現役ライターの「ChatGPT文章作成術」9選|ライティングをどこまで効率化できるか?

2023年2月26日

リンクの一部にアフィリエイト広告を使用しています。

現役ライターの「ChatGPT文章作成術」9選|ライティングをどこまで効率化できるか?

現代のライターにとって、生産性を高め、品質の高いコンテンツを生み出すことは至上命題です。

しかし、ひらめきやインスピレーションに頼りすぎると、時間がかかってしまったり、逆に文章のクオリティが落ちてしまうこともありますよね。

そんなときに頼りになるのが、OpenAIが開発した『ChatGPT』です。ChatGPTを活用すれば、ストレスフリーでアイデアが次々と湧き上がる、革新的なライティング体験ができるかもしれません。

この記事では、ChatGPTがどのようにライターの文章作成作業をサポートしてくれるかについて具体的な方法を紹介します。

ChatGPTを使う際の注意点や、人間のライターがとるべき生存戦略についても書いていますので、ぜひ最後までご覧ください。

【無料ありえない】ChatGPT(チャットGPT)レビュー・使い方まとめ|SEOブログ記事作成に使ってみた。
【無料ありえない】ChatGPT(チャットGPT)レビュー・使い方まとめ|SEOブログ記事作成に使ってみた。

続きを見る

ChatGPTで「人間らしい」クリエイティブな文章作成をする13のプロンプト例【AIっぽくない】
ChatGPTで「人間らしい」クリエイティブな文章作成をする13のプロンプト例【AIっぽくない】

続きを見る

ChatGPTだけでAI小説を書いてみた。【アイデア出し〜文章作成のやり方も解説】
ChatGPTだけでAI小説を書いてみた。【アイデア出し〜文章作成のやり方も解説】

続きを見る

スポンサーリンク

ライターのChatGPT活用テクニック9選

アイデアブレスト

ここでは、ChatGPTを使ったアイデアブレストの具体例を紹介します。

記事のトピックについてアイデアを出す

まず、あなたが書きたい記事のトピックに関連するいくつかのキーワードを書き出します。

次に、ChatGPTに対して、そのキーワードに基づいた記事のトピックについてアイデアを出してもらいます。

ChatGPT文章作成術:記事のトピックについてアイデアを出す

タイトルのアイデアを出す

さらに、あなたが書きたい記事のトピックに基づいて、いくつかのタイトルのアイデアをChatGPTに出してもらいます。

ChatGPT文章作成術:記事のトピックについてアイデアを出す

記事のアウトラインを作成する

最後に、ChatGPTに対して、あなたが書きたい記事のアウトラインを作成してもらいましょう。

これにより、あなたが書く内容の概要を把握しやすくなります。

ChatGPT文章作成術:記事のアウトラインを作成する

これらの方法を使って、記事アイデアを簡単かつ迅速に生成することができます。

リサーチ

ChatGPTを使ったリサーチサポートの具体例は以下の通りです。

質問の整理・答えの検索

与えられた質問に関連する答えを検索してもらいます。これにより、リサーチを始める前に、質問や答えの整理を効率的に行うことができます(※間違った情報もあるので、必ず自分でも検索してみること)。

ChatGPT文章作成術:質問の整理・答えの検索

文章の要約・分析

ChatGPTは、大量の文章を要約することができます。これにより、リサーチ対象の情報を短時間で把握することができます。

ChatGPT文章作成術:文章の要約・分析

また、ChatGPTは、文章の分析にも使用できます。例えば、特定のキーワードやトピックに関連する文章を分析することができます。

ChatGPT文章作成術:トピックに関連する文章を分析する

ソースの検索

ChatGPTは、文章の類似性を検索することができます。これにより、リサーチ対象の情報に関連する文章や文献を簡単に見つけることができます。

ChatGPT文章作成術:ソースの検索

これらの具体的な例は、リサーチプロセスを効率化するためにChatGPTを活用する方法を示しています。

ただし、ChatGPTは機械学習アルゴリズムに基づいたAIであり、完全なリサーチサポートを提供するわけではありません。

必ずしもChatGPTの提案を採用する必要はありませんが、参考にすることでリサーチの品質向上に役立つでしょう。

SEO対策

ChatGPTを使ったSEO対策サポートには、以下のような具体例があります。

キーワードの選定

検索したい業界や製品についてのキーワードを入力すると、関連するキーワードを提示してくれます。これにより、より正確なキーワードを選び、競合が激しいキーワードを避けることができます。

