無料あり:WordPressレンタルサーバーおすすめ3選【21種比較】

2021年6月19日

無料あり:Wordpressレンタルサーバーおすすめ3選【21種比較】
読者

  • WordPressレンタルサーバーを探している。
  • より格安で便利なサーバーに引っ越ししたいけれど、いろいろな会社があってどれを選んだらいいかわからない。移行作業も難しそうだし・・・。
  • 手軽にWordpressの移転ができるおすすめのレンタルサーバーを教えて!

こんな悩みをお持ちのあなたのために、さまざまなサーバーを利用してきた管理人が、イチオシのWordpressサーバーを厳選して紹介します。

サーバー選びって、本当に難しいですよね・・・。

僕もこれまで、下記のようなレンタルサーバー会社を渡り歩いてきました。

  • ロリポップ!
  • XREA
  • CORESERVER
  • さくらのレンタルサーバ
  • エックスサーバー
  • wpX

そして最近、7つめとなる ConoHa WING にこのブログを移行しました。

orikasse
比較・検討するのが、ホント大変だった・・・。

そこで今回は、僕のような悩めるレンタルサーバー難民の方々のために、WordPressにぴったりな最新のおすすめサーバーを解説します。

WordPressサーバー選びのポイントは以下の3つ。

  • WordPress簡単インストール機能あり
  • 他のサーバーからの自動引っ越しツールあり(※例外あり)
  • 管理画面が使いやすい

この記事を読めば、きっとあなたも自分にぴったりのWordpressサーバーを見つけられるはず。ぜひ最後までご覧ください。

【2021年版】Wordpressレンタルサーバーおすすめ3選

ConoHa WING(コノハウィング)

ConoHa WING

当ブログでも利用しているレンタルサーバーがこちら。

とにかくトータルバランスが良く、コスパが高いサーバーをお探しの方にはダントツでおすすめできます。

月額836円〜(初期費用0円)と比較的低価格にもかかわらず、「国内最速」を謳う処理能力を誇るのが大きな特徴。管理画面も非常に使いやすく、初心者でも簡単にさまざまな設定が行えます。

長期利用割引プラン「WINGパック」を申し込めば、独自ドメインが最大2つ永久無料で使えるというのもポイント。

orikasse
ドメインが2つ付いて月額836円〜は破格ですよね。

2021年に日本マーケティングリサーチ機構が実施した「サーバー満足度調査」において、

  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー
  • WordPress利用者満足度
  • サポートデスク対応満足度

など7部門でNo.1を獲得したという実績もうなずけますね。

ConoHa WING

XSERVER(エックスサーバー)

XSERVER

とにかくスペックが高く、安定性を重視したサーバー利用がしたい方はこちらがおすすめ。

国内シェアNo.1。昔から有名ブロガーも数多く利用している信頼と実績の高性能レンタルサーバーです。

解説サイトも数多くあるため、Wordpress初心者でも安心して導入できるのもポイント。

料金も月額990円〜と大差なく(※別途、初期費用3,300円が必要)、ConoHa WINGも充分高性能なので、ぶっちゃけ管理画面の操作感などの好みで選べばOKですよ。

エックスサーバー

ColorfulBox(カラフルボックス)

ColorfulBox

価格の安さが最重要!という方はこちらがおすすめ。

月額484円〜という驚きの利用料金が特徴のレンタルサーバー。3ヶ月以上の契約なら初期費用も無料です。

ただ安いだけでなく表示スピードや各種設定ツールなど機能も充実しているので、格安サーバーの中では個人的に一番だと思いますね。

このサーバーだけ自動引っ越しツールがないのですが、そのデメリットを補ってあまりあるメリットがありますよ。

ColorfulBoxはこちら

おまけ:wpXブログ(無料)

