらえます。

ここまで明確かつ長期間の返金保証を謳っている講座は珍しいので、Udemyの自信の高さがうかがえますね。

※コンテンツをすべてダウンロードしている場合などは、返金拒否やアカウント停止の措置もあるそうなので、タダで講座を受けようなどという不届きな考えはナシにしましょうね。

効率的にコピーライティングを勉強するコツ

本を一冊買い、並行して読み進める

本の内容と講座で学んだことを比較することで、より理解が深まります。

一冊だけ選ぶとするなら『ザ・コピーライティング』がおすすめです。

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則 | ジョン・ケープルズ, 神田 昌典, 神田 昌典, 齋藤 慎子, 依田 卓巳 |本 | 通販 | Amazon

学習時間をスケジューリングする

「時間が空いたら勉強しよう」とするよりも、あらかじめ学習時間をスケジュール確保してしまったほうが、ストレスなく勉強に取り組めます。

人にもよりますが、1日の疲れが溜まる夜よりも、朝のほうが学習効率も高いようですね。

Udemyの動画講座なら時間が決まっているため、ペース管理がしやすいですよ。

とにかくアウトプットする

コピーライティングは座学だけでなく、実践しなければ決して身につきません。とにかく数多くコピーを書くことが何よりも重要です。

「添削不要」の項目でも書きましたが、書くだけでなく、実際の場で試し、反応を見ることも大切。

クラウドソーシングサイトのコンペに応募してみるのもいいですし、Webマーケティングの勉強も兼ねたければアフィリエイトブログを始めるのもおすすめですよ。

まとめ:コピーライター講座の元は確実に取れる

コピーライターと聞くと、気の利いたキャッチコピーを考えるクリエイター的な側面ばかり注目する人も多いかと思います。

そういった仕事もゼロではありませんが、それで食べていける人はごく一握り。目指すにはあまりにも狭き門と言わざるを得ません。

みなさんが目標とすべきコピーライターは、それとは別。

「魅せる」のではなく、「売れる」言葉・文章づくり

これこそが、コピーライティングの真骨頂と言えます。

「売るための文章」は世界中のありとあらゆる人たちが求めていますし、そのニーズはどれだけ時代か変化したとしても無くなることはありません。

マーケティングと文章力のハイブリッドとも言えるスキルは、いわゆる「ライター」だけでなく、ありとあらゆる職種の人が身につけるべきスキルだと僕は考えています。

早く学べば学ぶほど、その効果は絶大。むしろ学ばないことによる機会損失の組み重ねを想像するだけで、背中に冷たいものを感じてしまいます。

免許皆伝:コピーライティング』のように、まずはハードルが低いオンラインの動画講座からはじめるのがおすすめ。しっかりと学習すれば、かけたコスト以上の成果は必ず得られるはずですよ。

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-文章力を鍛える
-,

© 2020 ライカツ