ChatGPT文章作成術:キーワードの選定

コンテンツの最適化

ChatGPTは、関連するコンテンツを自動的に生成することができます。そのため、同じテーマで複数の記事を書く場合、ChatGPTを使って、過去の記事を参考にしてより関連性の高いコンテンツを作成することができます。

ChatGPT文章作成術:コンテンツの最適化

より適切なタイトルやメタディスクリプションを作成することもできます。

FAQの作成

ChatGPTに業界や製品についての一般的な質問を入力すると、関連する質問と回答が自動的に生成されます。これにより、より多くの情報を提供し、ユーザーの検索に応えることができます。

ChatGPT文章作成術:FAQページの作成

以上のように、ChatGPTを使ってSEO対策を行うことで、より正確なキーワード選定や関連するコンテンツの最適化、FAQの作成が可能となり、ユーザーの検索エンジンからのアクセスを増やすことができます。

キーワードの提案

ChatGPTを使うことで、関連するキーワードや見出し・文章のアイデアを自動的に提案してもらえます。

ChatGPT文章作成術:関連キーワードの提案

また、提案されたキーワードを基に、SEO対策の戦略を立てることができます。

ChatGPT文章作成術:SEO対策の戦略を立てる

記事タイプの提案

ChatGPTを使った記事タイプの提案には、以下のような具体例があります。

ニュース記事

特定のテーマやキーワードに関連する最新情報を検索し、それを元にニュース記事のタイトル、概要、本文の内容を提案してくれます。

ChatGPT文章作成術:ニュース記事

コラム記事

過去のコラム記事やそのテーマに関する議論を検索し、それを元に独自の見解や意見を提案してくれます。

ChatGPT文章作成術:コラム記事

解説記事

特定のテーマ・キーワードに関する基礎的な情報や専門的な用語などを含む本文を提案し、読者が理解しやすいような解説機を提案してくれます。

ChatGPT文章作成術:解説記事

リスト記事

特定のテーマやキーワードに関する情報を集め、それをリスト形式で整理し、読者にとってわかりやすい形で提供してくれます。

ChatGPT文章作成術:リスト記事

インタビュー記事

特定の人物やテーマに関連する質問やそのテーマに関する情報を検索し、それを元にインタビュー記事の形式を提案してくれます(※捏造ダメ、絶対)。

ChatGPT文章作成術:インタビュー記事

以上のように、ChatGPTを使って、様々な記事の種類を提案してもらうことが可能です。

これによって、読者の興味を引きやすく、より多くの読者を獲得できる多様な記事が作成できます。

記事フォーマットの提案

ChatGPTを使った記事フォーマットの提案には、以下のような具体例があります。

タイトル・見出し

主要なポイントやキーワードを含んだタイトルや見出しを提案し、記事の内容をより分かりやすく伝えるための工夫を提案してもらいます。

ChatGPT文章作成術:タイトル・見出し

箇条書き

読者が記事の内容を簡単に理解できるように、重要なポイントを箇条書きにして提供する方法を提案してもらいます。また、箇条書きの使い方を工夫して、読者が記事の内容を視覚的に理解しやすくする方法を提案してもらうこともできます。

ChatGPT文章作成術:箇条書き

画像

記事の内容に合わせて適切な画像を選択する方法を提案してもらいます。また、読者の興味を引きやすい画像を提案する方法を提案してもらうこともできます。

ChatGPT文章作成術:画像

クオート(引用)

記事の主要なポイントを強調するために、引用を使う方法を提案してもらいます。また、引用を使って記事の内容をより深く理解できるようにする方法を提案してもらうこともできます。

