ライターの仕事術

Udemyの評判(メリット・デメリット)をまとめてみた。

how-to-use-udemy
  • Udemyの動画講座が気になるけれど、評判はどうなんだろう・・・?
  • お金をかけて損をしたくないので、失敗しない動画講座の選び方や活用方法のコツを教えて!

こういった悩みに答える記事を書いてみました。

  • Udemyの評判まとめ(メリット・デメリット)
  • 失敗から学ぶ、Udemyの賢い使い方
  • 簡単にアタリ動画を探す方法

内容としてはこんな感じになってます。

実際にアタリ動画もハズレ動画も経験してきた筆者が、身を削って学んだUdemy活用テクニックをまとめてみました。

これを参考にすれば、世界最大級のオンライン学習サイトであるUdemyの価値をきっと引き出すことができるはず。ぜひご一読あれ。

スポンサーリンク

Udemyの評判をまとめてみた(メリット・デメリット)

ネットを調べてみると、様々な評価・レビューが散見されますが、実際に自分で動画講座をいくつか体験してみると、それらが示す意味も自ずと明らかになってきます。

総括すると、Udemyのメリットとは以下になります。

  • 時間や場所を選ばず学習が進められる
  • 学習のハードルが低い
  • 知りたいことがピンポイントで学べる
  • 講師に質問ができる
  • セールを頻繁に行っている

逆に、デメリットとしては主に次の3つが挙げられます。

  • 講師によって質がバラバラ
  • 動画を見るだけではしっかりと身につかない
  • 日本語の講座が少ない

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット:時間や場所を選ばず学習が進められる

Udemyはブラウザやアプリで利用できる学習サービスです。

パソコンやスマホさえあれば、いつでもどこでも学習が進められるため、自分に合ったペースで学ぶことができるのは大きなメリットですね。

メリット:学習のハードルが低い

学習コンテンツのメインは「動画」です。

いわゆるスクールや本(テキスト)を使った学習スタイルに比べ、再生ボタンを押せばすぐに学習が開始できる「受動型」の勉強方法は、取り組むハードルが非常に低いのがメリットのひとつです。

メリット:知りたいことがピンポイントで学べる

Udemyの動画講座は様々なジャンルごとに分けられているため、学びたいテーマを絞って効率的に受講することができます。

同じテーマでも講師によって色々なアプローチで教えてくれるので、より体系的に学ぶことも可能です。

メリット:講師に質問ができる

動画講座だけではわからないことなどがあれば、質問フォームから直接講師とコミュニケーションをとることもできます。

文章でのやりとりなので、対面での質問は緊張してしまうという人にもぴったりですね。

メリット:セールを頻繁に行っている

Udemyは月に数回、格安で動画講座を購入できるキャンペーンを行なっています。

時には、2万円を超える講座が1,000円台で購入できることもあるため、気になった講座があればタイミングを逃さずまとめて購入してしまうのも一つの手です。

デメリット:講師によって質がバラバラ

Udemyのデメリットとしては、ほぼこれに集約するかと。

やはりこういった手軽に講座が開けるサービスは、玉石混淆になってしまうのが常。中にはほとんど他の講座や本の丸パクリ、なんてものもあったりします。

ぶっちゃけそんな動画講座を作っている講師が悪いのですが、運営であるUdemyを責めたくなるのも仕方がないことなのかもしれませんね・・・。

デメリット:動画を見るだけではしっかりと身につかない

これはUdemyに限らず、他のあらゆる学習サービスに言えることなのですが、学んだ内容は実際に試してみたり、他の学びと組み合わせて知識を深めていったりしないと、なかなか身になりません。

特に動画講座は、一通り動画を見ただけで妙な満足感や達成感が得られてしまうため、勘違いしてしまうことが多いんですよね。

デメリット:日本語の講座が少ない

Udemyは海外発のサービスなので、動画の多くは英語を主としたものになっています。

日本語の講座も着実に増えてきていますが、まだまだ物足りないのが現状です(早晩解決していくとは思いますが)。

TEDやYouTubeのように日本語字幕が付いてくれるといいんですけどねぇ・・・。

失敗から学ぶ、Udemyの賢い使い方

様々なメリット・デメリットが浮き彫りとなったところで、具体的なUdemyの活用法についてまとめてみます。

僕が考える動画選び・講座活用のポイントは次の5つ。

  • 自分が学びたいテーマを明確にする
  • レビューは総合的に分析する
  • プレビュー動画をしっかりと見る
  • 動画を見る時間をちゃんと決める
  • 他の教材と組み合わせる

