【2022年版】ブログ記事作成代行サービスおすすめ13選|比較・選び方解説あり

2021年7月1日

【2022年版】ブログ記事作成代行サービスおすすめ13選|比較・選び方解説あり

ブログ記事作成の難易度は、以前と比べて確実にアップしています。

書きたいことを好きなように書くだけでアクセスを集められた時代はとっくの昔に終わり、ニッチなジャンルであっても質の高い記事が求められるようになってしました。

しかも、記事を作成したらそこで終わりではありません。

時代の変化や新しい知識・考え方に合わせて定期的に内容をアップデートしていかないと、あっという間に無数のライバルの中にコンテンツが埋もれてしまうのです。

既存記事を適切に更新しつつ、ハイクオリティな新しい記事も都度追加していく・・・。

ただでさえ日々のあれこれに忙しい僕らに、そんな時間的余裕なんてないですよね。

そんなニーズに応えて近年増加しているのが、記事作成を代行してくれる専門サービスです。

今回は、そんなブログ記事作成代行サービスのおすすめを厳選して紹介します。

具体的な選び方や活用法も解説しているので、ブログ運営に悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

コスパの良い記事作成代行サービスをお探しの方に。
1文字1円から気軽にオーダーできる『WITH TEAM記事作成』がおすすめ。今なら新規注文で3,000円off。
» WITH TEAM記事作成はこちら

ブログ記事作成代行サービスのおすすめはどれ?(13選)

WITH TEAM記事作成

WITH TEAM記事作成
©SAKURABO

おそらく最も万人にオススメできるのが、 WITH TEAM記事作成 ではないかと。

スタンダードな記事作成代行サービスのほか、あえて校正作業をカットすることでリーズナブルな価格を実現したバックリンク用記事作成プランや、校正(文章チェック)のみを行ってくれるプランなど、用途にあわせて最適なサービスを選べるのが大きな特徴です。

プランによってライターの質やランクに差を付けていないので、どのサービスでも目的にあったクオリティの高い記事を作成してもらえるのもポイントですね。

品質を維持するために1ヶ月にオーダーできる記事数を8,000記事までに限定していますが、ほとんどの人はこれでも十分では?

価格・料金

  • オリジナル記事作成代行:1文字1円〜
  • バックリンク用記事作成代行:1文字0.9円〜
  • 大量記事作成代行:1文字0.75円〜
  • 記事校正&チェック代行:1文字0.4円〜
  • サテライトサイト作成代行:1サイト6,000円〜

この記事を投稿した現在、新規注文で3,000円割引(最大50%off)のキャンペーンを実施中なので、この機会にお得に試してみては?

ALVO

ALVO
©ALVO

作業担当者(ライター)とこまめにやり取りをしたい人は、 ALVO がおすすめです。

原稿作成やコピペチェック、校正といった基本的なサービスのほか、テキスト装飾や特定フォーマット納品なども追加料金なしで対応していくれるのが大きな特徴です。

記事への画像挿入なども、フリー素材を活用することで格安で作業してもらえます。

案件ごとにしっかり担当者がつき、ライターと直接コミュニケーションが取れるので、要望を正確に反映した記事が作成してもらえるのもポイントですね。

ただし、プランによってライターのランクを変えており、安さを追求しすぎるとやり取りに手間がかかる恐れもあるので注意しましょう。

価格・料金

  • ベースプラン(ブロンズ):1文字1.5円
  • ベースプラン(シルバー):1文字3.0円
  • ベースプラン(ゴールド):1文字4.5円

記事数は5件からオーダー可能で、テストライティングの相談にも乗ってくれるようなので、まず一度試してみては?

stellar

stellar
©stellar

SEOで確実な成果を最重視する方は、 stellar がおすすめです。

単なる記事作成代行サービスではなく、KPI・KGI達成を主眼においたコンテンツマーケティングサービスを提供してくれるのが大きな特徴です。

オウンドメディア運営のコンサルからSEO対策まで、総合的な戦略を含めて「成果を上げる」ための的確なサポートをしてもらえます。

そのぶん料金が少し高めなので、サテライトサイトなどには向いていないかもしれませんが、成果を重視したメインサイトにはピッタリでは?

