ライターの仕事術

MacでWindowsソフトを動かす仮想化アプリ5選【無料あり】

vm-software-mac-scaled
  • WindowsソフトをMacで動かす方法が知りたい。
  • 会社と家でWindows/Macの両方を使っていたり、WindowsからMacに移行しようと考えているが、ソフトの互換性が心配。
  • 「仮想化アプリ」を使うといいと聞いたけれど、いくつか種類があってどれを選んだらいいかわからない・・・。

そういった悩みをお持ちの方のために、MacでWindowsソフトが動かせるようになる「仮想化アプリ」のおすすめをまとめました。

僕は一応、今回紹介しているアプリはすべて使ったことがあります。

仮想化アプリにはそれぞれにメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。

この記事を読めば、自分に合ったやり方でMac×Windowsソフトの環境が手に入るのではないかと。

WindowsOSを安く購入する方法なども解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ仮想化アプリ【Windows→Mac】

BootCamp(無料)

BootCamp

Macには、標準でWindowsOSをインストールできるシステムがあります。

ストレージ内をパーティションで分けて、別々のOSに割り当てる仕組みなので、正確には「仮想化アプリ」ではありません。

はじめから入っているので、導入が手軽ですし、複数OSを同時起動させないので、安定性やパフォーマンスという点では最も優れています。

ただし、OSを切り替えるためにいちいちMacを再起動させる必要があったり、MacとWindowsの間でスムーズにファイルのやり取りができなかったりといったデメリットもあります。

頻繁にOSを切り替えない人におすすめですね。

Boot Camp

Parallels Desktop(有料)

Parallels Desktop

MacOSの中で、WindowsソフトをMacアプリのように操作することができる仮想化アプリで、最も有名なのがこちら。

OSを切り替える手間も不要ですし、ファイルの移動もドラッグ&ドロップで可能です。

BootCampと比べると若干パフォーマンスが落ちるますし、不具合が発生することもありますが、仮想化アプリの中では最も機能・安定性が優れているのではないかと。

MacOSが新しくなるたびにしっかりと対応させたバージョンを出してくるのも高評価ですね。

毎日のようにMacアプリとWindowsソフトを併用するような人におすすめです。

Amazon.co.jp: Parallels Desktop 16 Retail Box JP(通常版): ソフトウェア

VMware Fusion(有料)

VMware Fusion

こちらもMacOS内でWindowsソフトが立ち上げられる仮想化アプリの代表格。

Parallelsとほぼ同じようなことができますが、比べてみるとこちらのほうが若干動作が重いのがマイナス点ですね。

Parallelsが1ライセンスにつき1台のMacにしかインストール出来ないのに対し、VMwareは3台までインストール可能というのは大きなメリットではないかと。

Macを複数台持ちしている人や法人利用におすすめです。

VMware Fusion

VirtualBox(無料)

VirtualBox

Oracleが開発した仮想化アプリ。なんと無料で使えます。

無料アプリに多くを求めるのはナンセンスではありますが、同じ仮想化ソフトでも上の2つと比べると動作が重いのは仕方のないところ。

Windowsのインストールがちょっと難しかったり、拡張パッケージが必要だったり、ドライバ導入も手動だったりと、↑のアプリが自動化してくれることをすべて自分の手でやらなければいけない点も、注意が必要です。

それなりの知識や技術がある人向けのアプリですね。

VirtualBox

Wine(無料)

Wine

こちらも無料の仮想化アプリですが、VirtualBoxよりは初心者でも比較的手軽に扱えます。

Windowsを起動させるのでなく、あくまでMacOSでWIndowsソフト(.exe)を無理やり動かす仕組みなので、対応ソフトは少ないです。

ただし、WIndowsOSを別途購入する必要がない点は大きなメリットと言えるかも。

※以前はCrossOverという似たアプリがありましたが、そちらは開発終了してしまったので、現在のところこの仕組みのアプリはWineが唯一無二の存在です。

使いたいWindowsソフトがWineに対応しているなら、こちらを利用するのが一番手軽でコスパも高いですね。

Wine

Windows10を安く購入する方法

Windows10を安く購入する方法

BootCampや仮想化アプリには、WindowsOS自体が含まれていないため、OSを別途購入する必要があります(※WIneを除く)。

少しでも安くWIndows10を購入したいなら、パーツなどとセットで提供されている「DSPバンドル版」を購入するのがおすすめです。

Amazon | 【Amazon.co.jp限定】 Microsoft Windows10 Home 64bit 日本語版|DSP版 バッファローLANボード LGY-PCI-TXD 付属 | Windows | ソフトウェア

通常版と比べて4~5,000円ほど安く購入できます。この差は結構大きいですよね。

ただし、Amazonなどで購入する場合、出品者によってはOEM版をDSP版と称して売っているケースなどもあるようなので、あくまで自己責任で。

心配な人は、パッケージ版よりも若干安いオンラインコード版を買うのがおすすめです。

Amazon.co.jp: Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用 32bit/64bit 日本語版【最新】|オンラインコード版: ソフトウェア

【注意点】次期MacはWindowsが使えなくなるかも・・・。

【注意点】次期MacはWindowsが使えなくなるかも・・・。

Appleは次世代Macで、CPUをこれまでのIntel製から独自の「Apple Silicon」に変更することを明言しています。

この新CPUのMacでParalellesなどの仮想化ソフトが動くかどうかは、現時点では不明です。

※Bootcampは廃止になる公算が高いもよう。

不安な人は、「最後のIntel Mac」と呼ばれている新型iMacを手に入れておくといいかもしれませんね。

Amazon.co.jp: 最新モデル Apple iMac Retina 5Kディスプレイモデル (27インチ, 8GB RAM, 256GB SSD)

目的別のおすすめ仮想化アプリ

Boot Camp:Windowsをたまにしか使わない方向け。
Wine:とにかく無料で済ませたい方向け。
Parallels Desktop :↑以外の万人にオススメ。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-ライターの仕事術
-, , ,

© 2020 ライカツ