無料あり:文章チェックツールおすすめ10選を比較【チェックリスト付き】

無料あり:文章チェックツールおすすめ10選を比較【チェックリスト付き】

どんな文章チェックツールがおすすめ?

文章チェック作業をもっと効率化するための方法を教えて!

仕事で日常的に文章を書いている人にとって、AI等が人間よりも正確に素早く文章の誤りを発見してくれる『文章チェックツール』は欠かせない。

しかし、ひとことで文章チェックツールといっても、チェックする内容によっていろいろな種類があるので、どれを選んだらいいかわからない。

結果、見当違いのツールを選んでしまって、まともにチェックができない・・・なんてことも少なくない。

そこで今回は、おすすめの文章チェックツールを厳選して詳しく紹介。目的別に特徴や料金(無料/有料)を徹底解説していく。

管理人は現役ライター兼作家。普段のライティングや小説執筆にこれらツールを徹底活用し作業を効率化しているからこそ、毎日大量の文章が作成できている。感謝しかない。

記事にたどり着いたあなたのように、「文章チェックの方法やツールを探している」というだけでもびっくりするほど「書く」ことに対する意識が高い。ほとんどの人は、書いたっぱなしでろくに確認すらしないのが現実だ。

この記事を読めは、あなたにピッタリ合った文章チェックツールが明確になり、文章チェック作業が今より何倍も効率化(時短)できる。しかも、手動でやっていたときよりずっと見落としもなくなる。ぜひ参考にし、導入してみてほしい。

絶対に文章でミスりたくないあなたに。
誤字脱字だけでなく不適切な表現なども直したいなら100以上のチェック項目を持つ『文賢(ぶんけん)』がおすすめ。いまなら無料オンライン説明会も開催中なので、気になる方は早めのご確認を。
» 文章作成アドバイスツール【文賢】

スポンサーリンク

【徹底比較】文章チェックツールおすすめ10選【無料/有料】

早速、目的別におすすめの文章チェックツールを紹介していく。

  • オールインワンツール・・・文賢
  • 校正・校閲ツール・・・Just Right!6 Pro
  • 表現言い換えツール・・・Rephraser
  • 小説推敲ツール・・・Novel Supporter
  • 英文校正ツール・・・IDIY
  • 音声読み上げツール・・・ゆくも!
  • 文字数カウントツール・・・numMojiなんもじ
  • コピペチェックツール・・・CopyContentDetector
  • 差分チェックツール・・・Diff
  • 環境別確認ツール・・・機種依存文字チェッカー

今回はジャンルごとに1つずつのみピックアップしているが、それぞれ非常にたくさんの種類のツールがあるので、よろしければ個別にまとめた記事もあわせてご覧あれ。

【オールインワン】文賢

文賢
©Web Rider Inc.
  • 100以上のチェック項目
  • 4,000以上の文章表現データベース
  • 独自のチェックルールも追加可能

ひとつのツールであらゆる角度から文章チェックを行いたいなら、こちらのサービスが圧倒的におすすめ。

  • 誤字脱字
  • 誤った言葉・敬語
  • 商標・固有名詞
  • 誤用しやすい言葉
  • 話し言葉・砕けた言葉
  • 重複表現
  • 半角カタカナ
  • 機種依存文字
  • 差別語・不快語
  • ポリティカル・コレクトネス
  • 接続詞
  • 指示語
  • 冗長表現
  • 助詞の連続使用
  • 同じ文末表現の連続使用
  • 二重否定
  • 長文(読点の数、文字数)
  • 漢字/ひらがなの開き・閉じ
  • ひらがな/カタカナの切り替え
  • 改行の有無
  • 同音異義語

ざっと挙げるだけでも、これだけのチェックがワンクリックでまとめてできる。

単なる表面的なチェック作業だけでなく、文章をより良く、読みやすくわかりやすいものに磨くための機能も搭載。独自の表現データベースが最適な言い換え案を提案してくれるという親切ぶり。

プロ向けツールだけあり、料金はそこそこかかる(月額2,178円)が、文章の出来が仕事に直結する人にとっては、決して損はないはず。僕はすぐに元をとった。

» 【文賢】公式サイトへ

あわせて読みたい

【校正・校閲】Just Right!6 Pro

Just Right!6 Pro
©JustSystems
  • 昔ながらの定番校正ソフト
  • 単純な文章ミスなら最も精度が高い
  • オンラインの簡易バージョンもあり

誤字脱字等を素早く発見したいなら、ATOKなどで知られるジャストシステム社が開発・販売しているこちらの定番の校正ソフトがおすすめ。

昔ながらのPCインストール型で、文章の誤りを瞬時にチェック可能。各機能のカスタマイズやWord等ほかのアプリとの連携も豊富。

価格は公式ショップで46,530円(割引クーポンあり)、Amazonだともっと安く買えるので、ぜひご確認あれ。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