価格・料金

  • ライトプラン:1文字4円
  • スタンダードプラン:1文字6.5円
  • ハイコンテンツプラン:1文字9円

効果がない(成果が見込めない)案件は向こうから断ってくれるようなので、自分の戦略が間違っていないか?を確認する上でも、一度相談してみるといいかもしれませんね。

stellar

Marunaget(丸投げっと)

Marunaget(丸投げっと)
©Marunaget

記事作成だけでなく、元となるサイトの制作も丸ごと頼みたい人は、 Marunaget がおすすめです。

その名の通り、キーワード選定からコンテンツ企画、デザインやロゴ・メイン画像まで含めたアフィリエイトサイト作成を丸ごとお任せできるのが大きな特徴です。

サイトはWordPressで制作してもらえるので、管理も簡単です。

記事数自体は最大でも30件程度(案件+コラム)なので、中・大規模サイトには向いていないかもしれませんが、商材ごとに独立した集客サイトを作りたい人にはぴったりですね。

価格・料金

  • ライトプラン:78,000円
  • スタンダードプラン:138,000円
  • ゴールドプラン:178,000円

SEO対策だけでなく、リスティング広告の運用代行もオプションで対応してくれる(※Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定 アドバンスト取得者在籍)ので、短期間で成果を上げたい人はお願いしてみては?

Commit

Commit
©Commit

Commit 「丸ごとお任せ」が特徴の制作代行サービスです。

サイト制作を担当するのは、実績(ASPのサイトコンテスト入賞など)のあるプロアフィリエイターというのがポイント。

忙しい人向けに、オプションでWordPressのインストール・設定なども代行してもらえるだけでなく、納品後の管理・保守や定期的な新規記事追加なども対応してくれます。

価格・料金

  • シンプルプラン:79,000円
  • スペシャルプラン:139,000円
  • プロフェッショナルプラン:179,000円

追加記事作成のオプションはちょっと料金が高めなので、こちらではベースのサイト制作だけしてもらって中身は他のサービスを組み合わせるというやり方もおすすめですね。

リファイド

リファイド
©Leaf-Hide

予算がかかってもいいので、より本格的なメディアを運営したい方は、リファイドがおすすめです。

月間60本以上のニュース記事や、検索流入向けのコラム記事など、目的に合わせたコンテンツマーケティングプランを提供してくれるのが大きな特徴です。

初期費用10万円〜とそれなりに料金がかかってしまいますが、法人用途で継続性も重視したマーケティング運用をしていきたいなら検討する価値ありですね。

リファイド

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム
©記事作成代行ドットコム

リファイドと同様に10年以上の実績を誇る老舗サービスが、記事作成代行ドットコムです。

原稿作成だけでなく、電話インタビューやテープ起こし、アンケート記事の制作などにも対応してもらえるのが大きな特徴です。

料金も(バックリンク用記事作成なら)1文字1円から請け負ってもらえますよ。

記事作成代行ドットコム

サグーワークス

サグーワークス
©Willgate

なるべく数多くのライターから、目的にぴったり合った人に制作をお願いしたい人は、サグーワークスがおすすめです。

こちらは独自のランク制度で提携ライターをレベル分けしているのが大きな特徴です。

最もシンプルな記事作成のみなら1文字0.75円〜と最安クラスなので、他は全て自分でやるつもりなら利用してみるといいかもしれませんね。

サグーワークス

Shinobiライティング

Shinobiライティング
©CROCO CORPORATION

サグーワークスと同様か、それ以上に多くのライターを抱えているのが、Shinobiライティングです。

こちらはブラウザで利用できる専用の発注ツールが用意されているのも大きな特徴です。

姉妹サービスとしてアンケート実施や個別取材などに対応しているのもポイントですね。

料金も1文字1円〜とそこそこリーズナブルなので、細かなやりとりが面倒な方は試してみては?

