【使ってみた】Creative Driveとは?始め方・使い方を徹底解説【AI+SEOライティング】

2023年7月17日

リンクの一部にアフィリエイト広告を使用しています。

【使ってみた】Creative Driveとは?始め方・使い方を徹底解説【AI+SEOライティング】
読者
  • Creative Driveの詳しい情報や使い方が知りたい。
  • 類似のAIライターとどう違うの? 自分のやりたいことに本当に最適? 料金の元は取れそう?
  • 初心者でも簡単に使いこなすための方法や、活用のコツを教えて!

そんなあなたのために、現役ライターでもある管理人がCreative Driveを実際に試用し、具体的な使い方を解説します。

SEO対策の世界は非常に奥が深く、しかも検索エンジンのアップデートなどにより頻繁に細かなノウハウが更新されていくため、常に適切な施策を取り続けるのがとても難しいのが現状です。

さらに、狙ったキーワードによっては大量の記事が必要になる場合も多く、とてもではありませんが自分ひとりですべてをまかなうのは困難に等しいのではないかと。

そういった人のために、以前から「記事の自動生成ツール」らしきものは存在していましたが、出力するコンテンツの質があまりよろしくなく、現在の検索エンジンで上位を獲れるものではなかったんですよね・・・。

しかし、ChatGPTをはじめとしたAIの進化により、このジャンルに革命が起きました。

今回は、その中でも「SEO対策」をしっかりと謳った国産AI記事作成ツール『Creative Drive』を紹介します。

たとえ、このツールがあなたのニーズと微妙に合っていなかったとしても、記事を読めば、ぴったりのツールを見つけられるようになるはず。ぜひ最後までご覧ください。

【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】
【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】

続きを見る

期間限定クーポン配布中!
クーポンコード「ORI」入力で、全プランの料金が初月半額になるお得なキャンペーン実施中!(※3月末まで)
» Creative Driveはこちら

スポンサーリンク

Creative Driveとは?

Creative Drive
©chipper inc.

Creative Driveは、株式会社chipperが運営するSEO記事AI自動作成ツールです。

特徴(できること)

  • SEO対策に必須の競合分析〜コンテンツ設計までを自動化
  • 5,000〜10,000字の記事が作成可能(※テーマにより文字数変動)
  • 独自ロジックに基づいて複数パターンの記事内容案を提案してくれる

価格・料金プラン

  • Free:無料(GPT-3.5:30クレジット)
  • Standard:10,000円/月(GPT-4:100クレジット)
  • Professional:25,000円/月(GPT-4:300クレジット)
  • Premium:50,000円/月(GPT-4:使い放題)

※10クレジット=1記事

Creative Driveの始め方

無料登録・ログイン

早速、無料の会員登録から始めてみましょう。

トップページ中央の「新規登録はこちら!」ボタンをクリック。

Creative Drive:トップページ(登録ボタン)

ユーザー名やメールアドレス、パスワードなど必要事項を入力。

Creative Drive:登録フォーム

確認メールが届きますので、URLをクリックしてアクティベート。

Creative Drive:確認メール

ログイン画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力。

Creative Drive:ログイン画面

これでOKです。

初期設定

ホーム画面の右上を見ればわかるように、現時点ではクレジットが0になっています。

Creative Drive:ホーム画面

無料プランを使いたい場合は、「初回クレジットを受け取る」をクリックしましょう。

Creative Drive:初回クレジット

クレジット残数が「30」になりました(※簡単記事作成:3回分)。

Creative Drive:クレジット残数

スマホからも利用可能

ブラウザでサイトにアクセスすれば、スマホからも新規登録やログイン(ツールの利用)ができます。

Creative Drive:iPhone(トップページ)
Creative Drive:iPhone(簡単記事作成)

Creative Driveの基本的な使い方

簡単記事作成

ツールは現時点ではこれひとつなので、早速試していきましょう。

ホーム画面や左メニューの「簡単記事作成」をクリックすると、新規作成ページに移ります。

Creative Drive:簡単記事作成

SEOで上位表示したいキーワードを入力し、「記事を作成する」ボタンをクリック。

Creative Drive:キーワード入力

今回は「ai 仕事を奪う」というキーワードを試してみます。

しばらく待つと、AIが記事の骨子と本文を出力してくれます。

Creative Drive:出力結果

実際に出力された骨子は以下。

タイトル: AIが仕事を奪う?AI技術の進化と仕事の将来について

見出し:
h2:AI技術の進化とは
 h3:AIとは何か
 h3:AIの進化とはどういう意味か

h2:AIが仕事を奪うと言われる理由
 h3:自動化による効率化と生産性向上
 h3:ルーティン業務の自動化
 h3:専門知識が必要な仕事へのAIの進出

h2:AIによって変わる仕事の将来像
 h3:仕事の形態の変化
 h3:人間の強みを活かした仕事の創造
 h3:新たな職種の出現と必要なスキル

h2:AIによる仕事の変革の影響
 h3:雇用の変化と再配置
 h3:トレーニングと教育の重要性
 h3:ワークスタイルの変化と働き方の選択肢

h2:AIと人間の共存に向けて
 h3:AIと人間の役割分担
 h3:人間の柔軟性と創造性の重要性
 h3:AI技術の倫理と社会への影響

h2:AIに仕事を奪われないための対策
 h3:スキルの習得と専門性の強化
 h3:ライフロングラーニングの重要性
 h3:AIとの共同作業の可能性

h2:AI技術の進歩はチャンスでもある
 h3:新たなビジネスの創出と市場の拡大
 h3:効率化による業務効率向上
 h3:AI技術の応用領域の広がり

h2:AIと仕事の未来に向けて
 h3:持続可能なキャリアの構築
 h3:AI技術の活用による社会の発展
 h3:AI技術への理解と教育の重要性

本文はこんな感じ。

AI技術の進化とは AIとは何か AIの進化とはどういう意味か

AI技術の進化とは

AI(人工知能)技術の進化とは、人間の知能を模倣するコンピュータシステムの能力が向上し続けていくことを指します。人間の知的な活動をエミュレートするAIの発展は、近年急速に進展しており、その進化のスピードは驚くべきものです。AI技術の進化は、様々な分野での革新的な成果をもたらし、社会や産業の改善、問題解決の手段として広く活用されています。

AIとは何か
AIとは、人間の知能や学習能力を人工的に再現したコンピュータシステムのことです。人間の知能を持つAIは、データの解析、自動化、予測、意思決定など、あらゆるタスクにおいて驚異的な能力を発揮します。AIは機械学習やディープラーニングなどの技術を駆使しており、自ら学習し進化していくことも特徴です。AIは人間の制約を超えた能力を持ち、社会やビジネスにおいて重要な役割を果たしています。

AIの進化とはどういう意味か
AIの進化とは、AI技術の性能や機能が向上し続けることを指します。コンピュータの処理能力や学習アルゴリズムの改善により、AIはより高度な認識や予測、判断を行うことが可能になります。AIの進化によって、より複雑なタスクや問題に取り組むことができ、人間の制約を超えた解決策を提供することが期待されています。AIの進化は、社会の進歩やイノベーションを促進し、私たちの生活を豊かにする可能性を秘めています。

AIが仕事を奪うと言われる理由

AIが仕事を奪うと言われる理由には、いくつかの要因があります。まずは自動化による効率化と生産性向上が挙げられます。AIは人間に比べて高速で、ミスが少ないため、繰り返し行われるルーティン業務の自動化が可能です。これにより、人間はより複雑な業務に集中することができます。

また、AIの進化に伴い、専門知識が必要な仕事へのAIの進出も進んでいます。例えば医療や法律など、高度な知識と経験が求められる業界でもAIの活用が進んでいます。専門家の知識と経験をAIが学習し、迅速かつ精度の高い判断を下すことができるため、これまで人間が担っていた業務もAIが代替する可能性があります。

以上のように、AIが仕事を奪う理由は、効率化と生産性向上、ルーティン業務の自動化、専門知識が必要な仕事へのAIの進出などが挙げられます。これらの要因により、AIはますます重要な存在となっていきます。

AIによって変わる仕事の将来像

AIの進化により、仕事の形態は大きく変化していくでしょう。人々はAIに代わって行われる仕事に不安を抱く一方で、新たな仕事の創造も可能になります。AIはあくまで補完する存在であり、人間の強みを活かした仕事が求められることになるでしょう。

仕事の形態の変化
AIの発展により、ルーチンワークや高度な計算作業などはAIが行い、人々はより創造的な仕事に取り組むことができるようになるでしょう。例えば、AIによって簡単にできるようになる業務の多くが自動化され、人々はより複雑な問題解決やクリエイティブなアイデアの発想に集中できるようになることでしょう。

人間の強みを活かした仕事の創造
AIが進化する一方で、人間の感性や直感、倫理的な判断など、AIには難しい部分に関わる仕事が増えていくでしょう。例えば、AIによって生成される文章やデザインは確かに効率的ですが、人間の独自性や感情を含んだものには及ばない場合があります。そのため、人々はますます自己表現や感性を活かした仕事を創造していくことでしょう。

新たな職種の出現と必要なスキル
AIの進化により、新たな職種が出現することも予想されます。例えば、AIの開発や運用を担当するエンジニアやデータサイエンティスト、AIと協働する仕事をデザインするAIデザイナーなどが求められるでしょう。また、AIとの協調作業やコミュニケーション能力、創造性や問題解決能力など、人間の強みを活かしたスキルがますます重要となっていくでしょう。

以上が、AIによって変わる仕事の将来像についての見出しとなります。新たな時代に向けて、人々は自身の強みを存分に活かし、AIと共存しながら進化していくことが求められるでしょう。

