【2022年版】おすすめのシナリオ本・脚本集13選|脚本家・シナリオライターになろう!

リンクの一部にアフィリエイト広告を使用しています。

【2022年版】おすすめのシナリオ本・脚本集13選|脚本家・シナリオライターになろう!
  • シナリオ本や脚本集を探している。
  • どうしても上手くシナリオ・脚本が書けない。そもそも腕が足りていないの? 今すぐできる改善ポイントはないの?
  • 自分のレベルや目的に合ったシナリオ本・脚本集を教えて!

そんな悩みをお持ちのあなたのために、おすすめのシナリオ本や脚本集について解説します。

この記事でわかること

  • テーマ(目的)ごとにおすすめのシナリオ本・脚本集がわかる
  • シナリオライター・脚本家になり、成功するための本の使い方がわかる
  • 本以外にどんなものが活用できるか?もわかる

この記事を読めば、自分に合ったシナリオ本や脚本集が手に入り、あなたのスキルアップに大いに役立つはず。ぜひ気になるところだけでも読んでいってくださいね。

関連記事
【必読】現役作家おすすめ!小説の書き方が学べる本7選【初心者OK】
【必読】現役作家おすすめ!小説の書き方が学べる本7選【初心者OK】

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめのシナリオ本・脚本本10選

3年でプロになれる脚本術(初心者向け)

¥1,400 (2024/03/01 14:04時点 | Amazon調べ)

初心者が最初に手に取る本として手軽なのが『3年でプロになれる脚本術』です。

「結婚できない男」「梅ちゃん先生」などで知られる尾崎将也氏が、脚本家の仕事について自身の経験を踏まえわかりやすく解説してくれます。

他の本を読み込んだ後でもう一度開くと新たな発見があったりもするので、ぜひ本棚に加えておいて欲しい一冊ですね。

シナリオの基礎技術(シナリオの書き方・基礎)

¥1,650 (2024/02/29 12:22時点 | Amazon調べ)

シナリオ・センター設立者でもあった脚本家・新井一氏によるシナリオ指南本が、『シナリオの基礎技術』です。

別の記事では同氏の『 シナリオ作法入門 』を取り上げていますが、こちらも非常におすすめ。

「基礎技術」と銘打ってはいるものの内容はかなり濃く、まったくシナリオを書いたことがない人が読んでもわからない部分があるかと思いますが、実際に書きながら何度も読み返すと非常にためになりますよ。

ゼロからの脚本術(脚本論)

10人の映画監督・脚本家たちが自身の脚本論について語っている一冊が『ゼロからの脚本術』です。

この本では「プロット構築」に焦点を絞り、それぞれがどのような考え方で脚本づくりを行っているかを具体的な作品例ともに知ることができます。

特定の人物の考え方ばかり頭に入れると偏りが生まれてしまうので、こういった形でまとまっていると便利ですね。

シド・フィールドの脚本術(ハリウッド脚本術)

脚本家として成功したいなら、ハリウッドのシナリオライティングについての知識は不可欠。『シド・フィールドの脚本術』はそんなときにぴったりの一冊です。

ジェームズ・キャメロンやテッド・タリーらを門下生に持つシド・フィールドによるこちら。「三幕構成」を軸にした極めてシステマチックな脚本術が学べます。

同シリーズは他にも2冊あるのですが、1冊だけ選べと言われたら実践的なワークブック形式の2巻目が特におすすめですね。

シナリオ錬金術(面白いシナリオの作り方)

自分の書いているシナリオがいまいち面白くない・・・という人は、『シナリオ錬金術』が良いヒントになるかもしれません。

シナリオ・センターの人気講師・浅田直亮氏によるこちらの一冊は、キャラクター・展開・シーン・セリフといった各要素ごとに、ストーリーを面白くする33のテクニックが紹介されています。

続編である『 シナリオ錬金術2 』や、『 「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方 』などもあわせておすすめですね。

性格類語辞典 ネガティブ編(キャラクター造形・表現)

フィルムアート社
¥1,430 (2024/03/01 22:05時点 | Amazon調べ)

登場人物のキャラ付けに悩んでいる方は『性格類語辞典 ネガティブ編』がおすすめです。

人間の闇(ネガティブ面)を106の項目に分類したこちら。それぞれの要因や思考、行動への表れ方などがまとめられており、動作・仕草でキャラクターの個性を表現するためのヒントが満載です。

