自動収入も夢じゃない。ブログ記事作成代行サービスおすすめ3選

2021年7月1日

自働収入も夢じゃない。ブログ記事作成代行サービスおすすめ3選
読者

  • 記事作成を代行してくれる人・業者を探している。
  • アフィリエイトサイトやブログをもっと集客・収益化したい。でも、ある程度のボリュームの記事を量産する時間がない・・・。
  • SEO対策もバッチリの高品質な記事を作成してくれる代行サービスを教えて!

こんな悩みをお持ちのあなたのために、ブログ運営歴15年以上になる管理人が、おすすめの記事作成代行サービスを紹介します。

集客性の高いブログを作るのって、ホント大変ですよね・・・。

SEOをアクセスのメインにするなら、3,000文字以上の記事が少なくとも100ページくらいはほしいところ。

1記事3時間で書ける人でも、ブログが形になるまでに300時間。毎日更新でも3ヶ月以上かかってしまう計算です。

読者
そんなの無理・・・。

ほとんどの人が挫折してしまうのも無理からぬ話です。

orikasse
僕も、苦労して作成した200記事以上のブログが想定の10分の1以下のアクセスも集まらなかったときは、この仕事を辞めてしまおうかと本気で思いました。

そんなときにピッタリなのが、質の高い記事を大量かつ素早く書いてくれる「記事作成代行サービス」です。

今回はそんなブログ記事作成代行サービスの中でも、特におすすめの業者をタイプ別に3つご紹介。

ブログ記事作成を外注する際に注意すべきポイントなども解説していますので、この記事を読んで行動に移せば、自動集客・自動収入を達成することも夢ではありません。ぜひ最後までご覧ください。

※中身(コンテンツ)だけでなくアフィリエイトサイト(ブログ)全体を丸ごと作成してもらいたい方は、おすすめの制作代行サービスを別記事で紹介していますので、よろしければあわせてどうぞ。

【丸投げは可能?】アフィリエイトサイト作成代行サービスおすすめ3選
【丸投げは可能?】アフィリエイトサイト作成代行サービスおすすめ3選

続きを見る

【おすすめ】ブログ記事作成代行サービス3選

サグーワークス

サグーワークス

価格と質のバランスを重視したい方は、こちらの記事作成代行サービスがおすすめ。

総作成記事数なんと360万件(国内最大クラス)。数多くの提携ライターを抱えているだけでなく、

  • プラチナライター
  • ゴールドライター
  • レギュラーライター

といった具合にライターのレベルが選べるため、予算に合わせて最適なコスト負担を選択可能です。

料金は0.75円〜/1文字とびっくりするほど格安。

orikasse
個人的には文字単価1円未満のライターは避けたほうがいい(※後述)のですが、サグーワークスの場合、専門のディレクターによるチェックなども行われ、品質がある程度担保されるので安心ですね。

サグーワークス

Shinobiライティング

Shinobiライティング

大量の記事がいますぐ欲しい!という人は、こちらの記事作成代行サービスがおすすめ。

100記事を最短3日で納品できるという圧倒的なスピードが大きな特徴。単価も1文字1円とリーズナブルです。

ただし、ライターの質にばらつきがあるようなので、ある程度知識やノウハウがあり、しっかりとディレクションができる人が利用するといいでしょう。

\100記事を最短3日で納品!/

ALVO

ALVO

記事の内容などを担当者と細かく打ち合わせしながら作業を進めたい方はこちらのサービスがおすすめ。

フォームから発注相談をすると、専門の担当者からメールで連絡が入り、細かなヒアリングをしてもらえるのが大きな特徴。記事発注シートも作成してもらえるので、自分の要望も整理できて一石二鳥です。

テキスト装飾なども追加料金なしで頼めるので、記事投稿までの作業を最大限自動化したい人にもぴったりですね。

ALVO

おまけ:クラウドソーシングもおすすめ!