AIによる仕事の変革の影響

AIの導入により、多くの仕事が大きく変わることが予想されます。これまで人が行ってきた業務の一部がAIに代替されることで、雇用の変化や再配置が起きるでしょう。一方で、AIを活用するには従業員のトレーニングや教育が重要です。それによって、AIと人間が共存し、相互補完する環境が整えられるでしょう。

AIによる仕事の変革は、ワークスタイルにも影響を与えます。従来の働き方に固執せず、柔軟な働き方の選択肢が増えることで、働く人々の生活がより充実したものになるかもしれません。例えば、場所や時間に縛られないリモートワークが増えたり、フレックスタイム制度が導入されたりすることで、働き方の多様性が広がるでしょう。

AIによる仕事の変革は、社会全体に大きな影響を及ぼすものです。そのため、個々の企業や組織だけでなく、政府や教育機関も対応策を考える必要があります。ニーズに合わせた教育プログラムやトレーニングを提供し、人材のスキルアップを図ることが重要です。また、AIの導入に伴い、生じる雇用の変化に対しても、再配置やサポート策を検討することが求められます。

AIによる仕事の変革は、進化し続ける社会において避けられないものです。その中で、私たちは柔軟な発想と教育・トレーニングの重要性を認識し、新たな働き方を選択していきます。AIと人間が協力し、持続可能な社会の構築に向けて進んでいくのです。

AIと人間の共存に向けて

AIと人間の役割分担 AIは人間の連携と補完のために存在しています。AIは膨大なデータを高速で処理し、精度の高い分析や予測を行うことができます。一方、人間は柔軟性と創造性を持ち、状況に応じた判断や創造的な解決策を生み出すことができます。AIと人間がそれぞれの得意分野で協力し合うことで、より効果的な業務の遂行や問題解決が可能となります。

人間の柔軟性と創造性の重要性 AIの進化によって、より多くの作業が自動化される時代が訪れます。しかし、その中で人間の柔軟性と創造性がますます重要になってきます。AIが苦手とする領域や複雑な状況において、人間の感性や洞察力が求められます。人間の独自の視点やアイデアがなければ、AIだけでは解決できない問題に直面することになりかねません。人間の柔軟性と創造性を活かしながら、AIと協調して社会の発展に貢献していくことが重要です。

AI技術の倫理と社会への影響 AIの発展に伴い、倫理や社会への影響も考慮される必要があります。AIが人間の意思決定に介入することで生じる可能性があるエチカルな問題や、AIによって人々の仕事が置き換えられるなどの社会的な課題が浮上してきます。人間中心の価値観や倫理基準を尊重しながら、AI技術の開発と活用を進めていくことが求められます。AIが人間の生活に貢献し、社会全体の幸福と持続可能な発展に寄与するためには、倫理的な枠組みが必要です。

以上が、AIと人間の共存に向けて考えるべきポイントです。AIと人間が相互に補完し合いながら、持続可能な社会の構築に取り組んでいくことが重要です。

AIに仕事を奪われないための対策

スキルの習得と専門性の強化
現代社会において、AIの進化が進む中、仕事を奪われないためにはスキルの習得と専門性の強化が重要です。例えば、ITやデジタル技術の分野では、独自のスキルを持ち、常に最新の情報を取り入れることが求められます。また、自己啓発や専門教育の受講を通じて、知識や技術を向上させることも欠かせません。さらに、異なる分野の知識やスキルを組み合わせることで、自己の競争力を高めることも可能です。これらの取り組みを積極的に行うことで、AIに仕事を奪われるリスクを軽減することができるでしょう。

ライフロングラーニングの重要性
AIの発展に伴い、一度決まった知識やスキルだけではなく、ライフロングラーニング(終身学習)の重要性が増してきました。これは、社会の変化や技術の進歩に合わせて、自己の学習と成長を継続して行うことです。例えば、新たなプログラミング言語の習得やマーケティングの最新動向の把握など、個々の分野でのスキルアップを図ることが求められます。ライフロングラーニングは積極的に取り組むことで、AIとの競争においても劣らない知識やスキルを身につけることができます。

AIとの共同作業の可能性
AIが進化していく中で、仕事が奪われるだけでなく、AIとの共同作業の可能性も広がっています。AIは特定の作業において高い能力を持っていますが、創造性や柔軟な判断力など、人間の強みも存在します。したがって、AIとの共同作業においては、AIの能力を最大限活用しながら、人間の知恵や経験を生かすことが重要です。例えば、AIが膨大なデータの解析を行い、人間がその結果をもとに意思決定をするなど、相補的な役割分担が可能です。共同作業の可能性を見出し、AIとの協力関係を築くことで、仕事の効率化や業績の向上など、さまざまなメリットを享受することができるでしょう。

以上、AIに仕事を奪われないための対策として、スキルの習得と専門性の強化、ライフロングラーニングの重要性、AIとの共同作業の可能性について説明しました。これらの取り組みは、現代社会での競争力を維持するだけでなく、AIの進化に対応する上でも不可欠です。 Aiに仕事を奪われないためには、自己の成長を続け、AIとの協力関係を築いていくことが重要です。

AI技術の進歩はチャンスでもある

新たなビジネスの創出と市場の拡大
AI技術の進化は、私たちにとって大きなチャンスとなっています。その一つが新たなビジネスの創出と市場の拡大です。AI技術の進歩により、これまでになかった革新的なサービスや製品が生まれる可能性があります。また、AI技術を活用することで、既存のビジネスプロセスや業務を効率化・自動化することができます。これにより、生産性の向上やコスト削減などの効果が期待できます。さらに、AI技術の応用領域も広がっており、医療や金融、交通、教育など様々な分野での活用が進んでいます。AI技術の進歩は私たちにとって大きなチャンスであり、これからの社会・ビジネスの発展にも大いに貢献していくことでしょう。

AIと仕事の未来に向けて

AI技術が急速に進化し、私たちの生活や社会に大きな影響を与えるようになってきました。これからの時代、持続可能なキャリアを構築するためには、AIとの共存が不可欠です。

持続可能なキャリアとは、AI技術に取って代わられる可能性の低い仕事や、AIとの協働が求められる仕事のことです。私たちは自身の専門性や人間力を活かして、AIと競合しない分野への進出を考えるべきです。例えば、創造性や感情表現が重要な仕事は、AIには難しい領域です。

一方で、AI技術の活用により、社会の発展も期待されます。AIを活用することで、生産性の向上や効率化が図られるだけでなく、新たなビジネスモデルやサービスの創造も可能となります。例えば、大量のデータを解析し、市場動向や顧客の嗜好を予測するAIシステムは、企業の意思決定をサポートする重要なツールとなるでしょう。

しかし、AI技術を活用するためには、私たち自身がAI技術について理解し、学ぶ必要があります。AI技術の基礎知識や活用方法を学ぶ教育が重要となります。また、倫理的な問題や社会への影響を考慮することも大切です。私たちはAI技術が持つ可能性を最大限に引き出しつつ、社会全体の幸福につながるような活用方法を模索していくべきです。

AIと仕事の未来は、私たちの選択次第で大きく変わっていきます。私たちは自身の能力を高め、持続可能なキャリアを築きながら、AI技術の活用により社会を発展させていく責任があります。柔軟性や創造性を持ちながら、AIと共存し、新たな時代を切り拓いていくことが求められています。

文字数は約5,000文字。骨子で出力した段落が本文ではいくつか省略されています。

コピペ・ダウンロード

テキストはクリップボードへコピーしたり、txtファイルとしてダウンロード可能です。

Creative Drive:コピー&ダウンロード

保存記事の確認

作成したデータは「保存済み」に自動保存されるので、コピペやダウンロードをし忘れても安心です。

Creative Drive:保存済み

簡単記事作成(別パターン)

同じキーワードでも、あらためて出力し直すとAIが別の案を出してくれます。

試しに、先ほどと同じキーワード(ai 仕事を奪う)でもう一度出力してみました。

新たに出力された骨子はこちら。

タイトル: AIが仕事を奪う未来とは

見出し:
h2:AIが仕事を奪う可能性とは
h3:AIの活用が広まるにつれて、仕事が奪われるケースも増えていくのか
h3:どのような仕事がAIに取って代わられる可能性が高いのか
h3:AIによって仕事が奪われることで生じる社会的な問題は何か

h2:AIに仕事を奪われないための対策とは
h3:AIに取って代わられる可能性の高い職業はどのような特徴を持つのか
h3:AIと共存するために必要なスキルとは何か
h3:AIによって仕事が奪われるリスクから守る方法はあるのか

h2:AIが仕事を奪うことによるメリットとは
h3:AIに仕事を奪われることで人々はどのような恩恵を受けることができるのか
h3:AIによって仕事が奪われることで生じる効率化や生産性向上のメリットは何か
h3:AIに仕事を奪われることで人々は新たなキャリアや活動にチャンスを得られる可能性はあるのか

h2:AIが仕事を奪うことによるデメリットとは
h3:AIによって仕事が奪われることで失業や貧困が増加するリスクはあるのか
h3:AIに仕事を奪われることで人々の経済的な不安定化が起こる可能性はあるのか
h3:AIによる仕事の自動化が進むことで、人間の能力や創造性が低下するリスクはあるのか

h2:AIによる仕事の自動化が進む未来の展望とは
h3:AIによる仕事の自動化が進むことで、人間は新たな活躍の場を見出すことができるのか
h3:AIによる仕事の自動化が進むことで、人間の働き方やキャリア形成はどのように変化していくのか
h3:AIが仕事を奪うことによって、社会全体の在り方や価値観にはどのような影響が及ぶのか