ChatGPT文章作成術:クオート(引用)

以上のように、ChatGPTを使って、さまざまな記事フォーマットの提案を行うことが可能です。

これによって、より分かりやすく、興味深い記事を作成し、より多くの読者を集めることができます。

自然な表現の生成

ChatGPTは、日本語の自然な表現の生成にも活用できます。以下に具体例を示します。

対話文の生成

入力:A「こんにちは、元気ですか?」

出力:B「こんにちは、私は元気です。あなたはどうですか?」

要約文の生成

入力:昨日、東京で開催されたオリンピックの開会式は、華やかで感動的なものでした。日本の伝統文化や技術を取り入れた演出は、世界中から称賛されました。

出力:東京オリンピックの開会式は、華やかで感動的で、日本の伝統文化や技術を取り入れた演出は、世界中から称賛されました。

自然な翻訳

入力:私は昨日、公園で友達に会いました。

出力:I met my friends in the park yesterday.

これらの例から、ChatGPTが日本語にもしっかり対応し、自然な表現を生成できることがわかります。

ただし、何度も言うようにChatGPTは機械学習アルゴリズムに基づいたAIであり、完全に自然な表現を生成することはできません。よって、生成された文の品質を確認することが重要です。

ネイティブスピーカーのような文章生成

ChatGPTを使って、ネイティブスピーカーのような自然な文章を生成する例をいくつか挙げます。

入力:最近、日本に行ってきました。

出力:私は最近、日本に旅行に行ったんだ。本当に美しい景色がたくさんあって、素晴らしい食べ物もたくさんあったよ。また行きたいと思っているんだ。

入力:明日は友達とピクニックに行く予定です。

出力:明日は友達と一緒にピクニックに行く予定なんだ。天気予報によると、天気が良さそうだから、とても楽しみにしているよ。準備もバッチリして、美味しい食べ物も持って行く予定だ。

入力:「最近、読んだ本が面白かったです」

出力:「最近読んだ本は、本当に面白かったんだ。主人公の人間味溢れる性格に感動し、ストーリー展開にも引き込まれた。ぜひ他の人にも読んでほしいと思っているよ」

これらの例では、ChatGPTが自然な表現を生成するために、ネイティブスピーカーのような言い回しや、口語的な表現を使っています。

また、文脈に応じた適切な単語や表現を選択することで、より自然な文章を生成することも可能です。

文章校正

以下はChatGPTを使った文章校正の具体例です。

  • 文法的なミスを修正する:文章中の主語や述語、助詞の適切な使用などをチェックして修正案を提供してもらいます。
  • 文章の表現を改善する:より自然な表現やより適切な言葉の選び方などを提案してもらいます。
  • 同じ意味を持つ適切な言葉に置き換える:より正確な言葉選びを提案してもらいます。
  • 文章の論理的なつながりを確認する:日本語の文章の論理的なつながりをチェックして、必要に応じて修正案を提供してもらいます。

ChatGPTは自然言語処理技術によって作られたAIであり、完全な校正能力を持つわけではありません。また、日本語には独自の文法や表現方法があるため、英語と同様に完璧な校正ができるとは限りません。