1つ1つ解説していきます。

自分が学びたいテーマを明確にする

Udemyで公開されている動画はジャンルもレベルも様々なので、学びたい内容が漠然としていると、自分に合った講座が選べずにミスマッチが起きてしまいます。

たとえば、Webマーケティングが学びたいなら、初歩の初歩をしっかりと身に付けたいのか、SEOや広告作成といった特定のテーマを深掘りしたいのか、など。

どんな目的(ゴール)を目指し学習するのか、あらかじめ明確にしておくようにしましょう。

レビューは総合的に分析する

それぞれの動画講座には、五つ星の評価が付いていますが、これらは視野を広げて分析しないと、特定のレビューに左右されて間違った動画選びを行ってしまいます。

星の数値だけでなく、レビューの数自体もしっかりと確認すること。良いレビューだけでなく、悪いレビューも見て、どういった講座なのかを自分なりに想像してみることが大切です。

プレビュー動画をしっかりと見る

Udemyでは動画を購入する前に、各講師が用意した無料のサンプル動画を見ることができます。

講師の喋り方なども確認できるので、声が聞き取りやすいかといった部分もしっかりと分析するようにしましょう。

動画を見る時間をちゃんと決める

実際に動画を購入し、学習を進めていく際には、毎日動画を見る時間をしっかりとスケジュールに入れておくのがおすすめです。

いつどこでも勉強できるとはいっても、学習時間が決まっていないとどうしても他の娯楽などに手を出してしまってちっと勉強が進見ません。

すき間時間は復習などに取っておいて、勉強専用の時間はちゃんと確保しておきましょう。

他の教材と組み合わせる

動画を見るだけで満足せず、学びが足りなかった部分や他に気になったテーマなどがあれば、別の動画や本、通信講座といった教材を組み合わせてさらに深掘りしていきましょう。

もちろん学んだことをすぐに実践することも重要。できれば毎日の学習時間と実践用の時間を両方確保しておくのがおすすめです。

簡単にアタリ動画を探す方法

Udemyには「ベストセラー」や「最高評価」というバッジ(ラベル)が用意されています。

基準はジャンルによって異なりますが、

  • ベストセラー:そのジャンルで最も売れている講座(平均評価4.2以上)
  • 最高評価:そのジャンルで最も評価が高い講座(評価数10以上)

こんな感じ。カテゴリごとに一覧を評価で絞り込むことも可能です。

これらだけを完全に鵜呑みにするのはどうかと思いますが、選択基準の一つにはなるかと。

スポンサーリンク

失敗してもOK?(30日間返金保証アリ)

ここまで動画選びや講座受講で失敗しないためのコツを色々と紹介してきましたが、その必要はなかったかもしれません。

なぜなら、Udemyはすべての動画講座に30日完全返金保証が付いているから。

購入した動画に満足できなかったら、代金を返金してもらうことができるので、たとえ失敗したとしても安心というわけです。

すべての動画をダウンロードしてしまうと返金してもらえない可能性があるので、心配な方は動画を一つずつダウンロードしましょう。

結論:Udemy=YouTube以上、通信講座未満

僕にとって、UdemyはYouTube以上、通信講座未満の学習サービスととらえています。

これは単純なサービスとしての質ではなく、手軽さや講座内容、受講者の学習意欲(本気度)などを総合的に判断したものになります。

  • YouTube:無料。興味を持つきっかけ作りにおすすめ
  • Udemy:有料。基礎学習からテーマ深掘りまで用途は様々
  • 通信講座:有料。総合的にじっくりと学びたい人向け

※中にはYouTubeだけで完全独学できてしまうなんて猛者もいますが、そういった方はとりあえず置いておきます。

なかなか学習が長続きしない人は、ある程度カリキュラムのしっかりした講座に(少なくてもいいので)お金を投じて、自分なりにモチベを上げていくのがいいでしょう。

僕の場合、本気で腰を据えて学習したいテーマなら、はじめから思い切って通信講座を検討するようにしていますが、「いきなり数万、数十万とかけるのはちょっと・・・」という方は、Udemyを活用するのがおすすめです。

自分の性格や学習スタイルだと、お金と時間をどこに投資するのが最適か。

あなたなら何を選びますか?

今回の記事でおすすめしたオンライン動画学習サービス

スポンサーリンク

関連記事はこちら

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。

-ライターの仕事術
-,

© 2020 ライカツ