wpXブログ

今年の3月に始まったばかりの新サービス。Wordpress特化型サーバー「wpX」の無料版がこちら。

無料サーバーといってもSSLや独自ドメインにもしっかり対応。最大10個のブログをタダで運営できちゃいます。

同じエックスサーバーが運営する無料サーバー「XFREE」もありますが、より手軽にWordpressブログを始めるならこちらのほうがおすすめですね。

個人的には、本格的にブログ運営を行なっていくなら無料サーバーはあまりおすすめできないのですが、wpXブログなら有料バージョン(PRO)にそのまま移行できるので、なるべくお金をかけずにWordpressを始めてみたい方にはピッタリのレンタルサーバーですよ。

wpXブログ

今回比較した有料Wordpressサーバー21種

  • ConoHa WING
  • エックスサーバー
  • ColorfulBox
  • wpX
  • さくらのレンタルサーバ
  • ロリポップ!
  • ヘテムル
  • mixhost
  • お名前.com
  • カゴヤ・ジャパン
  • バリューサーバー
  • CORESERVER
  • XREA
  • EXTREM
  • Quicca
  • ニフクラ
  • スマイルサーバ
  • iCUSTA+
  • ラクサバ
  • スターサーバー
  • KDDI CPI

【初心者向け】Wordpressサーバーの引っ越し(移行・移転)手順

【初心者向け】Wordpressサーバーの引っ越し(移行・移転)手順

1.Wordpressやプラグインを最新版にアップデートする

レンタルサーバーを申し込んだ後でもいいのですが、移行作業を行う前に、必ず元サイトのWordpressやプラグイン・テーマなどを最新バージョンにアップデートしておきましょう。

※バージョンが古いと自動引っ越しツールを使う際に不具合が生じる可能性があります。

orikasse
この機会に使わないプラグインなどは削除しておくのがおすすめですね。

2.データをバックアップする

こちらもなるべくやっておきましょう。

面倒な設定を行わなくても、最近は便利なプラグインがあります。

上記のいずれかを利用すればOK。

orikasse
移行時以外でも、定期的にバックアップを残しておくクセをつけておくといいですよ。

3.新しいレンタルサーバーを契約する

準備が終わったら、レンタルサーバーを申し込みましょう。

今回紹介した3つのサーバーとも、まずは一番安いプランを選べばOK。

orikasse
足りなくなったら後からアップグレードできますからね。

申し込みが完了したら、時間を待たずにすぐ利用可能になるので、続けて以下の作業をすすめてしまいましょう。

4.引っ越しツールを使ってWordpressを移行する

WordPressの移行作業自体は非常に簡単です。

ConoHa WINGとエックスサーバーには「自動引っ越しツール」が付いているので、マニュアルに従って設定すればあっという間に移行が完了します。

WordPressかんたん移行を利用する|ConoHa WINGサポート
WordPress簡単移行 | レンタルサーバーならエックスサーバー

ColorfulBoxには独自の引越しツールがありませんが、All-in-One WP MigrationやDuplicatorを使った移行手順が解説されていますので、そちらを参考にして作業を進めましょう。

WordPressのサイトを他サーバーから移行する方法 – ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト

5.ドメインのネームサーバーを変更する

最後にドメインの管理画面からネームサーバー(DNS)を新しいサーバーのものに書き換えれば移行作業は完了です。

orikasse
ね、簡単でしょ?

まとめ

最後に、今回紹介したおすすめWordpressサーバーをニーズ別にまとめてみました。

タイプ別おすすめWordpressサーバー

以前は、「レンタルサーバーの引っ越し」というとかなりの大仕事でしたが、最近は初心者での簡単に行えるようになりましたね。

各社さまざまなアップデートや料金プランの見直しなどで日夜しのぎを削っていますので、定期的にサーバー比較を行い、そのときに最適なレンタルサーバーに移行していくのがおすすめ。

orikasse
携帯電話会社の乗り換えみたいなもんです。

みなさんも現在利用しているサーバーのスペックや料金を見直して、より便利で格安なWordpressサーバーへお引っ越ししてみては?

orikasse
orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。
Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです)

最後までご覧いただきありがとうございました。また別記事で会いましょう。

関連記事

-Webマーケティング