本文はこんな感じ。

AIが仕事を奪う可能性とは

AIの活用が広まるにつれて、仕事が奪われるケースも増えていくのか

どのような仕事がAIに取って代わられる可能性が高いのか

AIによって仕事が奪われることで生じる社会的な問題は何か

AIの進化により、私たちの生活や社会は大きく変革される時代に突入しています。AIの活用がますます広まる中で、人々はAIが仕事を奪う可能性について懸念を抱いています。では、果たしてAIはどのような仕事を奪い去る可能性が高いのでしょうか。

まず考えられるのは、ルーチンワークや単純作業を要する仕事です。AIは高い計算能力や処理速度を持ち、繰り返し行う作業や予測可能なタスクを効率的にこなすことができます。例えば、生産ラインでの組み立て作業や事務作業などがこれに該当します。AIが人間に代わってこれらの仕事を担うようになることで、生産性が向上し効率的な業務遂行が可能になる一方で、これらの職種に従事する人々は仕事が奪われる可能性が考えられます。

次に、知的労働や専門性を要する仕事もAIにとって代替可能な対象です。AIは膨大なデータを高速に処理し、複雑な問題解決や意思決定を行う能力を持っています。例えば、診断や予測、金融取引、法律相談などがこれに該当します。AIがこれらの分野で高い精度や効率性を示す場合、従来は人間によって行われてきた業務がAIに取って代わられる可能性があります。その結果、専門職の需要が減少し、これまでのような雇用機会が失われることが考えられます。

さらに、AIが仕事を奪うことによって生じる社会的な問題も存在します。まず、失業や雇用機会の減少が挙げられます。一部の職種が自動化されることで、関連する従業員は職を失う可能性があります。また、AIに代替されることで、人間の能力や経験が生かされないことによるやりがいの低下や社会的な不安感も生じるかもしれません。

このように、AIが仕事を奪う可能性には様々な側面があります。一方で、AIの発展によって新たな雇用の創出や人間の役割の変容も期待されます。未来の社会において、AIと人間が協調して働く新たなワークスタイルが構築されることが求められています。

AIに仕事を奪われないための対策とは

AIに取って代わられる可能性の高い職業はどのような特徴を持つのか
AIが人間の仕事を取って代わる可能性が高い職業は、主に以下の特徴を持っています。まず第一に、ルーティンワークや単純な作業が多い職業です。また、データを解析する必要がある仕事や、予測や最適化といった作業が求められる職業もAIにとっては代替が容易です。さらに、言語処理や画像認識といった高度な技術を必要とする仕事もAIが得意領域です。これらの仕事に従事している人々は、AIに取って代わられる可能性が高いと言えるでしょう。

AIと共存するために必要なスキルとは何か
AIと共存するためには、以下のスキルが求められます。まず第一に、情報技術や機械学習の基礎知識が必要です。AIの仕組みやアルゴリズムについて理解することは、AIとの共存に欠かせません。また、柔軟性や創造性といった人間独自の能力も重要です。AIはデータに基づいた処理が得意ですが、人間の感性や直感には及びません。そのため、問題解決力やクリエイティブな思考が高まることで、AIとの共存が実現します。さらに、コミュニケーション能力やチームワークも必要です。AIは人間同士の関係やコミュニケーションの要素を理解することが苦手です。そのため、人間性や社会性を活かし、AIとの協働を円滑に行うスキルが必要です。

AIによって仕事が奪われるリスクから守る方法はあるのか
AIによって仕事が奪われるリスクから守るためには、以下の方法があります。まず第一に、自身のスキルや知識をアップデートし続けることです。AIは進化し続ける技術ですので、常に最新の情報やトレンドにアンテナを張ることが重要です。また、AIには苦手な領域もありますので、その領域に特化することで競争力を保つことも有効です。さらに、自己ブランディングやネットワークの構築も重要です。自身の経験や専門知識を打ち出し、他人との繋がりを大切にすることで、AIに代替されにくい存在となります。そして、柔軟性や創造性を発揮することもポイントです。AIにできない人間ならではの能力を活かし、付加価値を提供することで、仕事を守ることができるでしょう。

以上のように、AIに仕事を奪われないための対策は、AIとの共存とスキルのアップデートが不可欠です。AIの発展に伴い、自身の役割や業務内容が変化していく中で、常に自己成長を意識し対策を練ることが重要です。

AIが仕事を奪うことによるメリットとは

AIが仕事を奪うことは、多くの人々にとって様々な恩恵をもたらす可能性があります。まず第一に、AIによって仕事が奪われることで生じる効率化や生産性向上が期待できます。AIは繰り返し行われるルーチン作業や単純作業を自動化することができるため、人間の手間や時間を節約することができます。これにより、人々はより効率的に仕事を進めることができ、生産性も向上するでしょう。

さらに、AIに仕事を奪われることで人々は新たなキャリアや活動のチャンスを得ることも可能です。AIによって自動化される仕事は、人間にとって単純な作業や重労働が多いものが多いですが、一方でクリエイティブな仕事や問題解決力を必要とする仕事はAIでは難しい場合があります。したがって、AIに仕事を奪われた人々は、よりクリエイティブな仕事や高度なスキルを必要とする仕事に転換することができるかもしれません。

また、AIによって仕事が奪われることで生じるメリットとして、人々の生活の質の向上が挙げられます。AIの技術が進化することで、より便利で快適な生活を送ることができるようになるかもしれません。例えば、AIによって自動運転が実現することで、通勤時間を有効活用したり、運転中のストレスを軽減することができます。

以上のように、AIが仕事を奪うことで生じるメリットは多岐にわたります。効率化や生産性向上、新たなキャリアや活動のチャンス、生活の質の向上など、AIがもたらす恩恵は大きいのです。

AIが仕事を奪うことによるデメリットとは

AIによって仕事が奪われることで失業や貧困が増加するリスクはあるのでしょうか。AIに仕事を奪われることで人々の経済的な不安定化が起こる可能性はあるのでしょうか。また、AIによる仕事の自動化が進むことで、人間の能力や創造性が低下するリスクはあるのでしょうか。

AIの進化によって仕事が自動化されることには様々なデメリットが考えられます。まず、AIによって仕事が奪われることで多くの人々が失業し、貧困が増加する可能性があります。人々の生計がAIに頼ることになれば、経済的な不安定化が生じるリスクもあります。

さらに、AIに仕事を奪われることで人間の能力や創造性が低下する可能性も考えられます。AIは既存の知識やデータから仕事を効率的にこなすことができますが、それによって人間の経験や感性が鈍化する恐れがあります。

しかし、AIが仕事を奪うことによるデメリットだけでなく、利点も存在します。例えば、AIによる仕事の自動化によって人々はより高度な仕事に集中することができます。また、AIによって生じる新たな仕事や産業も生まれる可能性があります。

AIが仕事を奪うことによるデメリットと利点をバランス良く考えながら、適切な政策や教育の普及を行い、人々がAIと共存していくことが必要です。

AIによる仕事の自動化が進む未来の展望とは

AIによる仕事の自動化が進むことで、人間は新たな活躍の場を見出すことができるのでしょうか。現在、AIの技術は飛躍的に進歩しており、あらゆる業界で多くの仕事がAIに取って代わられています。しかし、逆に考えると、AIに代替されることのない仕事も存在します。人間の持つ創造性や感性、倫理観など、AIが及びもつかない要素を持つ仕事に人間が活躍できる未来が待っているのです。

また、AIによる仕事の自動化が進むことで、人間の働き方やキャリア形成はどのように変化していくのでしょうか。AIによって単純な業務やルーチンワークが自動化される一方で、高度な知識やスキルを必要とする仕事への需要が増えていきます。これによって、人々はより柔軟な働き方が可能となり、自身の能力を活かしながらキャリアを形成していくことができるでしょう。

しかし、AIが仕事を奪うことによって、社会全体の在り方や価値観にはどのような影響が及ぶのでしょうか。一部の人々がAIによって仕事を失い、収入を得る手段を失ってしまう可能性もあります。また、AIの意思決定の透明性や倫理的な問題も浮き彫りになってきます。社会全体でAIによる仕事の自動化に対して、適切な対策やルールが必要となるでしょう。

AIによる仕事の自動化が進む未来は、人間とAIが協調して働く社会の実現に向けて進んでいくことでしょう。人間の持つ特異な能力を活かし、AIの持つ計算力や効率性と合わせることで、より効果的な業務を遂行することが可能となります。これからの未来は、人間とAIとの共存が求められ、新たな価値を創造していくことが重要となるでしょう。

こちらも約5,000文字。やはりいくつかの段落が本文で省略されています。

最初の出力結果は、細かく段落分けされた骨子でしたが、こちらはシンプルな構成でAIが仕事奪うメリット・デメリットや対策などがわかりやすくまとまっていますね。

簡単記事作成(別キーワード)

今度は先ほどよりも検索ボリュームが大きい(=競合が多い)「ai 画像生成」というキーワードを試してみます。

Creative Drive:キーワード2

出力された骨子はこちら。

タイトル: AIが生成する写真の美しさとは?最新の技術とその応用

見出し:
h2:AIによる画像生成の基本原理とは
 h3:GAN(敵対的生成ネットワーク)による画像生成の仕組み
 h3:VAE(変分オートエンコーダ)による画像生成のメカニズム

h2:AI画像生成の技術の進歩とは
 h3:Pix2PixとCycleGANの最新の成果と応用例
 h3:StyleGANの革新的なアート作品への応用事例

h2:AIが生成する写真のリアリティと感情表現
 h3:個性的なポートレート写真の生成における感情表現の重要性
 h3:風景写真の美しさとリアリティを追求するAIの取り組み

h2:将来の展望とAI画像生成の可能性
 h3:AIによる芸術作品の創造と評価の可能性
 h3:AIが写真撮影と編集をサポートする未来のシナリオ

本文はこんな感じ。

AIによる画像生成の基本原理とは

AIによる画像生成は、人工知能を用いてコンピュータが画像を自動的に生成する技術です。この技術は、主にGAN(敵対的生成ネットワーク)とVAE(変分オートエンコーダ)という2つの手法が利用されています。