Shinobiライティング

エディトル

エディトル
©Willgate

エディトルは、前述のサグーワークスも運営する株式会社ウィルゲートによるコンテンツマーケティングサービスです。

記事作成代行というよりも、社外に丸ごとコンテンツ制作・編集チームを持てるといった印象のトータルサービスを提供してくれます。

初期費用30万円+月額6万円となかなかコストがかかるので、個人用途には向いていませんが、競争が厳しい業界で本格的なオウンドメディアを持ちたい会社なら、このくらいの投資はしないとダメなのかもしれませんね。

エディトル

クラウドワークス

クラウドワークス
©CrowdWorks

多少手間はかかってもいいので、直接ライターを選んで仕事を発注したい人は、 クラウドワークス がおすすめです。

実績やポートフォリオを比較しながら、直接ライターに仕事を発注できるほか、予算と作業内容を指定して広く募集をかけることも可能です。

「ライティング・記事作成」の専用カテゴリが用意されているだけあって、クラウドワーカーの数が非常に多いのもポイント。

文字単価もピンキリですが、専門業者などに比べれば比較的安価に仕事が発注できます。

公式サイトでサービスの利用方法や相場などの情報が載った資料を無料ダウンロードできるので、まずはこちらをチェックしてみては?

ランサーズ

ランサーズ
©lancers

クラウドワークスのライバルともいうべきサービスが、 ランサーズ です。

こちらも「記事コンテンツ・ブログ作成」の専用カテゴリが用意されており、登録ライターの数も非常に豊富です。

得意ジャンルなどもはっきりわかるので、目的にあわせて発注先を選ぶことができます。

もちろん記事作成だけでなくデザインや設定などもお願いできるので、制作から管理まで丸投げすることも可能です。

クラウドワークスと非常に似ていますが、登録ライターが被っていないケースもあるので、なるべくなら両方登録してチェックするのがおすすめですね。

ココナラ

ココナラ
©coconala

もっと手軽にクラウドソーシングサービスを利用したいなら、 ココナラ がおすすめです。

最低出品単価が低く設定されているため、本当にちょっとしたお仕事から発注できるのが大きな特徴です。

「記事・Webコンテンツ作成」のカテゴリには5,000人以上のライターが登録しており、独自のPRO認定を受けた者だけに限定して探すこともできます。

今なら無料会員登録ですぐに使える300円割引クーポンがもらえるので、気になる方は今すぐチェックを。

なぜブログ記事作成代行サービスを利用するのか?(3つのメリット)

なぜブログ記事作成代行サービスを利用するのか?(3つのメリット)

質の高いコンテンツが作成できる

オウンドメディア(ブログ)のコンテンツの質は、企業や個人のブランディングと密接に結びついています。

記事の質が悪いと、読者は無意識にそのメディアを保有するあなたの評価も下げてしまいます。

しかし、質の高いコンテンツを作成するのは、簡単なことではありません。

  • 情報の網羅性・独自性
  • 論理的で伝わりやすい構成
  • 誰でも理解しやすく、簡潔な文章

これらすべてを満たすブログ記事を素人で用意するのは非常に困難です。

ブログ記事作成代行サービスなら、ライティングのプロがあなたのブランドを高めるハイクオリティなコンテンツを作成してくれます。

アクセス数や知名度をアップできる

せっかく質の高い記事を作成しても、Googleの検索結果で上位表示できないと、ターゲットとなる読者(想定顧客)にコンテンツを目にしてもらう機会すらつくれません。

適切なキーワードで狙って上位表示させるには、単に文章が上手いだけではダメです。

ブログ記事作成代行サービスなら、SEOの知識豊富な専門家が、あなたのサイトやブログに理想の読者を呼び込むための最適なコンテンツを作成してくれます。

作業時間を他のことに使える

あなたが時間を使うべきなのは、本当にブログ記事の作成なのでしょうか?