これまで生成してもらった文章と同様、必ずしもChatGPTの提案を採用する必要はありませんが、参考にすることで文章の品質向上に繋げる手助けとなるはずです。

ライターがChatGPTを使う際の注意点

ライターがChatGPTを使う際の注意点

ライターがChatGPTを使う上で注意すべきポイントは以下のとおりです。

ポリシーに沿って利用する

ChatGPTは倫理的な観点から、人権、倫理、法律に反するような情報を提供しないように設計されています。

ライターがChatGPTを利用する場合、ChatGPTのポリシーに従うことが重要です。

生成された文章を確認する

ChatGPTは機械学習アルゴリズムに基づく自然言語生成プログラムですが、完全に正確な情報を提供することはできません。

生成された文章には、時に誤解を招く表現や誤った情報が含まれることがあります。ライターは、生成された文章を確認し、必要に応じて修正する必要があります。

speed-proofreading
【方法は1つ】超効率的な文章校正・校閲のやり方とは?【手順は6つ】

続きを見る

ブランディングに合わせた文章を生成する

ライターがChatGPTを使用する場合、自社ブランドやコンテンツの方向性に沿った文章を生成することが重要です。

ChatGPTは、一般的な文章の生成に適していますが、特定のブランドイメージやコンテンツ方向性に沿った表現を生成するためには、ライターの創造性が必要なのです。

文章生成の利用目的を明確にする

ChatGPTは、ライターが記事のアイデアを見つけたり、リサーチを補助するために使用できますが、不適切に使用すると著作権の問題が発生する可能性があります。

ライターは、ChatGPTを使用する目的を明確にし、適切に使用するように心がける必要があります。

ChatGPTに仕事を奪われないためにライターがすべきこと

ChatGPTに仕事を奪われないためにライターがすべきこと

人間のライターは、ChatGPTなどのAIによって生成された文章とは異なる価値を提供できます。

以下は、人間のライターがChatGPTに仕事を奪われないためにすべきことの例を挙げてみます。

ライティングの品質を高める

人間のライターが持つクリエイティブな思考や、文脈に合わせた適切な表現、読み手に伝わるストーリー性などは、まだまだAIには及ばない部分です。

そのため、ライターは自らのスキルや文章の品質を高めることに注力し、独自性や魅力を持ったコンテンツを提供することが重要です。

【文章の書き方・完全解説】読みたいと思わせる文章を書く19のコツ

続きを見る

writing-skills-training-app
スマホで文章力アップ!おすすめの文章トレーニングアプリ10選【無料】

続きを見る

他の分野の知識を取得する

ライティングの分野だけでなく、マーケティングやSEOなど、他の分野の知識を取得することで、総合的なサービスを提供することができます。

例えば、SEO対策のためのキーワードリサーチや、クライアントのブランディングに関するアドバイスなど、提供できる価値を増やすことができます。

【意味ない?】Webマーケティングスクールの評判+おすすめ13選比較(無料あり)
【意味ない?】Webマーケティングスクールの評判+おすすめ13選比較(無料あり)

続きを見る

【無料あり】SEOライティング講座11選|現役Webライターがおすすめ!
【無料あり】SEOライティング講座11選|現役Webライターがおすすめ!

続きを見る

カスタマイズされた提案を行う

ChatGPT(AI)にとって、クライアントの要望やブランドイメージに合わせた文章を作成することは困難です。

そのため、ライターはクライアントの要望を理解し、カスタマイズされた提案を行うことが求められます。

クリエイティブな提案を行う

人間のライターは、独自性や創造性を持った提案を行うことができます。

例えば、特定のトピックに関連する切り口や、斬新なアイデアなど、読者の関心を引くような提案を行うことができます。

おすすめの参考本

¥1,144 (2024/04/20 00:29時点 | Amazon調べ)

これらの書籍から、AI時代に私たち人間が社会で生き残っていくためのさまざまなヒントが学べます。

まとめ

まとめ

この記事では、ChatGPTを活用した文章作成について、さまざまな視点から紹介しました。

ChatGPTを使えば、より効率的かつクオリティの高いライティングが可能になるだけでなく、新しいアイデアや表現方法が発見できる可能性を秘めています。

しかしながら、ChatGPTを使ったライティングにも限界があります。

自分自身のアイデアや経験を積み上げることで、より深い知見や洞察力を獲得することが何よりも大切です。ChatGPTを有効に活用しながら、自分自身のライティングスキルを高めていくことが、より魅力的なコンテンツを生み出すための道なのです。決して、AIと敵対することなく。

もっと効率的でクオリティの高いAIライティングを求めるなら、他のAIツールもぜひ試してみましょう。

【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】
【2023年版】現役ライターおすすめAI文章作成サイト・アプリ13選|本音レビュー・使い方解説あり【無料/有料】

続きを見る

上記の記事で、あなたにぴったりなAIライターを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

-AIライティング