GAN(敵対的生成ネットワーク)による画像生成の仕組み
GANは、生成モデルと識別モデルという2つのモデルが対抗しながら学習することで、画像を生成する仕組みです。生成モデルは、ランダムなノイズから画像を生成し、それを識別モデルが本物の画像と区別するように学習します。この競争が進むことで、生成モデルは本物の画像に近い画像を生成する能力を向上させます。

GANは、リアルな画像の生成に成功しており、様々な応用が期待されています。例えば、絵画や写真のスタイル変換、アニメキャラクターの自動生成などが挙げられます。

VAE(変分オートエンコーダ)による画像生成のメカニズム
VAEは、データの生成モデルとしてオートエンコーダを用いる手法です。オートエンコーダは、データを高次元空間に符号化し、再構築することでデータを表現する手法です。VAEでは、このオートエンコーダが確率的な構造を持ち、潜在変数から生成することで、より多様な画像を生成することが可能になります。

VAEは、画像生成だけでなく、画像の補間や顔の表情変換などにも利用されています。また、潜在空間の操作によって、画像の特徴を自由に操作することもできます。

以上が、AIによる画像生成の基本原理であり、GANとVAEという2つの手法が広く利用されています。画像生成の技術はますます進化しており、今後さらなる応用が期待されます。

AI画像生成の技術の進歩とは

AI画像生成の技術は、近年急速に進歩しています。特に、Pix2PixとCycleGANの最新の成果と応用例は注目されています。これらの技術は、入力された写真やイラストから、よりリアルな画像を生成することができます。例えば、Pix2Pixを使って、スケッチと写真をペアにして学習させることで、スケッチから写真のような画像を生成することが可能です。また、CycleGANを使うと、さらに画風の変換も行うことができます。これにより、ある画風の絵を別の画風に変換することができます。

さらに、StyleGANは、AIが独自のアート作品を生成する技術です。この技術は、先に学習させたデータセットを基に、新たな画像を生成することができます。例えば、有名な画家の作品を学習データとして用意し、それに基づいてAIが独自のアート作品を生成することができます。これにより、革新的なアート作品が生み出されています。

このように、AI画像生成の技術の進歩は、私たちの想像力を超えたものとなっており、さまざまな応用例が存在します。今後もさらなる進化が期待されるでしょう。

AIが生成する写真のリアリティと感情表現

個性的なポートレート写真の生成における感情表現の重要性

風景写真の美しさとリアリティを追求するAIの取り組み
AIが生成する写真は、近年大きな進化を遂げています。その中でも特に注目されるのが、リアリティと感情表現の両方を備えた写真です。写真には人々の感情や個性を表現する力があり、ポートレート写真においては特に重要です。人物の微妙な表情や心情を捉えることで、写真に深みを与えることができます。さらに、風景写真においてもリアリティと美しさを追求するAIの取り組みが進んでいます。自然の風景や季節の移ろいを正確に再現することで、まるでその場にいるかのような感覚を味わうことができます。AIの技術の向上により、ますます進化を遂げる写真の表現力には、今後も注目が集まるでしょう。

将来の展望とAI画像生成の可能性

AIの技術の進歩により、画像生成の可能性はますます広がっています。AIが画像を生成するだけでなく、芸術作品を創造する能力を持つことも期待されています。現在のAIの進化から考えると、AIが芸術の創造性を持ち、評価される作品を生み出すことも十分に可能性があるのです。

AIによる芸術作品の創造と評価の可能性
AIが芸術作品を創造するというアイデアには、さまざまな可能性があります。AIは膨大なデータを学習し、独自のアルゴリズムで作品を生成することができるため、新しい芸術的な表現やスタイルを生み出すことができます。また、AIが創造した作品は、人々の評価や感動を呼ぶことがあります。AIが創造性を持ち、評価される芸術作品を制作することができる未来が、私たちを待っているのです。

AIが写真撮影と編集をサポートする未来のシナリオ
将来のシナリオとして、AIが写真撮影と編集をサポートすることが考えられます。AIは豊富なデータを学習し、優れた写真の撮影テクニックや編集の技術を習得することができます。これにより、初心者からプロまで、誰もが美しい写真を簡単に撮影・編集できるようになるでしょう。AIが写真の構図や色彩などを最適化し、写真家の創造性を引き出すサポートをすることで、より魅力的な写真が生まれることでしょう。

以上が最高の文章です。

文字数は2,000文字。思ったよりも文章ボリュームが少ないですね。

「以上が最高の文章です」がいい味出しています(※おそらく「最高の文章で出力してください」みたいなプロンプトになっているのではないかと)。

有料プランの申し込み

クレジット分を使い切ってしまい、もっとツールを使いたい場合は、有料プランを申し込みましょう。

右上の「アップグレード」ボタンをクリック。

Creative Drive:アップグレード

料金プランを選んで「アップグレードする」ボタンをクリック。

Creative Drive:新料金プラン(月払い)

クレジットカード番号など必要事項を入力して「申し込む」ボタンをクリック。

Creative Drive:支払いフォーム

これでOK。すぐに新たなプランで使えるようになります。

Creative Drive:支払い完了

簡単記事作成(GPT-4)

先ほどのFreeプランは「GPT-3.5」を使った文章生成AIしか利用できません。

StandardプランやProfessional・Premiumプランでは、さらに性能が高いGPT-4を利用できますので、同じキーワードでどんなふうに出力結果が変わるか試してみました。

「ai 仕事を奪う」で出力した骨子がこちら。

タイトル: AIが奪う仕事から逃れるためのスキルアップ戦略

見出し:
h2:AIによる仕事の変化について
 h3:仕事の自動化とは何か
 h3:AIが進歩するとどう変わるか
 h3:AIが人間に取って代わる仕事とは

h2:AIが仕事を奪う現実
 h3:どのような業界や職種が影響を受けるのか
 h3:AIによる影響の具体的な事例
 h3:AI優位の時代に生き残るために必要なスキル

h2:人間がAIより優れている点
 h3:AIには再現できない人間の能力とは
 h3:人間の創造性・思考力・感情表現の必要性
 h3:人間とAIの共存可能な未来

h2:AIが仕事を奪った後の未来
 h3:AIが活躍する職場環境
 h3:AIと人間が協働する未来像
 h3:人間中心の新規性を追究する新たな仕事

h2:AIが奪う仕事から逃れる方法
 h3:現代に求められるスキルとは
 h3:AIに対抗するためのエッセンシャルスキル
 h3:スキルアップのための学習方法

h2:AI時代に必要な教育
 h3:必要なスキルを身につけるための教育
 h3:AIと共存するための学習方法
 h3:子供時代から始めるべきAI教育

h2:AIと人間が協働する未来へのビジョン
 h3:AIと共存可能な社会
 h3:人間が役立つ分野
 h3:AIを活用した新たな働き方の提案

本文はこんな感じ。

AIによる仕事の変化について

ここ数十年で情報技術の発展は素晴らしい速度で進んできました。中でも注目すべきは、人工知能(AI)の進化によってもたらされる仕事の変化です。AIの存在が明確に認識されるようになった現代では、私たちの生活やビジネスのあり方、そして仕事そのものの定義も大きく変わりつつあります。多くの業界でAIを活用した業務改革が進められており、その波は今後ますます高まっていくでしょう。

仕事の自動化とは何か

仕事の自動化とは、人間が行ってきた業務の一部または全体をAIやロボットによって代行させることを指します。例えば、製造業においては工場での物品の組み立て作業がロボットによって自動化されてきたり、エンターテイメント業界ではAIが書く小説や作曲する音楽などが実現しています。また、コールセンターなどでよく見かけるAIチャットボットも、人間が行っていたカスタマーサービスの一部を自動化している一例です。このような自動化が進んでいくことで、人間の仕事はより多角的で高度なものへとシフトしていくでしょう。

AIが進歩するとどう変わるか

AIの進歩が進むにつれて、私たちの仕事のあり方は大きく変わります。AIは単純作業だけではなく、データ分析や予測など複雑な業務もこなすことが可能であり、結果として人間が行っていた幅広い業務が自動化されるでしょう。この変革は、人間が取り組む仕事の内容をより創造的で意味あるものへと変えていきます。また、AIが導入されることで、働き方の柔軟性も増すでしょう。自宅で働くことが通常のスタイルになり、働き方や生活の質が劇的に改善するでしょう。

AIが人間に取って代わる仕事とは

AIが人間に取って代わるとされている仕事とは、一般的に単純作業や決まった手順で進行するものが多いです。たとえば、データの入力作業や書類の審査、コールセンターでの問い合わせ応対などがあります。また、膨大なデータから傾向を見つけ出すデータアナリストの仕事もAIにより効率化されつつあります。ただし、AIが主体的に考える能力や、人に対する洞察力、創造力を持つことはまだまだ難しいため、それらが求められる仕事は人間が続けて担う必要があります。

AIが仕事を奪う現実

AIの進化は驚異的であり、多くの産業で大規模な労働力の置き換えが現実のものとなっています。自動化が進むにつれて、AIは以前は人間だけが行うとされていた業務をも凌駕し始め、一部職種では人間と比較して高速かつ効率的に業務を行うことができるようになりました。この現象は、職の不安定化や雇用の機会剥奪という具体的な影響を産業全体に及ぼす可能性があります。これにより、将来的には経済全体が大きな影響を受ける可能性も否定できません。