この『類語辞典』シリーズはほかにも様々なバリエーションがあり、キャラクター造形だけでなく、台詞回しや世界観・場面設定などいろいろなところで活用できます。ぜひチェックを。

映画『プロメア』脚本集(脚本集・シナリオ集)

既存作品のシナリオを読んでみたいという人は、『映画『プロメア』脚本集』がおすすめです。

こちらが特徴的なのは、同じ脚本の「初稿」「改訂第1稿」「シナリオ決定稿」の3パターンがすべて収録されているという点。メイキング的な読み物としても面白いですよ。

普通の脚本集が欲しい人は、以下もおすすめです。

いろいろな脚本家のシナリオを見たい人は、毎年発行されている『年鑑代表シナリオ集』シリーズが便利ですね。

ゲームシナリオの書き方(ゲームシナリオ向け)

ゲーム作品のシナリオライターを目指している方は、その名もずばり『ゲームシナリオの書き方』がおすすめです。

ゲームシナリオならではのライティングのコツなど、基礎的なことがわかりやすくまとめられているので、他のジャンルからゲーム業界へ入った人にもぴったりです。

いわゆる「お約束」など、シナリオを書くうえの前提となる基礎知識が不足している方は、下記の『ゲームシナリオのための』シリーズもひと通り揃えておくと無敵ですね。

脚本家 坂元裕二(脚本が書けないときに)

¥2,750 (2024/02/29 21:19時点 | Amazon調べ)

脚本が書けないときや、シナリオライターとしての仕事に行き詰まってしまったときに手に取ってほしいのが、『脚本家 坂元裕二』です。

懐かしどころでは『東京ラブストーリー』や『最高の離婚』、最近では『初恋の悪魔』なども手掛けている脚本家・坂元裕二氏の魅力がぎゅっと詰まったこちら。俳優との対談やインタビューなども収録されており、お得感満載です。

何より氏の脚本に対する深い情熱や愛情が感じられ、とても勇気がもらえますよ。

月刊シナリオ(購読推奨)

日本シナリオ作家協会
¥2,780 (2024/02/29 12:22時点 | Amazon調べ)

何か雑誌を定期購読したい、という方は、やはり『月刊シナリオ』がおすすめです。

日本シナリオ作家協会によって1946年から毎月発行されているこちら。最新作の脚本が多数収録されているだけでなく、連載企画やインタビューなどもなかなか読みごたえがあります。

Amazonでもバックナンバーが購入できるので、気になる作品が取り上げられている号だけ入手するのもいいですね。

無料のシナリオ入手方法(公開サイト5選)

無料のシナリオ入手方法(公開サイト5選)

書籍のシナリオ集(脚本集)を購入する以外にも、団体・個人がサイトで無料公開している脚本を入手する方法もあります。

ほかにもいろいろあるので、興味がある方はチェックしてみては?

本を活用してシナリオライター・脚本家になるには?(失敗しないための5つのコツ)

本を活用してシナリオライター・脚本家になるには?(失敗しないための5つのコツ)
  1. 脚本家という仕事についての基礎を学ぶ
  2. 指南本片手に実際に自分でシナリオを書いてみる
  3. 執筆に必要な資料を集め、脚本に説得力を出す
  4. 有名作品のシナリオ集からアイデアのヒントを探す
  5. テクニック本は自分なりの書き方を模索する目的で手に取る

