ライターの仕事術

写真や画像の文字を消す「文字消しアプリ」6選【無料あり/人も消す】

photo-remover

写真や画像に元々入っているロゴや、自分で昔入れた文字装飾を消したい!

そんなときに便利なのが、リムーバーと呼ばれる不要オブジェクト除去ツールです。

画像加工に慣れている方は、Photoshopのスタンプツールなどを使ってあっという間に文字を消してしまえるのでしょうが、初心者には高価なソフトですし、操作のハードルも高いですよね。

というわけで、この記事では誰でも手軽に使える写真・画像の文字を消すアプリをまとめてみました。

無料で利用できるものがほとんどなので、まずは気軽に利用して使い勝手をぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

消したい文字の例

装飾アプリで入れた文字

前回の記事で紹介したようなアプリやツールを使って、文字・文章を入れてしまった写真を、装飾がない状態に戻したいと思ったことはありませんか?

文章(テキスト)や文字を画像化できるアプリ・サイト11選【小説/Twitter】

元の写真を別に保存してあれば問題ありませんが、そうでない場合はなんとかして画像内の文字をあらためて消さなければいけません。

カメラアプリや配布サイトのロゴ・透かし

カメラアプリで撮影した写真や、配布サイトでダウンロードした画像には、それぞれのアプリやサイトのロゴが入っている場合が少なくありません。

スマホの壁紙などにする場合、こういったロゴはどうしても気になってしまいますよね。透かし加工などで目立たなくなっていたとしても、目にする頻度が高いとやはり引っかかりを覚えてしまうものです。

※ツイッター等で公開する場合、利用規約に抵触する可能性があるため注意しましょう。

撮影した日時

写真を撮影した日付や時間などが右下に入っていると、見た目にも微妙ですし、あまりよい気分ではありませんよね。

瞳に写り込んだ風景から撮影場所を特定されてしまうような昨今。なるべく写真に何かを特定するような余計な情報は含めないようにしましょう。

おすすめの画像の文字消しアプリ6選

‎PicsArt(iPhone/Android)

引用:PicsArt / AppStore

エフェクトやステッカー、文字装飾など、あらゆるデコレーションが簡単な操作で行えてしまうアプリ。

Photoshopのような「コピースタンプ」機能で文字などを消すことが可能です。

PicsArt(‎App StoreGoogle Play

‎Snapseed(iPhone/Android)

引用:Google / AppStore

実はGoogle製という、こちらも豊富なフィルタなどが特徴の写真編集アプリ。

機能の一つである「シミ除去」は、タッチするだけで何でも消せる超便利ツールです。

‎Snapseed(‎App StoreGoogle Play

‎Adobe Photoshop Fix(iPhone/Android)

引用:Adobe / AppStore

Photoshopバリエーションアプリの一つであるレタッチツール。

「修復」ツールでは、スポイト・パッチ・コピースタンプなど様々な方法で文字消しが可能です。

‎Adobe Photoshop Fix(‎App StoreGoogle Play

‎TouchRetouch(Mac/iPhone/Android)

引用:Adva-Soft / AppStore

有料アプリですが、Mac版もあるのが大きな特徴。

リムーバー専用、しかも有料というだけあり、精度の高さは折り紙付きです。

‎TouchRetouch(‎Mac App Store‎App StoreGoogle Play

‎Photo Eraser(Mac/iPhone)

引用:effectmatrix / AppStore

これもMac版ありの有料リムーバーアプリ。

こちらのほうが安価(スマホ版は同じ)ですが、残念ながらAndroid版は存在しないようです。

Photo Eraser(‎Mac‎App Store

オンライン透かし消去ソフト(Web)

引用:Apowersoft / AppStore

こちらはブラウザから利用できるリムーバーです。

ウォーターマーク(透かし)専用ですが、画像だけでなく動画にも対応しています。

Apowersoftオンライン透かし消去ソフト

文字だけじゃない!他にも消せるあれこれ

ほくろ・シミ・ニキビ

最近の高精細カメラは、アップ写真に限らず、あまり写ってほしくないお肌のあれこれまで鮮明に撮影してしまいます。

文字消しアプリの中には、機能の名前を「シミ除去」と名付けているものもあるほど、こちらのニーズは日に日に高まっています。

障害物

路上駐車している車や、派手な看板など、せっかくの良い風景を台無しにしてしまっている不要なオブジェクト。

これらもいっそのこと、思い切って消してしまいましょう。

他人

思いっきり顔が写り込んでしまっている通行人などは、そのままアップしてしまうと相手にも迷惑です。

モザイクでもいいのですが、そちらだと余計に気になるという方はリムーバーでお別れしてしまうのが賢明です。

スポンサーリンク

情報は、少なければ少ないほどいい?

写真には様々な情報が含まれており、(↑でも少し書きましたが)そういった情報を組み合わせて個人情報などを抜き出してしまうけしからん輩も、一部ではありますが存在します。

そうでなくても、フレーム内にいくつもの要素があって目移りしてしまうと、せっかくのメインとなる被写体が目立たなくなってしまいます。

余計なものはなるべく少なく。ぼかしツールやリムーバーアプリなどを活用して、どんどん消してしまいましょう。

実際の景色からどんどん乖離して、それはもはやバーチャルと変わらないのでは?と思わないでもありませんが、元々、人は自分が見たいものを見たいようにしか見れない生き物ですし……ね?

スポンサーリンク

関連記事はこちら

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。

-ライターの仕事術
-,

© 2020 ライカツ