素人であるあなたが無理をして記事作成に時間を使ったとしても、専門家の何倍も手間をかけたのに肝心の質は到底敵わない・・・といった事態に陥るのは明白です。

それならば、苦手なことはその道のプロに任せて、自分にしかできないこと(自分がやるべきこと)に集中すべきなはず。代行サービスはそのためにこそ存在するのです。

良いブログ記事作成代行サービスの条件(5つのポイント)

良いブログ記事作成代行サービスの条件(5つのポイント)

料金

やはり多くの人が気になるのが、料金ではないでしょうか。

とはいえ、単純に料金だけで比較すると失敗してしまいます。

それぞれのプランはサービス内容やライターのランクなどにより適切に料金設定されているので、目的にあわせてバランスやコスパの良いサービスを選ぶようにしましょう。

納期

お金を払う仕事である以上、納期は非常に重要な要素です。

特にSEOを重視した記事の場合、順位に反映されるまでにそれなりに時間がかかるので、納品が遅くなれば、それだけ収益が得られるタイミングが遠のいてしまいます。

ただし、あまり納期を優先しすぎると、細かな意思疎通ができなかったり満足いく成果が得られなかったりといった恐れもあるので、なるべく余裕を持って納期を設定しておきましょう。

SEO

リスティング広告やSNSマーケティングを併用しない限り、集客手段は検索エンジン流入に頼らざるを得ません。

おそらくどのサービスも(説明に明記していなくても)当然のごとくSEO対策を前提とした記事作成を行ってくれるはずですが、念のためオーダー時に確認しておきましょう。

サイト・ブログ制作

これから新しいサイトやブログを作ろうと考えている人は、せっかくならそちらの制作も外注してみるのはいかがでしょうか?

記事作成代行サービスがそのままサイト・ブログ制作も請け負ってくれるケースもありますが、そうでない場合は、クラウドソーシングサイトで別に頼むという選択肢もアリです。

既にサイトやブログを持っている人も、この機会にリニューアルを検討してみるのもおすすめですね。

オプションサービス

同じようなブログ記事作成代行サービスでも、どこまで対応してくれるかはそれぞれ異なります。

  • 文章校正
  • コピペチェック
  • 画像挿入
  • 装飾
  • WordPress直接納品(投稿)

これらは料金プランに含まれているケースもあれば、オプションになっている場合もあります。

他にも、

  • SEOキーワード選定
  • meta description作成
  • インタビュー取材
  • 文字起こし
  • サテライトサイト制作

こういったサービスに対応してくれるところもあるので、用途に応じて適切に組み合わせましょう。

ブログ記事作成代行サービスの選び方(簡易比較あり)

ブログ記事作成代行サービスの選び方(簡易比較あり)
項目専門代行業者クラウドソーシング
メリット・質が安定
・短納期対応
・料金が安め
デメリット・相場が高め・手間がかかる
・質が玉石混交

専門代行業者のメリット・デメリット

ライターの選定や指示出しなどのやり取りまで一括で代行してくれるのが専門業者の特徴です。

今回紹介した中だと、

  • WITH TEAM記事作成
  • ALVO
  • stellar
  • Marunaget
  • Commit
  • リファイド
  • 記事作成代行ドットコム
  • サグーワークス
  • Shinobiライティング
  • エディトル

上記が該当します。

※サグーワークス・Shinobiライティング・エディトルは、ライタープロダクション的な側面が強め。

メリット

  • クオリティが安定している
  • 短納期にも対応してくれる

デメリット

  • 料金が高め

クラウドソーシングサイトのメリット・デメリット

クラウドソーシングサイトは代行業務は最低限しか行わず、ライター選定ややり取りは発注者が直接行う必要があります。

今回紹介した中だと、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

この3つが該当します。

メリット

  • 比較的安価
  • ニッチジャンルの専門ライターが探せる
  • 信用がある程度は担保されている

デメリット

  • 手間がかかる
  • クオリティが玉石混交

失敗しないブログ記事作成代行サービスの使い方(5つの手順解説)

失敗しないブログ記事作成代行サービスの使い方(5つの手順解説)

1:まずは相談してみる

いきなりオーダー(依頼)するのはハードルが高い・・・という人は、その前に公式サイトから詳細を問い合わせてみるのがおすすめです。

ほとんどのサービスは無料相談窓口が用意されていますし、専用の窓口がなくても問い合わせフォームなどから、

◯◯のようなサイトを運営している(作りたい)が、どんな記事をお願いすればいいか?

