文章の書き方

【PREP法】簡単に「文章構成力」をアップさせる2大テンプレート【起承転結】

prep-idtc-method
  • なるべく手間をかけずに「文章構成力」を身につけたい!
  • 文章を書くのが苦手……。どうやって文章を組み立てればいいの?
  • おすすめのテンプレートやアプリがあれば知りたい!

今回は、こんな疑問にお答えします。

結論から先に言ってしまうと、文章構成はたった2つの型(テンプレート)を覚えるだけでOKです。

この2つの型を活用すれば、あらゆる文章を魅力的かつ効果的にに書くことができます。

今回紹介する文章構成の2大テンプレートによって、あなたの文章構成力は格段にアップし、仕事や趣味の分野で、いまよりもっと活躍できること間違いありません。

企画・プレゼンの文章構成テンプレート『PREP法』

PREP法(プレップ法)とは?

企画やプレゼンテーションといったビジネス文書に最適な文章構成テンプレートが『PREP法』です。

ビジネス文書だけでなく、スピーチや小論文、就活のときの自己PRやブログの文章など、あらゆる文章に応用が効くまさに万能テンプレートとなっています。

そのポイントはただひとつ、

結論(Point)から先に話す。

これだけです。具体的には↓こんな感じ。

Point(結論:〜です)

まずはじめに結論(文章の主旨)を話して読者の関心を惹きつけます。

Reason(理由:なぜなら〜)

次に、結論の理由となる詳細な説明(背景など)をして説得力をもたせます。

Example(具体例:たとえば〜、実際に〜)

さらに、具体的な事例などの客観的情報を加えることで説得力を強めます。

Point(結論:よって〜)

最後にもう一度結論を述べ、読者に納得してもらいます。

PREP法を使うメリット

ダレない(相手を飽きさせない)

よくあるダメなプレゼンやスピーチとして、前置きや背景説明などが長すぎてなかなか本題に入らない、というものがあります。

読者(聴衆)からすると、何が言いたいのが理解しづらいですし、読んで(聞いて)いて退屈なだけです。

PREP法では、はじめに最も重要な結論を述べてしまうため、相手を主旨に集中させたまま話をすすめることができます。

ブレない(主旨が明確になる)

結論を後回しにすると、話題が脇道にそれるなどして書いている(しゃべっている)ほうも自分が何を言いたいのかわからなくなってしまうケースが起こります。

伝えるほうがブレブレでは、相手に思うような印象を与えることも行動を促すことも不可能です。

結論から書き(話し)はじめるPREP法は、書き手(話し手)自身の論理的思考をうながす役割も果たしてくれるのです。

PREP法のデメリット

押し付けが強くなってしまう

結論から話し始めるのは説得力を高める上で非常に効果的なのですが、有無を言わせない論理構成はともすれば自己主張が強すぎて、相手に意見を押し付ける形になってしまいがちです。

よって、参考程度に意見を求められているケースなどでは、逆効果になってしまうことも考えられます。

特に男性は、どんな話にも「結論」を求めてしまう傾向があるので、PREP法の多用は注意が必要です。

共感が得られにくい

PREP法は相手の感情に訴えかけるというよりも、理詰めで相手を説得する技術なので、受け取り方次第では「理解はできても納得できない」といった事態になってしまうこともあります。

Example(具体例)のところで自分の体験談などを話すことで共感を集める方法もありますが、やはりはじめに主旨を話してしまっている以上、聞く方も「結論ありきでしょ?」と冷めた感想になりがちです。

人間は論理で理解し、感情で納得する生き物です。ビジネスの場においても、まったくの感情抜きでやり取りするケースというのは意外なほど少ないことを肝に銘じておいてください。

まだまだある!ビジネス文書の構成テンプレート8種

PREP法をより簡略化したものやアレンジしたものをはじめ、ビジネス文書のテンプレート(型)には、ほかにも様々なものがあります。

  • SDS法
  • CRF法
  • IREP法
  • TAPS法
  • DESC法
  • FABE分析
  • BEAFの法則
  • ホールパート法

PREP法に慣れてきたら、これらのテンプレートにもチャレンジしながら、自分なりの法則を作り出していくといいかもしれませんね。

小説の文章構成テンプレート『起承転結』

起承転結とは?

