英文作成

【無料あり】大きいサイズもOK!PDF翻訳アプリおすすめ5選

読者

  • PDFの文章を翻訳したい!
  • いちいち文章を翻訳ソフトに打ち直すのは面倒くさい。コピペも試してみたけど、うまくいかなくて・・・。
  • 大きいサイズのファイルもしっかり対応してくれるPDF翻訳アプリを教えて!

こんな悩みをお持ちのあなたのために、おすすめのPDF翻訳アプリを解説します。

英語の文章ファイルって、扱いに困りますよね・・・。

一般的な文書データならテキストをコピペすれば翻訳もすぐにできるのですが、PDFだとそう簡単にはいきません。

  • 文章量が多すぎてコピペしづらい
  • コピペすると余計な改行が入ってしまう
  • ファイルが重すぎて翻訳ツールが対応していない

などなど、多くの壁が立ちはだかり、どうにもうまくいきません。

そんな方のために、今回はさまざまなニーズに対応したおすすめのPDF翻訳アプリをまとめてみました。

読者
PDF翻訳を試してみたけど、レイアウトが崩れてしまったり情報漏洩のリスクなどが心配になってしまう・・・。

こういった方への解決策も用意していますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

PDFの文章を翻訳してくれるアプリ5選【無料/有料】

Google翻訳(無料・オンライン)

Google翻訳

みなさんおなじみのGoogle翻訳。

実は、テキスト翻訳だけでなくファイル翻訳にも対応しているって知っていましたか?

対応ファイルも非常に豊富で、

  • doc・docx
  • odf
  • pdf
  • ppt・pptx
  • ps
  • rtf
  • txt
  • xls・xlsx

といったさまざまなファイルをアップロードするだけで、さまざまな言語に自動翻訳してくれます。

翻訳精度もさすがGoogle。なかなかのクオリティです。

以前は1MBまでのファイルしか対応していなかったのですが、現在は10MBまでOKなもよう。それよりも大きなPDFファイルを翻訳したい場合は、事前にサイズを圧縮してから利用するようにしましょう。

欠点としては、元のPDFのレイアウトが崩れてしまう点。このあたりが解消されれば申し分ないんですけどねぇ・・・。

Google 翻訳

DocTranslator(無料・オンライン)

DocTranslator

Google翻訳がうまくいかなかった人は、こちらがおすすめです。

同じような無料オンライン翻訳ツールですが、こちらはレイアウトの崩れにくさなどに定評があります。

翻訳エンジンはGoogleのものを使用しているようなので、精度もそこそこ問題なし。

ただし、こういったオンラインの無料ツールはファイルをクラウドにアップロードすることから、セキュリティ面に若干の不安が拭えないので、機密性の高いファイルは扱うべきではないでしょうね。

DocTranslator

PDF Translator(無料・Chrome拡張)

PDF Translator

こちらはGoogle Chromeの拡張機能として追加できる無料ツールです。

使い方は至ってシンプル。PDFをChromeブラウザで開いて翻訳したい部分のテキストを選択すると、ポップアップで翻訳結果が表示される仕組みになっています。

翻訳エンジンはDeepLを使用。Google翻訳よりも精度が高いと評判のシステムですね。

ただし、DeepLは無料版だと文字数制限(5,000ワード)があるので、長文翻訳には向いていません。

また、ファイルそのものをアップしないとはいえ、翻訳元の文章をサーバー送信することに変わりはないので、セキュリティ面が気になる方は利用を避けたほうが無難でしょうね。

PDF Translator - Chrome ウェブストア

Qlingo(有料・オンライン)

Qlingo

月額5,390円(税込)から利用できる有料翻訳サービスがこちら。

ファイル丸ごと翻訳に対応しており、PDF以外にもWordやExcel、PowerPointといったファイルもレイアウトを崩さずに翻訳可能です。

翻訳エンジンには産業翻訳で評価の高いロゼッタのAI「T-400」を採用。専門性の高い文章にもしっかり対応してくれます。

オンラインツールではありますが、セキュリティ面での対策は有料サービスだけあってしっかりしているもよう。

多少コストがかかってもいいから、手軽で安全な翻訳サービスが使いたいという方におすすめですね。

AI 自動翻訳 | Qlingo

本格翻訳10 Platinum(有料・Windowsソフト)

本格翻訳10 Platinum

Qlingoはちょっと価格が・・・という方は、こちらの翻訳ソフトもおすすめです。

PDF以外に最新のOfficeファイルにしっかり対応。複数ファイルもドラッグ&ドロップするだけでレイアウトを保持したまま自動翻訳してくれます。

ブラウザとの連携機能によりWebページ翻訳も可能。ポップアップ辞書もついているので普段使いの翻訳ツールとしても活用できます。

翻訳エンジンはNEC製の最新システムをベースとした340万語の基本辞書を搭載。

上位版のPlatinumでは、さらに360万語の専門用語辞書OCRソフト「本格読取5」をバンドル。画像タイプのPDF文章もしっかり読み取って翻訳してくれます。

通信を伴わないオフラインソフトなので、安全性とコスパのバランスを重視する人はこちらを購入してみては?

本格翻訳10 Platinum ダウンロード版

スマホ(iPhone/Android)でPDFを翻訳する方法

スマホ(iPhone/Android)でPDFを翻訳する方法

読者
スマホに保存したPDFを翻訳したいんだけど・・・。

最近はメールの確認や仕事のやりとりをスマホで行うシーンも増えてきたので、こういったニーズは日増しに高まっているもよう。

しかし、残念ながら現在のところPDF翻訳が可能なスマホアプリというのは存在していないようです。

ただし、方法はゼロではありません。

  • PDFを画像変換してからOCRアプリで翻訳する
  • ブラウザからWeb版を利用する

Google翻訳はスマホアプリ版にはPDF翻訳機能は付いていませんが、ブラウザからWeb版を使えばファイルのアップロード翻訳が可能(DocTranslatorも同様)です。ぜひお試しあれ。

Google翻訳(スマホ)DocTranslator(スマホ)

まとめ

今回は、PDFの文章を翻訳してくれる便利アプリについて解説しました。

最近は無料で手軽に使えるツールも増えていましたが、ビジネスで利用する場合、それぞれの機能や仕組みなどをしっかり把握していないと、不要なトラブルにつながってしまう恐れもあります。

タダより高いものは無し。お得に使うならしっかり頭を働かせて賢い活用を心がけましょうね。

スポンサーリンク

orikasse
orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。
Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです)

最後までご覧いただきありがとうございました。また別記事で会いましょう。

関連記事

-英文作成
-,

© 2021 ライカツ