本を読んだだけで終わってしまったり、内容に振り回されないために押さえておくべきポイントはこんな感じ。

何よりも「手を動かすこと」が重要ですね。

有名なシナリオコンクール・脚本賞5選

有名なシナリオコンクール・脚本賞5選

コンクールのように「明確な〆切」がある目標を設定すると、モチベーション管理や効率的なスキルアップに役立ちます。

別記事でほかにもいろいろなシナリオコンクール・脚本賞についてまとめていますので、よろしければあわせてどうぞ。

シナリオ・脚本を募集中の公募コンテスト(コンクール)19選【コツあり】
シナリオ・脚本を募集中の公募コンテスト(コンクール)19選【コツあり】

続きを見る

【本だけでは物足りない人向け】おすすめシナリオライター・脚本講座3選

【本だけでは物足りない人向け】おすすめシナリオライター・脚本講座3選

時間や予算に余裕がある方は、専門のスクールやシナリオ講座を本と組み合わせながら学習を進めると、相乗効果でより効率的にスキルアップできます。

こちらも別記事で詳しくまとめていますので、興味がある方はあわせてチェックを。

無料あり:おすすめの脚本家・シナリオライター講座5選【社会人/学生向け】
無料あり:おすすめの脚本家・シナリオライター講座5選【社会人/学生向け】

続きを見る

おまけ:書いてから、読もう。

おまけ:書いてから、読もう。

何から始めたらいいか不安になる気持ちはわかる。痛いほど。

しかし、どんな初心者であっても、シナリオライティングがまったくの未経験であっても。本を一冊手に取るその前に、短くてもいいので脚本(らしきもの、でかまわない)を一本書いてみてほしい。

シナリオライター・脚本家を志す(とまでいかなくても興味がある)のなら、あなたの中に何かしらの書きたい「物語」がぼんやりとあるはず。余計な情報を入れる前に、それらをまず吐き出してみよう。

どれだけ拙くても問題ない。十中八九微妙な出来になるだろうし、そうでなくては本を読む意味がない。

※脚本の書き方(基本ルール)は別記事で解説しているので、そちらも参考に。

関連記事
【初心者〜中級者向け】面白いシナリオ・脚本の書き方は?|見本例やテンプレートも紹介
【初心者〜中級者向け】面白いシナリオ・脚本の書き方は?|見本例やテンプレートも紹介

続きを見る

ブログ管理人としては、「つべこべ言わず、気になる本を片っ端から買って読め」と書いたほうがアフィリエイトで稼げるので好都合なのだが、本音を言えば、これまで何も書いたことがない人は「読む」より「書く」ことを優先してほしい。

実際に書いてみてはじめて感じる、考えやイメージをうまく言葉にできないもどかしさ、魅力的なストーリーテリングの予想以上の困難さ。そんな挫折経験があなたを強くし、それこそが本から学ぶモチベーションになる。

結局、手を動かすことでしか僕らは学べない。成長できない。

とりあえず書こう。書いてから、本を買おう。そのときはこの記事のリンクから購入してくれると嬉しい。

まとめ

まとめ

今回はおすすめのシナリオ本や脚本集について解説しました。

同じジャンルの本ばかり何冊も読み漁っても仕方ないので、本選びに迷ったらとりあえず一冊(できれば各ジャンル一冊ずつピックアップ)して、しっかり読み込みましょう。

記事中で書いたように、手を動かすことも非常に大切。単に字面を追っているだけだと内容が右から左に抜けていってしまってちっとも身につきません。

記事中で紹介した講座やスクールなども上手に組み合わせて、効率的にスキルアップしていってくださいね。

あわせて読む
無料あり:おすすめの脚本家・シナリオライター講座5選【社会人/学生向け】
無料あり:おすすめの脚本家・シナリオライター講座5選【社会人/学生向け】

続きを見る

おまけ2:無料で読める本も紹介。

おまけ2:無料で読める本も紹介。

最後に、さらにおまけをもうひとつ。

タイトルに「13選」と書いてあったのに10冊しかピックアップされていなかったことに気づいたそこのあなた。良い目をしています。

というわけで、残る3冊をここでご紹介。

これらは Kindle Unlimited の加入者なら無料で読める(※記事投稿時点)ので、まずはこちらから手を出してみるのも手軽でオススメです。

大量にある小説やマンガなどもシナリオ作りの良い参考になるので、決して損はないはず。

無料で読める本のラインナップは定期的に入れ替わっているので、読みたい本が対象外にならないうちに早めのチェックを、ぜひ。

次に読む
未経験から脚本家・シナリオライターになるには?【7つの手順で解説】
未経験から脚本家・シナリオライターになるには?【7つの手順で解説】

続きを見る

次に読む
完全独学で脚本家・シナリオライターになる方法【学ぶコツ5つを解説】
完全独学で脚本家・シナリオライターになる方法【学ぶコツ5つを解説】

続きを見る

スポンサーリンク

-小説の書き方