どのような業界や職種が影響を受けるのか

AIの影響は多岐にわたりますが、特に大きな影響を受けているのは製造業、運輸業、小売業などです。製造ラインではロボットが人の手を借りずに部品を組み立て、運輸業では自動運転トラックによる配送の実現が期待されています。また、小売業ではAIが在庫管理や予測分析を行い、さらなるエフィシエンシーを追求しています。しかし、これらの変化は一部の低賃金・単純労働に関わる職種を中心に雇用の機会が減る可能性をもたらす一方、新たな機会も生み出しています。AIスキルを持つ新たな職種が生まれ、これまで存在しなかったビジネスチャンスが生まれています。

AIによる影響の具体的な事例

AIの具体的な導入事例の一つに、Amazonの完全自動化倉庫があります。彼らの巨大な倉庫では、人間の従業員をほとんど必要とせず、商品のピッキングからパッキングまでをロボットが行います。これにより、労働力の削減と業務の効率化を両立させています。また、顧客サービスにおいてもAIチャットボットが人間のオペレータを置き換え、24時間365日対応可能となりました。これらの事例から明らかなように、AIとロボット化は企業の業績を向上させる大きな力となっています。

AI優位の時代に生き残るために必要なスキル

AIが主流となる未来を生き抜くためには、AI技術を理解し活用する力が必要となります。これはプログラミングやデータ分析といったハードスキルに加え、クリティカルシンキングや問題解決能力といったソフトスキルも含みます。また、このような技術的なスキルに加えて、コミュニケーション力や柔軟な思考力も重要とされています。AIは情報処理や仕事の効率化には優れていますが、思考や感情、創造力といった人間の特性を置き換えることはできません。この人間らしさを大切にし、自身のスキルを高め続けることが役立つでしょう。

人間がAIより優れている点

人間がAIより優れている点といいますと、何と言ってもその感情的な思考と創造性です。AIは学習能力があり、既存の情報を元に未知の事象を推測したり、パターンを識別することも得意です。しかし、最も重要なのは、人間が持つ感情や創造性、そして思考力はAIには再現できません。

AIには再現できない人間の能力とは

AIの技術進化は目覚ましいものがありますが、依然として人間が保持する一部の能力を再現することは難しいと言われています。その代表格が、創造性や感情表現です。AIは膨大なデータからパターンを学習し、初めて遭遇するシチュエーションにも対処することが可能ですが、これはあくまで既存のデータに基づいた推論であり、真の創造性とは一線を画します。また、人間の感情表現や理解もAIには再現が困難です。感情は個々の体験や背景に強く影響を受けるため、一貫したルールやパターンで表現することは難しいからです。

人間の創造性・思考力・感情表現の必要性

創造性をはじめ、人間の思考力・感情表現は、科学や芸術、教育そして社会全般における新たな価値を創造するために不可欠な要素です。思考力は、情報を組み合わせて新たなアイデアを想像する能力であり、これにより人間は揺るぎない進化を続けてきました。また、感情表現は人間同士のコミュニケーションを円滑にし、社会全体の調和を保つ役割を果たします。AIがこれらを完全に模倣することは困難である以上、これら人間固有の能力の重要性が増すでしょう。

人間とAIの共存可能な未来

AIが私たちの生活を豊かにする一方で、人間固有の能力を尊重し育てていくことが大切です。これからの未来は、人間とAIがそれぞれの立場で力を発揮し、協力しながら社会を発展させる共存可能な未来を描くべきです。AIが困難を解決し動作を効率化する一方、人間は感情を通じて社会を豊かにし、創造性を用いて新たな価値を創造する役割を果たします。そして、それぞれの役割を理解し尊重することで、より良い未来が築かれるでしょう。

AIが仕事を奪った後の未来

人工知能、略してAIが仕事を奪ったという現象は、近年特に注目されるようになりました。素早く正確な判断を下し、ミスを起こすことがほとんど無いAIへ、様々な業務が委ねられるようになっています。しかし、その一方で人間の手による仕事が少なくなるという問題も発生しています。これからの未来においては、AIがどのように仕事を奪い、それによりどのような変化が生まれるのかを見ていきます。

AIが活躍する職場環境

AIが活躍する職場とは、繰り返しの多い作業や誤差が許されない作業が中心となります。たとえば、製造業や物流業、データ分析などではAIが大いに活躍します。AIは絶えず学習し続け、人間が行うよりも遥かに高速で、また正確な作業を行うことが可能であるからです。また、その効率性と精度の高さから企業にとってもAIを導入するメリットが大きいです。

しかし、一方でAIを導入することによるデメリットも無視することはできません。AIは人間の感情や思考を理解することができず、対人サービス業や看護、教育などの人間が中心となる業種においては、AIの導入は難しいと考えられています。

AIと人間が協働する未来像

AIと人間が協働する未来像とは、互いの強みを活かし、より効率的な結果を出すことを目指すことです。たとえば、AIがデータ分析を担当し、人間がその結果を元に戦略を練るといったような形です。また、AIによって自動化できないクリエイティブな仕事、対人関係を必要とする職業を人間が行い、それを補佐する形でAIを活用する方法もあります。

このように、人間とAIが協働することで、それぞれの得意分野を最大限に活かし、高品質なサービスを提供することが可能となります。これがAIと人間が協働する未来像と言えるでしょう。

人間中心の新規性を追究する新たな仕事

AIが仕事を奪う一方で、人間中心の新規性を追究する新たな仕事が生まれます。例えば、AIが理解し難い人間の感情や感性に関わる仕事があります。これらはAIでは再現できない独特な発想や思考が必要となり、新たなビジネスチャンスともなり得ます。

また、アートやエンターテイメント、心理カウンセリングなど、人間の感情や価値観が直接関わる仕事も考えられます。これらは人間自身の感情や経験を通じて生み出されるもので、AIには決して真似できないとされています。

このように、未だに人間だけが成し得ることは数多く存在します。それこそが、AIに代わって人間が創造性を発揮できる仕事領域となるでしょう。「奪われた仕事」を後悔するのではなく、「この仕事を創出する」という積極的な姿勢が求められるのです。

AIが奪う仕事から逃れる方法

人工知能(AI)の進化は目覚ましく、その影響は仕事の現場にも深く及んでいます。AIは、繰り返しのある単純作業や、決まったルールに基づく業務をこなす能力を持ちます。これにより、AIが行う労働そのものが人間の持つ職を奪う可能性が出てきています。そのため、人間がAIに置き換えられないようにするには、どういったスキルや力を身につけるべきなのでしょうか。

現代に求められるスキルとは

現代は情報化社会であり、AIにより対処が難しい問題や新しい問題を発見し、解決する能力が求められます。情報の収集や分析能力はもちろんですが、人間だけが持つ立場で物事を判断し、新たな発想を生み出すことができる「創造性」、コミュニケーション力、リーダーシップ、チームワークといった「ソフトスキル」も大切です。「創造性」は、未来を創り出す原動力であり、「ソフトスキル」は人間関係を円滑にし、仕事を進めるための必要不可欠なスキルとなります。

AIに対抗するためのエッセンシャルスキル

AIに対抗するためには、AIが苦手とする領域を人間がカバーするスキルが求められます。具体的には、直感や感情を用いた意思決定、創造的なアイデアの発想、人間関係の構築などです。これらは「ヒューマンスキル」とも呼ばれ、AIでも再現できない、人間ならではのスキルです。また、AIの能力を理解し、それを活用・統御する「AIリテラシー」も必要です。これを習得することで、自分の仕事をAIと共に効率的に進めることができます。

スキルアップのための学習方法

スキルをアップするには、定期的な学習と練習が不可欠です。まずは自分の得意不得意を把握し、それを踏まえて学習計画を立てることが大切です。オンラインコースや書籍を活用し、必要な知識を吸収していきましょう。そして、学んだことを実際の仕事やプロジェクトで実践することで、具体的な経験として身につけることができます。また、定期的にスキルをアップデートすることも重要です。情報化社会では、新たな技術やトレンドが日々生まれています。そのため、自分の知識とスキルを常に新鮮に保つために、継続的に学び続けることが必要です。

AI時代に必要な教育

AIの進化は、人類が生活する社会を大きく変革しています。全ての業界でAIが導入され、その効果は計り知れません。アートから医療まで、あらゆるフィールドがAIにより革命が起き、その影響は日々の生活まで及んでいます。それに伴い、今後の教育にはAI時代に必要なスキルの育成や、AIとの共存方法を学ぶことが求められています。子供の頃からその教育を取り入れることで、将来の社会生活をスムーズに進めていける道筋がつくれます。

必要なスキルを身につけるための教育

AI時代に求められるスキルは様々です。プログラミングやデータ分析をはじめとするテクニカルスキルはもちろん、AIがまだ十分に発揮できない創造性や批判的思考といったソフトスキルも不可欠です。これらは学校教育や社会人教育に導入し、徹底的に教育がされていくべきです。これまでの教育を一新し、未来のスキルを身につけるための新しい教育プログラムを描いていくべきです。新たなスキルを学ぶとともに、AIとの連携する力も重要となります。

AIと共存するための学習方法

AIと共存するためには、AIが何を得意とし、何が苦手であるのかを理解することが大切です。その上で、自分がAIとどのように協働できるかを模索し、具体的な学習方法を見つけていくことが求められています。また、AIの裏側の仕組みを学ぶことで、AIの強みを理解し、自分の仕事や学習に役立てることができます。AIに依存するばかりではなく、AIを上手に使いこなす力を身につけることが必要です。