代行業者に頼む以外にも、クラウドソーシングサイトを通して個人のライターに記事作成を依頼する方法もあります。

代表的なサイトはこの3つ。

ただし、専門の代行サービスよりも当たり外れがあるので、良いライターを見極める目しっかりとしたマニュアル(仕様書)の準備などが不可欠です。

orikasse
有料トライアル(テスト記事作成)もなるべくやったほうがいいですね。

記事作成代行サービスを利用する際に気をつけるべきポイント3つ

記事作成代行サービスを利用する際に気をつけるべきポイント3つ

激安業者を選ばない

特にライティングは「安かろう悪かろう」になりやすい仕事です。

  • 文字数ばかり多く稼ごうとして、内容が凡庸・冗長でわかりにくい
  • SEOの知識が浅く、単にキーワードを羅列・多用するだけの記事があがって来る
  • 要望を無視したり平気で締め切りをやぶったりして、結局やり取りのコストがかかってしまう

こんなケースも少なくありません。

1文字単価の相場としては、

  • フリーランス(個人):2円〜
  • 代行業者(企業):3円〜

このくらいを目安に探すと、そこそこ質の高いライターが探せるのではないかと。

少しでも安くしたい心理は痛いほどわかりますが、結局「安物買いの〜」にならないよう、単価1円未満の代行サービスは注意して選ぶようにしましょうね。

マニュアルや仕様書をしっかりと用意する

読者
とりあえず書いてもらって、細かな部分は後から修正してもらえばいいや。

こんなふうに考えていると、確実に失敗します。

  • 記事テーマ
  • SEOで狙うキーワード
  • 文字数の目安
  • 画像の枚数・フォーマット
  • 納品までのフロー・スケジュール

こういった最低限のチェックポイントのほかにも、さまざまな要望・仕様を事前にまとめ、発注時にあらかじめ伝えておくことが大切です。

orikasse
場合によっては、見出し一覧や原稿のたたき台まで用意することもあります。

仕様書やマニュアルは、エクセルなどであらかじめ用意しておくと、自分で記事を書くときにも使えて便利。

ネットを探すと便利なテンプレートなども見つかるので、適宜活用しましょう。

ブログ記事作成に役立つ、事前準備シートを販売します SEOに強いブログ記事を書くためのメソッドを詰め込んでいます | 文章・記事の書き方・相談 | ココナラ

即効性を求めすぎない

SNSなどでバズを狙う記事と、SEOで集客する記事はまったくの別物です。

orikasse
どちらも満たす記事も不可能ではありませんが、二兎を追う者はなんとやら。少なくとも作成時はどちらかに目的を絞ったほうがいいですね。

そして、SEOを狙った記事の場合、成果が出る(検索エンジンに順位が反映される)までに時間がかかる点も把握しておきましょう。

もともと集客力のないメディアで、記事公開直後のアクセスが少なくて当然。安易にライターさんを責めないように。

※ただし、業者によっては、質の低い記事に対する言い訳としてSEOを持ち出すケースもあるのでご注意を。

結論:ブログ超初心者にはオススメしない。

上記のポイント3つから何となくお分かりの方もいるかと思いますが、少なくとも最低限のブログ・SEO知識すらない超初心者は、記事作成代行サービスの利用はおすすめできません。

orikasse
記事や業者の優劣が判断できないですからね。

記事作成代行サービスを最も効果的に活用できるのは、

読者
自分でもアフィリエイトブログの作成・運営はできるけど、外注サービスを使って収益の柱をもっと増やしたい!

こんな人ではないかと。

「完全に人任せだと、自身の成長につながらない」という意見もあるので、メインのブログを1つは自分で運営しつつ、他のブログは記事作成代行サービスを利用するというやり方がおすすめですね。

proofread-outsourcing
失敗しない文章校正を外注依頼するコツ(料金・おすすめ代行業者)

続きを見る

まとめ

まとめ

最後に、今回紹介したおすすめのブログ記事作成代行サービスをタイプ別にまとめます。

タイプ別おすすめ記事作成代行サービス

どのサービスも1〜数記事から依頼できるので、まずは試しに発注してみるのがおすすめ。

記事作成専門サービスならではの仕事のやり方やノウハウなど、非常に多くのことが学べるため、料金以上に得るものが多いはず。ぜひぜひ。

orikasse
下手なブログ塾に通うよりも、ずっとレベルアップできますよ。
orikasse
orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。
Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです)

最後までご覧いただきありがとうございました。また別記事で会いましょう。

関連記事

-ライターの仕事術