といった質問をすれば、しっかり対応してくれるはず。

その際のやり取りから、コミュニケーションの丁寧さや対応の早さなどを判断することもできますね。

2:優先順位や目的を明確にする

記事作成を依頼する目的が明確でないと、依頼を受けた側もどういった点を重視して制作を行えばいいかわからりません。

「とにかく少しでも多くのアクセスを」といった曖昧な要望ではなく、「◯◯までに◯◯というキーワードで◯位以内に入る」のように具体的な数字で目標を設定するのが、失敗しないコツです。

こういった相談にもおそらく乗ってもらえるはずなので、何にせよとりあえず気軽に問い合わせてみるのがおすすめですね。

3:発注書をしっかり準備する

とりあえず書いてもらって、細かな部分は後から修正してもらえばいいや。

こんなふうに考えていると、確実に失敗します。

  • 記事テーマ
  • SEOで狙うキーワード
  • 文字数の目安
  • 画像の枚数・フォーマット
  • 納品までのフロー・スケジュール

こういった最低限のチェックポイントのほかにも、さまざまな要望・仕様を事前にまとめ、発注時にあらかじめ伝えておくことが大切です。

場合によっては、見出し一覧や原稿のたたき台まで用意することもあります。

仕様書やマニュアルはエクセルなどであらかじめ用意しておくと、自分で記事を書くときにも使えて便利です。

ネットを探すと便利なテンプレートなども見つかるので、適宜活用しましょう。

ブログ記事作成に役立つ、事前準備シートを販売します SEOに強いブログ記事を書くためのメソッドを詰め込んでいます | 文章・記事の書き方・相談 | ココナラ

4:激安業者を選ばない

特にライティングは「安かろう悪かろう」になりやすい仕事です。

  • 文字数ばかり多く稼ごうとして、内容が凡庸・冗長でわかりにくい・・・。
  • SEOの知識が浅く、単にキーワードを羅列・多用するだけの記事があがって来る・・・。
  • 要望を無視したり平気で締め切りをやぶったりして、結局やり取りのコストがかかってしまう・・・。

こんなケースも少なくありません。

少しでも安くしたい心理は痛いほどわかりますが、結局「安物買いの〜」にならないよう、ことさらに「低価格」ばかりを押してくるサービスはなるべく避けるようにしましょう。

5:長期的視点で成果を見る

SNSなどでバズを狙う記事と、SEOで集客する記事はまったくの別物です。

どちらも満たす記事も不可能ではありませんが、二兎を追う者はなんとやら。少なくとも作成時はどちらかに目的を絞るべきです。

SEOを狙った記事の場合、成果が出る(検索エンジンに順位が反映される)までに時間がかかる点も把握しておきましょう。

もともと集客力のないメディアでは、記事公開直後のアクセスが少なくて当然です。安易にライターさんを責めないように。

ただし、業者によっては質の低い記事に対する言い訳としてSEOを持ち出すケースもあるので、ご注意を。

まとめ

どのブログ記事作成代行サービスがあなたにとって最適なのか?は、あなたの目的や予算等によって異なります。

手順解説のところで紹介したように、まずは各サービスが実施している無料相談を利用するのがおすすめです。

なるべく複数のサービスに問い合わせてみると、それぞれの違いがより明確になりますよ。

最後に、目的別のおすすめ代行サービスをまとめておきます。

目的別おすすめ記事作成代行サービス

また、記事投稿時点で以下のキャンペーンが実施されているので、気になる方はお早めのチェックをぜひ。

現在実施中のお得なキャンペーン

  • WITH TEAM記事作成 :新規注文3,000円off+『コピペリン』無料プレゼント&ライセンス延長キャンペーン
  • ココナラ :無料会員登録で300円クーポンプレゼント

あなたのライバルとなるGoogle上位表示記事たち(特に企業のオウンドメディア)は、当然のようにこれらの代行サービスを使いこなしているはず。

彼らに遅れを取らないためにも、より積極的な情報収集をぜひ。健闘をお祈りします。

コスパの良い記事作成代行サービスをお探しの方に。
1文字1円から気軽にオーダーできる『WITH TEAM記事作成』がおすすめ。今なら新規注文で3,000円off。
» WITH TEAM記事作成はこちら

-ライターの仕事術