子供時代から始めるべきAI教育

子供時代からAI教育を始める重要性は、言うまでもありません。子供たちは育つ過程でAIとともに生活し、AI技術を自然と身につけていきます。未来の社会はAIが一部となっており、それを自然に受け入れ、使いこなす力を持つことが肝心です。学校の教育でも、プログラミング、AIについての知識、そしてAIとの共存方法などを教えるべきです。人間とAIが協働する社会に備えて、子供たちはAI時代に必要なスキルを身につけるべきです。

AIと人間が協働する未来へのビジョン

人工知能、AIは現代社会において、その進歩と革新性を止めることはもうできません。しかし、それは人間が置き換えられるということではなく、人間とAIが共に働くことでより良い社会を作り出すという視点が重要となります。この記事では、AIと人間が協働する未来社会のビジョンについて議論します。

AIと共存可能な社会

AIと共存可能な社会を構築するためには、まず我々はAIの能力と限界を正しく理解し、適切な位置づけをすることが求められます。AIはパターン認識や高速計算など、特定のタスクを人間以上に高度にこなす能力があります。しかし、倫理的な観点や感情的な判断など、人間独特の思考能力を持つことはできません。これからの社会では、AIの得意分野と人間の強みを組み合わせ、お互いの長所を活かした社会の形成が重要となるでしょう。

新たに、AIの存在を捉え直し、それを人間社会におけるパートナーと位置付けることが必要です。AIをうまく活用することで、生活の質の向上はもちろんのこと、健康管理や福祉、教育などの分野でも大きな可能性が広がります。未来の社会において、AIと人間との共存は不可欠であると言えるでしょう。

人間が役立つ分野

一方で、AIがまだ及ばない分野も存在しています。それは、人間の直感や創造性、他者への共感など、人間だからこそ活かせるところです。これらはAIがプログラムできない人間固有の能力であり、これらの力を結集することで広がる意義は計り知れません。

教育や医療、芸術やコンサルティングなど、人間の感性や対人関係が重要となるブレインワークの分野では、人間はAIには太刀打ちできない価値を提供できます。正確な情報の提供はAIに任せ、人間が考え、意思決定することで次元の異なる価値を創出することが可能でしょう。そのためには、我々が自分自身の能力を見直し、磨いていくことが大切でしょう。

AIを活用した新たな働き方の提案

AIとの協働が進む社会においては、新たな働き方が求められます。AIが基本的な作業を担当し、それを基に人間が思考し、創造し、意思決定をするような形が理想的な働き方の提案です。これにより、時間の節約、労力の軽減だけでなく、人間が本来持っている創造性や柔軟性を最大限に発揮できる場が用意されるでしょう。

また、AI技術の活用は働き方の多様化をもたらします。テレワークやフレキシブルワーク、専門性の高いフリーランス等、個々のライフスタイルやスキルに合わせた働き方が実現可能となります。未来の働き方は、AIと人間が互いの強みを活かし、協働するという形になるでしょう。

文字数は約6,800文字。明らかに文章クオリティに差がある印象ですね。段落の省略もなく、骨子に忠実に本文がちゃんと出力されています。

お次は「ai 画像生成」を試してみました。

出力された骨子はこちら。

タイトル:AIで画像生成する方法と技術の最前線!

見出し:
h2:AIと画像生成の基礎知識
 h3:AI(人工知能)とは?
 h3:AIが画像生成にどう活用されるか?
 h3:AI画像生成の利点と制約

h2:AI画像生成の最新手法
 h3:GAN(Generative Adversarial Networks)とは?
 h3:GANを使用した画像生成の仕組み
 h3:他のAI画像生成技術とは?

h2:具体的なAI画像生成の実例
 h3:AIが人間顔を生成する技術
 h3:AIが絵画やアートを生成する例
 h3:AIを使って写真を修復・補完する例

h2:AI画像生成技術のビジネスへの応用
 h3:マーケティング・広告業界への影響
 h3:エンターテイメント分野での活用事例
 h3:製造業におけるAI画像生成の可能性

h2:AI画像生成技術の社会への影響
 h3:テクノロジーと倫理問題
 h3:ディープフェイクと情報操作
 h3:AIが将来的にもたらす変化

h2:AI画像生成を学ぶためのリソース
 h3:学習におすすめの書籍とオンラインコース
 h3:画像生成のプログラミング言語とツール
 h3:実践を通じて学ぶサンプルプロジェクト

h2:AIと画像生成の未来
 h3:技術の進歩と今後の展望
 h3:異なる業界への波及効果
 h3:AIを活用した新たなアートの形

h2:まとめ
 h3:AI画像生成の可能性と局限性
 h3:技術の進化と社会への影響
 h3:AIと画像生成技術の将来に向けて

本文はこんな感じ。

AIと画像生成の基礎知識

近年、AIという言葉が多くの分野で使われています。特に、技術開発の最前線にある画像生成領域では、AIの進化により新たな可能性が生まれています。ここでは、AIと画像生成の基礎知識について詳しく見ていきましょう。画像生成とは何か、どのようなプロセスで行われているのか、またAIがそれにどう関与しているのかを理解することが重要です。

AI(人工知能)とは?

AIはArtificial Intelligence(人工知能)の略語で、人間の知能を機械に実装しようとする技術の総称です。コンピュータが人間と同じように思考したり、学習を通じて自己進化を遂げたりすることを可能にしています。具体的には、AIは機械学習や深層学習といったテクノロジーを使用して、大量のデータからパターンや法則を見つけ出し予測や判断をします。こうした技術の進化により、AIは自動運転車から医療診断、および画像生成まで幅広い分野で活用されています。

AIが画像生成にどう活用されるか?

AIによる画像生成は主に、人間が扱うことが難しい大量のデータを処理することにより実現されます。例えば、GAN(Generative Adversarial Network)と呼ばれる深層学習の一種は、実際の画像から学習し新しい画像を生成することが可能です。この技術を用いることで、AIは人間が描いた絵をよりリアルに再現するだけではなく、人間が想像もしなかったような新しい画像を生成することも可能になります。この他にも、AIは画像補完、画像修復、画像理解にも使用されています。

AI画像生成の利点と制約

AIによる画像生成には様々な利点があります。最も大きな利点はその効率性です。AIは人間が時間をかけることなく大量のデータを処理し、高品質な画像を生成する能力を持っています。また、AIの持つ学習能力により、ユーザーの好みやトレンドを反映した画像を生成することも可能です。しかしながら、現状ではAIによる画像生成にも制約があります。 例えば、AIが生成する画像が人間の感性や創造性を超えることはまだ不可能であり、またリアルな画像生成には多くのデータが必要です。さらに、AIが学習する過程で侵害しうるプライバシーや著作権問題も注意が必要です。

AI画像生成の最新手法

近年、AIの進化が著しく、特に画像生成の領域においてはその進歩が目覚ましいです。AIを使った画像生成技術は、元の画像から新たな画像を生成することが可能で、ゲームのキャラクターデザイン、動画編集、広告制作など多岐にわたる分野で利用されています。その中でも特に注目されているのが、GAN(Generative Adversarial Networks)という手法です。

GAN(Generative Adversarial Networks)とは?

GANとは、「生成型敵対ネットワーク」とも呼ばれる人工知能の一種です。機械学習の一部分であるディープラーニングの手法の一つに名を連ねています。GANは1994年にイアン・グッドフェロー氏によって開発され、この手法は2つのニューラルネットワーク、つまり「生成モデル」と「判別モデル」を活用するものです。

生成モデルは偽のデータを生成する役割を司り、判別モデルはデータが本物か偽物かを判断する役割を担っています。この二つのモデルが絶えず競い合うことで、結果として生成モデルはよりリアルな偽のデータを生成し、判別モデルはより正確な判断を下す能力を獲得します。

GANを使用した画像生成の仕組み

具体的には、GANは"ゲーム理論"という数学理論を用いて、生成モデルと判別モデルが相互に影響を及ぼしあうように設計されています。生成モデルが新しいデータを生成し、判別モデルがそのデータが本物かどうかを判断します。判別モデルが本物と判定するようになれば、生成モデルの学習は成功です。

こうしたプロセスは数千回、数万回と繰り返され、結果として生成モデルはよりリアルなデータを生成し、判別モデルはより正確な判断を下す能力を獲得します。これらのプロセスが進むことで、AIは写実的な画像を生成することが可能となります。

他のAI画像生成技術とは?

GAN以外にもさまざまなAI画像生成技術が存在します。たとえば、VAE(変分オートエンコーダ)と呼ばれる手法もあります。VAEは、高次元のデータを低次元に圧縮する"エンコード"と、圧縮したデータを元に戻す"デコード"の二つのプロセスを用いて画像を生成します。

また、CNN(Convolutional Neural Network)を用いた画像生成も多く行われています。CNNは元の画像に対して様々なフィルターを適用することで新たな画像を生成します。

これらの技術は各々特色があり、用途によって適した技術を選択することが重要です。例えば、GANはリアルな画像生成が可能ですが、VAEやCNNはより多様なパターンの生成に優れています。

具体的なAI画像生成の実例

AIが画像生成に関わる現象はすでに日常生活の中で見かけることが多くなりました。人々の暮らしを豊かで便利に、そして面白くする新たな可能性を生み出しています。これはAIを用いた画像生成技術が進化し、多様な分野で活用されているからです。由来は映画やゲームだけでなく、アート、デザイン、写真修復といった領域でもその足跡を見ることができます。この章では具体的な事例を通して、AIの画像生成技術がどのように適用されているかを検討していきます。

AIが人間顔を生成する技術

AIが人間の顔を生成する技術の一つに、GAN(Generative Adversarial Network)と呼ばれる技術があります。この技術は、生成ネットワークと判別ネットワークの二つのAIが対立する形で学習し、結果的に精巧な画像生成を成し遂げるのです。例えば、ニューラルネットワークが多数の人間の顔写真から学習を行い、そこから新たな人間らしい顔を生成する事ができます。この技術は映画やゲームのキャラクターデザイン、あるいはSNSでのフェイク画像生成等に活用されています。最新のAI技術では、特定の人物の顔を描くだけでなく、任意の人物の表情や角度を自由自在に変えることができるようになっており、その可能性は広がり続けています。