物語の文章構成テンプレートとして、おそらく最も有名なのがこの『起承転結』ではないでしょうか。

大阪本町 糸屋の娘

姉は十六 妹が十四

諸国大名は 弓矢で殺す

糸屋の娘は 目で殺す

日本ではプロのクリエイターもよく用いているこの構成法。有名な北野武監督もインタビューで「ストーリーの基本は4コマ漫画(起承転結)だ」と語ったことがあるそうです。

起(説明)

まずはじめに物語の舞台や主人公の置かれている状況を説明します。

承(展開)

状況が進んでいくことで様々な事件が発生。主人公がそれに対峙(対処)していきます。

転(転化)

状況がガラリと変わり、クライマックスに向けて動き出します。

結(結実)

すべてが一つに繋がり、物語が終わります。

起承転結を使うメリット

物語にメリハリがつく

起承転結の「転」では、物語が大きく転換し、それに合わせて展開がスピーディーになっていきます。

物語の締めである「結」では、何かしらのオチのようなものが求められますし、場合によってはここでさらにどんでん返しが来ることもあります。

「起」や「承」も、「転」や「結」を前提として話を作ることで、様々な伏線を仕込んだり、読者をミスディレクションさせたりといった工夫が可能です。

読者の理解度が高い

日本人にとって子供の頃から慣れ親しんだ構成法である起承転結は、読者にある種の安心感を与えてくれます。

時代劇や4コマ漫画が多くの人に長く愛され続けているのも、やはり王道ならではの安定感があるからなのかもしれませんね。

起承転結のデメリット

ロジックが弱い

あくまで創作の構成手法である起承転結は、「論理的ではない」とビジネスの場面では敬遠される傾向があります。

さらに、結論(オチ)をなかなか話さないため、書き手(話し手)の腕が足りないと最後まで読んで(聞いて)くれない恐れもあります。

もちろん、起承転結を使っても論理的で中だるみしない文章を作ることはできるのですが、PREP法と比べるとそのハードルは高いと言わざるをえないでしょう。

話の展開が読めてしまう

これはPREP法を含めた定番テンプレートのすべてに言えることですが、あまりに有名な構成法であるが故に、先の展開が読めてしまい、受け手が白けてしまうということも往々にして起こりえます。

上記で述べたメリットのように、ある程度展開が想像できるからこそ、「待ってました!」という構成にできたりもするのですが、それには相手の期待を上回る要素を盛り込んで上げる必要があります。

起承転結型だからといって、斬新な物語を作れないというわけでは、決してありませんからね。

まだまだある!物語構成テンプレート5種

起承転結と並んで有名なのが、雅楽などに起源を持つ、

・序破急

です。

また、日本では有名な「起承転結」ですが、実は海外ではそれほどメジャーではなく、

  • 三幕構成
  • ビートシート
  • フライターク・ピラミッド
  • 英雄の旅

ハリウッド映画や海外のベストセラー小説などは、上記の構成を元にしたものが多いようですね。

文章構成に役立つおすすめアプリ4選

Evernote:スクラップ&メモツール

文章を構成するには、そのための「材料」を集めなければいけません。

自ら思いついたアイデアや撮りためた写真、ネット記事や、時には紙の書籍などからもスキャンした様々な情報、これらを一箇所に集めることができるアプリがこちらです。

タグなどで細かな分類もできるので、一つのアイデアを複数のアウトプットに活用することも可能です。

Evernote

XMind:マインドマップアプリ

テンプレートがあると自由な発想が妨げられてしまう、という方は、専用のツールを使ってアイデア出しを行うのがおすすめです。

一つのアイデアから連想するアイデアを広げていったり、書き出したアイデアを分類したりするのには、定番のマインドマップが便利です。

厳選したアイデアをあらためて文章構成のテンプレートに落とし込めば、独創的かつ論理的な文章を書くことができます。

XMind

Scapple:アイデアツール

マインドマップよりも、さらに自由なアイデア出しツールがこちら。

小説エディタ『Scrivener』と同じ開発元が作っているだけあって、文章構成前のブレストにぴったりです。

macで小説を書くならコレ。おすすめのテキストエディタ5選【無料/有料】

矢印やグループ枠などのシンプルな装飾を使って、ノードをビジュアル整理することも可能。このままプレゼンシートとしても使えちゃいそうでね。

Scapple

Dynalist:アウトラインプロセッサー

テンプレートに沿って文章を書くなら、通常のテキストエディタよりもアウトラインプロセッサーのほうが適しています。

無料で使えるおすすめのアウトラインプロセッサー11選【小説家・ライター向け】

特に、DynalistはスマホやPCなど複数の端末でもスムーズに連携でき、無料でもノード数無制限で使えるため、管理人が一日で最も触れている時間が多いアプリだったりします。

PREP法や起承転結など、テンプレートごとにフォーマットを作っておいてコピーして使うと、さらに便利ですよ。

Dynalist

まとめ

というわけで、今回はここまで。

読みやすく、説得力のある文章を手軽に書きたい!という人は、とりあえず、

  • 結論ありきの「説得する」文章: PREP法
  • エンタメとして「共感してもらう」文章: 起承転結

こんな感じで使い分ければOKかと。

物足りなくなってきたら、↑でも少し紹介したほかのテンプレートを試してみたり、自分なりの型を模索してみるのもいいですね。

構成力以外にも、文章を書くのに必要なスキルはいろいろとあるので、よろしければ↓の記事も参考にどうぞ。

文章力がない社会人必見。永久保存すべきたった1つの文章を書くコツ

【語彙力がない】ボキャブラリーを増やす・鍛える5つの方法【アプリ・本】

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-文章の書き方
-

© 2020 ライカツ