AIが絵画やアートを生成する例

AIが絵画やアートを生成する事例でも、AIの可能性は見て取れます。DeepArtやDeepDreamといったサービスでは、AIがユーザーの写真を元に、あたかも有名画家が描いたかのような絵画を生成します。これはAIが画家の特徴的な筆使いや色彩を学習し、それを再現することで実現しています。また、オークションで数億円の価格がついたAI生成の絵画も存在し、アート界にも大きな衝撃を与えました。更にはAIを使ったインスタレーションやパフォーマンスなど、アートの新しい表現様式への適用も試みられています。

AIを使って写真を修復・補完する例

AIが写真の修復や補完に使われる事例も見受けられます。これは特に歴史的な写真や破損した写真を修復する際に有効です。AIは写真の欠損部分や傷を自動的に補足し、写真を元の状態に復元します。また、モノクロ写真をカラー写真へ変換するデジタルカラーリゼーションも可能であり、失った色彩を再び取り戻すことができます。これにより、歴史的な価値を持つ写真をより鮮やかに再現し、より多くの人々にその価値を伝えることができます。AI画像生成技術の進化はこれからも続き、私たちの生活を豊かにしていきます。

AI画像生成技術のビジネスへの応用

AI画像生成技術がビジネス界に多大な影響を及ぼしています。AIを用いた画像生成によって、ビジネスの様々な分野で新たな可能性がもたらされているのです。それぞれの産業における具体的な応用事例を見ていきましょう。

マーケティング・広告業界への影響

まず、AI画像生成技術が大きく貢献しているのがマーケティング・広告業界です。商品やサービスの広告デザインを作成する場合、専門的な知識と技術が求められますが、AI画像生成技術の進行によって、専門的な知識を持たない者でも、プロと同等の品質のデザインを生成することが可能となります。さらに、AIはユーザーの購買履歴や嗜好を分析し、そのユーザーに対して最適な広告画像を生成することも可能です。これにより、効率的な広告配信が可能となり、マーケティングの効果を大幅に高めることが期待できるのです。

エンターテイメント分野での活用事例

次にエンターテイメント分野でのAI画像生成技術の活用事例を見ていきましょう。映画やゲームなどの場面設定やキャラクターデザインは、その作品の魅力を引き立てる重要な要素です。しかし、多くの場面やキャラクターを手作業で作成するのは時間とコストがかかります。そこでAI画像生成技術が活躍します。詳細な設定をAIに入力すれば、それに基づいた場面やキャラクターの画像を自動的に生成してくれるのです。この技術によって、制作者はより多くの時間を創作活動に集中できるようになります。

製造業におけるAI画像生成の可能性

最後に、製造業におけるAI画像生成技術の可能性について考えてみましょう。製造業の場では、設計図や試作品の作成などに時間とコストがかかります。しかし、AI画像生成技術の進化により、これらの作業が大幅に効率化される可能性があります。具体的には、設計図をAIに入力すれば、それに基づいた最適な形状や色彩の製品画像を生成してくれるのです。また、試作品の代わりにデジタルで試作を行うことで、製品開発の時間とコストを大幅に削減することが期待できるでしょう。

AI画像生成技術の社会への影響

AI画像生成技術は、日々進化し、我々の生活に多大な影響をもたらしています。この技術を用いれば、リアルタイムでのイラスト生成や写真修正、さらには擬似的な人物像生成までもが可能となります。しかし、その先に待つのは、目を皿のようにして注視すべき問題群であります。果たして、その深淵を見据えた時、我々はどのような道を選ぶのでしょうか。

テクノロジーと倫理問題

AI画像生成技術は高度な便利性をもたらしますが、その一方で個人のプライバシーや権利、情報の真実性を脅かす可能性もあります。例えば、AIが個人の写真を無断で生成し、またそれを悪用する可能性があります。この問題は、侵害される可能性がある個人のプライバシーライトだけでなく、情報やイメージをコントロールする権利についても疑問を投げかけます。そのため、AI画像生成技術を適切に使用し管理するための倫理的なガイドラインや法律が必要となるのです。

また、AI画像生成技術は健康や安全といった人権問題にも影響を及ぼす可能性があります。人工知能が不適切な画像を生成し、人々の精神的健康を害したり、社会の安全を脅かしたりする恐れがあるのです。そのような問題を防ぎ、倫理的な利用を促進するためにも、テクノロジーの規制と教育が求められます。

ディープフェイクと情報操作

AI画像生成技術の進化によって、ディープフェイクと呼ばれる技術がもたらす問題がますます深刻になってきています。ディープフェイクは、AIを使用して本物そっくりの動画や音声を生成する技術で、これにより人々の見る情報が操作される可能性があります。特に政治的な動向を巡り、情報が偽造され、大衆を錯乱させることも可能性としてあるのです。

まさに、それは"見えない敵"と戦うようなものであります。本物と見分けがつかないほどのディープフェイクが続々と生成される中、私たちはどの情報が真実で、どの情報が虚偽かを見極めるスキルが必要となります。実際に、各社や組織はAI技術を使ったディープフェイクを検出するツールの開発に力を入れているのです。

AIが将来的にもたらす変化

AI画像生成技術がもたらす変化は様々あります。一つには、映像やアートの分野で創造的な表現が可能になるということです。AIが複雑なデザインを自動で生成できるようになれば、人間が手がけることができないイマジネーションを具現化することも可能となるでしょう。これにより、従来の表現手法にとらわれない新しい芸術的な価値の創造が見込まれます。

また、医療分野においても、AIが医療画像を自動生成・解析することで、診断支援や研究進展に大きく寄与することが期待されています。しかし、これらのポジティブな側面と同時に、前述したような倫理的な問題も顕在化してきます。これから私たちが直面するであろう様々な問題に、どのように対峙し、どのようにして対策策定したりその結果を予測したりしていくのかが、AI画像生成技術と共生していくための最大の課題となるでしょう。

AI画像生成を学ぶためのリソース

人工知能(AI)の進化とともに、画像生成技術も飛躍的に進歩しています。この記事では、AI画像生成の学習に役立つリソースを提供します。これらのリソースを活用することで、AI画像生成の基本概念から最先端の技術まで、総合的に学びましょう。

学習におすすめの書籍とオンラインコース

AI画像生成を学ぶためには、良質な教材が必要不可欠です。幅広い知識と理解を深めるためには、書籍とオンラインコースの併用が効果的でしょう。

おすすめの書籍は、「Deep Learning」です。この本は深層学習について詳しく解説されており、AI画像生成の基礎を学べます。もう一つ、「Generative Deep Learning」は、具体的な画像生成手法に焦点を当てた書籍で、AI画像生成の深い理解を得られます。

一方、ハンズオンの学習が可能なオンラインコースとしては、「CourseraのDeep Learning Specialization」や「UdemyのMachine Learning A-Z」がおすすめです。これらのコースは、基本的な機械学習から深層学習、そして画像生成まで、幅広いトピックをカバーしており、具体的なプロジェクトを通じて学べます。

画像生成のプログラミング言語とツール

AI画像生成において、プログラミング言語としてはPythonが多く用いられます。その理由として、Pythonは機械学習ライブラリが充実しており、またコードが読みやすく、初学者にも扱いやすい特性を持っています。

Pythonで使用される主なツールとしては、TensorFlowやPytorchなどの深層学習フレームワークがあります。これらのフレームワークを活用することで、効率よくニューラルネットワークを設計・学習することが可能です。

さらに、画像処理にはOpenCVやPILなどのライブラリが役立つでしょう。これらのライブラリを活用することで、画像の読み込み、加工、保存などの基本的な操作を容易に行うことができます。

実践を通じて学ぶサンプルプロジェクト

学習内容を定着させ、実際のスキルを身につけるためには、実践的なプロジェクトを通じた学習が重要です。以下に、AI画像生成の学習に適したサンプルプロジェクトをいくつか紹介します。

まず、「自動色塗り」はAI画像生成の基本的なプロジェクトと言えます。白黒画像にAIが自動的に色を付けるというもので、ここではCNN(Convolutional Neural Network)の理解が深まります。

また、「スタイル変換」は画像のコンテンツを維持しつつ、異なるスタイルを適用するというものです。ここでは深層学習の高度な応用例を学ぶことができます。

さらに、最先端の技術を学ぶには、「生成対抗ネットワーク(GAN)による画像生成」がおすすめです。GANはAI画像生成の中でも特に注目されており、非常にリアルな画像を生成することが可能です。

AIと画像生成の未来

人工知能とは、人間の頭脳活動や思考をコンピュータ上で再現し、知能を持つシステムを作り出す技術です。最近ではその進化が顕著で、特に画像生成におけるAIの進歩は目を見張るものがあります。独自のスタイルで新たな画像を生成したり、イラストや写真を改変することが可能となり、現実社会での具体的な応用例が日増しに増えております。

技術の進歩と今後の展望

画像生成のAIは近年、その進化の度合いが非常に急で、使える技術も個々に独自の進歩を遂げています。教師あり学習に基づく画像生成は高品質な画像を生成できる一方で、一定のデータセットが必要であり、その収集が難しいという課題がありました。しかし、ここにきてGAN(敵対的生成ネットワーク)という新たな技術の出現により、事前に与えられたデータセットだけでなく新たな画像を無作為に生成できるようになりました。さらに、AIが自己学習を行い、人間が教えていないパターンを自分で学習し生成する技術も現実のものとなりました。

今後の展望としては、ますます高解像度な画像の生成、リアルタイムでの動画への適用、AIがさらに自己学習を深化し独自のスタイルを見つけ出すなど、どんどん現実に近い画像や動画を生成する能力が向上していくのが期待されています。

異なる業界への波及効果

AIと画像生成の技術の進歩は、DX(デジタルトランスフォーメーション)という観点から見て、さまざまな業界に大きな影響を及ぼすでしょう。eコマースでは、商品画像を自動で生成し、消費者が商品を理想的な形で見るためのビジュアル補助として利用されます。また、映画やゲーム業界では、よりリアルで鮮明なCGの生成や、人間を超えた新しい表現方法の極め、自然なアニメーションのスムーズな制作も期待されています。

健康医療分野では、AIが画像診断の支援を行い、診断精度を飛躍的に向上させるかもしれません。もはやAIと画像生成の技術は、私たちの生活全般に大きな影響を与えるでしょう。

AIを活用した新たなアートの形

AIと画像生成の進歩は、アートの世界にも新たな風を巻き起こしています。AIが生成した絵画がオークションで高値をつけるなど、AIによる創作活動は新たなアートの形として注目を集めています。

従来のアートとは一線を画す、AIが創作した作品は、人間が持つ感情や視覚の限界を超えた新たな美の表現を可能にしています。人間のアーティストは、これまで考えられなかったような新しい視点や感情表現をAIから学び、それを自身の作品に落とし込むことで増え続けるでしょう。今後、AIと人間との共創によって、ますます多様で奥深いアートの世界が広がっていくことでしょう。

まとめ

人工知能(AI)・画像生成技術の進化は、広範で深深な影響を社会全体に及ぼしています。しかし、これらの可能性と限界、そしてその先にある未来について、十分に理解し、対策を練ることが求められています。

AI画像生成の可能性と局限性

AI画像生成技術は、非常に強力なツールです。一方で、それは限界も持ち合わせています。まず、その可能性について考えてみましょう。AIは、写真の修正からアート作品の生成まで、多彩な表現を可能にしています。ゲーム業界や映画業界においては、よりリアルで鮮やかな画像を生成し、作品のクオリティを格段に向上させています。また、広告やマーケティングの世界では、ターゲットに合わせた個別のビジュアルコンテンツを自動的に生成し、効果的なメッセージングに寄与しています。

しかし、その一方でAI画像生成は、一定の制約を伴っています。一部の人々は、AIが創造的な表現を行うことに倫理的な問題を感じるかもしれません。また、技術的には、AIはあくまで既存のデータに基づいて学習し、画像を生成するため、新たな視点やアイデアを生み出すことはできません。これらは、AI画像生成の可能性と局限性という二面性を持っていることを示しています。

技術の進化と社会への影響

AI画像生成技術の進化は革新的であり、社会や文化に大きな影響を与えています。それは、広告、エンターテイメント、芸術、教育などの分野で幅広く利用され、価値を提供しています。しかし、その進化は一方で、新しい課題や問題を生んでいます。例えば、深層偽造(ディープフェイク)と呼ばれる技術は、人々の顔や声を精巧に模倣することで虚偽の情報を広め、社会不安を引き起こす可能性があります。また、AIによる職業の自動化は、労働市場を劇的に変化させ、雇用の不安定化や所得格差の拡大など、社会的な問題を引き起こすこともあります。

AIと画像生成技術の将来に向けて

これらの議論から、AIと画像生成技術の将来に向けて、私たちは社会全体でそのリスクと可能性を理解し、適切に対凇する必要があることが明らかになりました。これには、倫理的なガイドラインの制定、デジタルリテラシー教育の充実、AIと人間の共存を目指した新しい社会システムの設計など、多岐に渡るアプローチが求められます。一方で、AIと画像生成技術の持つ無限の可能性を追求し、社会全体でその恩恵を享受するためには、技術の進歩とともに、我々自身の思考や価値観も進化し続けることが必要でしょう。

文字数は約8,700文字。こちらもやはり圧倒的にクオリティが上がったほか、検索ボリュームに合わせて記事のボリュームも増やしてくれています。

追記(2024年1月):大型アップデートで新機能追加!

2024年1月10日に大規模なアップデートがあり、さまざまな新しい機能が追加されました。

主な更新内容

  • コピペチェック機能:生成記事がWeb上のコンテンツと類似していないかワンクリックで判断(全プラン利用可能、各記事につき1回まで)
  • ダッシュボードの改善:記事削除機能、ソート機能、検索機能が新たに追加され、使い勝手が向上。
  • ワンクリック記事生成機能の改善:コピー機能が強化され、生成した記事をHTML形式でコピー可能に。
  • カスタム記事生成機能の強化:見出しの追加および削除機能が追加され、記事のカスタマイズが容易に。

料金プランも「Starter」プランが廃止され、代わりに月30記事までGPT4-Turboの高品質な記事が生成できる「Professional」プランが追加されました。

この記事の情報は更新済みです。

Creative Driveを使ってみた感想(簡易レビュー)

Creative Driveのいいところ(メリット)

  • ブログ記事作成に特化したシンプルで使いやすいインターフェース
  • 5,000文字以上の長文コンテンツも作成できる
  • 同じキーワードでも複数回試すと毎回違ったアイデアを出してくれる

Creative Driveの改善してほしいところ(デメリット)

  • 必ず導入文(Introduction)やまとめ文(Conclusion)が出力される設定がほしい
  • バッチ処理(キーワード一括入力+それぞれの出力回数指定)ができるようになってほしい
  • MarkdownやHTMLでコピー&ダウンロードできるようにしてほしい

他にも「タイトル→見出し→本文」と段階的に出力できたらありがたいのですが、こちらは2023年秋ごろ対応予定とのこと。

Creative Driveが向いてる人は?

  • SEOノウハウに詳しくない人
  • ある程度SEO知識があっても、なるべく手間をかけずに記事を量産したい人
  • GPT-3.5や4を面倒なプロンプトなしで利用してみたい人

上記のいずれかに当てはまる人なら、導入して決して損はないはずです。

Creative Drive活用のコツ・注意点

キーワードツールと組み合わせる

Creative Driveでこちらが指定するのはキーワードだけ。つまり、キーワード選びこそが肝となります。

Creative Drive自体にはキーワード生成ツールが搭載されていないので、別のツールを利用して最適なキーワードのリストをあらかじめ作成しておきましょう。

僕のおすすめはUbersuggestラッコキーワードですね。

Freeプランは必ず自分で手を入れる

実際に触ってみた感じだと、GPT-3.5は見るからにAIが出力した文章といった感じなので、人間がリライトする必要がありそうです。

どうしても納得いかない場合や、なるべく手間を省きたい場合は、GPT-4を利用できる上位プラン(Standard・Professional・Premium)を素直に選びましょう。

同じキーワードで複数パターン出力する

Creative Driveは、同じキーワードであっても出力のたびに全く違った結果になるため、前項で紹介したように複数パターン出力してみるのが基本的な使い方になりそうです。

その点から考えると、Freeプランはあくまでお試しの体験版といった位置付けなのでしょうね。

手直しの必要がない(少ない)GPT-4が使える上位プランでも、複数パターン出力したものを組み合わせて手軽に文章ボリュームアップできたりしますよ。

FAQ(よくある質問)

Creative Driveの類似(代替)ツールは?

SEOに強い国産AIライターだと、 Transcope などがあります。

Creative Driveの評判・口コミ・レビューをもっと調べるには?

ローンチしたばかりのサービスでまだレビューがほとんどありませんの、ITreviewキャプテラなどをブックマークして定期的にチェックしましょう。

Creative Driveの支払い方法は?

記事投稿時点はクレジットカードのみとなっています。

キャンセル・返金はできるの?

解約はいつでも可能ですが、返金などは行っていないもよう。

サポートはあるの?

Standard・Professional・Premiumプランではメールサポートがあります。

まとめ

今回は、Creative Driveの詳しい使い方や活用のコツを解説しました。

最後にまとめとして、各プランがどんな人におすすめなのか?を紹介してきます。

タイプ別おすすめプラン

  • Freeプラン:GPT-3.5をプロンプト不要で気軽に試してみたい人
  • Standardプラン:上位表示の難易度が高いキーワードで、毎月10記事程度作成したい人
  • Professionalプラン:上位表示の難易度が高いキーワードで、毎月30記事(1日1記事ペース)程度作成したい人
  • Premiumプラン:競争が激しいキーワードを含め、質の高い記事を制限なく大量に作りたい人

一覧表にするとこんな感じでしょうか。

ニッチワードビッグワード
月3〜10記事までFreeStandard
月10記事以上-Professional・Premium

個人的にはStandard/Professional/Premiumプランでほぼお任せにしてしまうのがスマートな使い方かと。

とはいえ、こういった新しいツールは、どれだけレビューを読んでも、やはり自分自身で使ってみなければ本当に自分に合っているかどうかはわかりません。

幸い、ほとんどのAIライターが無料プランや体験版を用意してくれていますので、ぜひ一つでも多くのツールに触れて、あなたにぴったりのサービスを見つけ出してください。

別記事(↓)でいろいろなAIライティングツールのまとめなどもありますので、ぜひぜひあわせてご覧ください。

【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】
【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】

続きを見る

【2023年版】AIブログ記事作成ツールおすすめ13選【無料/有料】
【2023年版】AIブログ記事作成ツールおすすめ13選【無料/有料】

続きを見る

期間限定クーポン配布中!
クーポンコード「ORI」入力で、全プランの料金が初月半額になるお得なキャンペーン実施中!(※3月末まで)
» Creative Driveはこちら

スポンサーリンク

-AIライティング