【言い換え】Rephraser

Rephraser
©rephrase.info
  • 翻訳アプリのように言い換え案を表示
  • 日本語以外の言語も利用可能
  • スマホでも使える

自分が書いた文章を、別の表現で言い換えたい方はこちらの無料ツールがおすすめ。

左のフォームに文章を入力するだけで、右側に言い換え案を表示。「流暢さ」「標準」「クリエイティブ」と表現のバリエーションも選べる。

Webブラウザだけでなく、専用のスマホアプリもあり。

REPHRASEiPhoneAndroid

あわせて読みたい

【小説推敲】Novel Supporter

Novel Supporter
©Cronus Crown
  • 小説の文章に特化したチェックツール
  • 「単語近傍探索」や「文末重複確認」などを自動化
  • 音声読み上げ機能もあり

小説の推敲をしたいならこちらの専用ソフトがおすすめ。

  • 単語近傍探索
  • こそあど確認
  • 文末重複確認
  • 段落先頭重複確認
  • 文章警告
  • 画数ヒートマップ
  • 文長ヒートマップ
  • ルビ追加
  • 文字種表示
  • 指定文字数改行
  • 音声読み上げ(SAPI5)
  • センチメント分析
  • 使用単語集計
  • 正字略字切り替え
  • 章ボリューム表示
  • 言い回し確認
  • 表記ゆれ確認
  • 時系列分析

上記のようなチェック項目で、小説ならではの文体を損なわずに誤りだけを発見できる。

Windows専用ソフトだが、Macで動作させるための方法もあり。公式サイトで詳しく解説しているのでご確認を。

Novel Supporter

あわせて読みたい

【英文校正】IDIY

IDIY(アイディー)
©IDIY
  • 166円〜で手軽に英文添削
  • 添削だけでなく講師指導もあり
  • スマホでも使える

英語の文章をチェックしたいなら、こちらの専用サービスがおすすめ。

1回166円(ビジネス版は327円)からという非常にリーズナブルな価格で、スピード校正サービスが利用可能。

単なる英文添削だけでなく、ネイティブ講師から詳しい解説やアドバイスももらえるため、日常的な英文チェックだけでなく英語学習サービスとしても利用してみては?

あわせて読みたい

【音声読み上げ】ゆくも!

ゆくも!
©Yuichi Ito.
  • 入力した文章を複数音声で再生可能
  • 音声はファイルとしてダウンロードもできる
  • 有料バージョンもあり

目視チェックだけでなく、音声で耳から文章を確認すると見落としていた間違いに気づくことがある。

WordやGoogleドキュメントの音声読み上げ機能が微妙・・・という方は、こちらを試してみるのがおすすめ。

フォームに文章を入力するだけでさまざまな声種で手軽に再生可能。出力音声はファイルとしてダウンロードもできる(商用利用は有料)。

ゆくも!

あわせて読みたい

【文字数カウント】numMojiなんもじ

numMojiなんもじ
©KENJI SUGIMOTO
  • フォーム入力で瞬時に文字数を表示
  • 半角や空白のカウント方式を個別設定可能
  • 文章の一部だけをカウントすることもできる

文字数を手軽に確認したいなら、こちらのWebアプリがおすすめ。

左側のフォームに文章を入力(コピペ)するだけで、右側に大きく文字数が表示。フォーム内の文章の一部を選択することで、その部分だけの文字数のカウントも可能。

空白をカウントから除外したり、半角を0.5文字としてカウントできるのも地味に便利。

numMojiなんもじ

あわせて読みたい

【コピペ】CopyContentDetector

CopyContentDetector
©New System Create
  • 無料で利用できる高機能・高性能なコピペチェックツール
  • 使用回数も無制限
  • 一括登録機能あり

外注ライターに書いてもらった文章などが、どこかのサイトのコピペになっていないか?を調べるならこちらがおすすめ。

無料にもかかわらず、豊富なチェック機能が手軽に利用できるありがたいツール。しかも回数無制限。

CSVやテキストファイルから一括登録もできるので、日常的に文章を外注している人にぴったり。

CopyContentDetector

あわせて読みたい

【差分・比較】Diff

Diff
©ツールタロウ
  • フォームにコピペするだけで瞬時に文章を比較表示
  • タブや改行なども差分に含められる
  • 比較結果はWord形式でダウンロード可

2つの文章を比較して差分(異なる場所)を瞬時に抽出したいなら、こちらのサイトがおすすめ。

両端のフォームにそれぞれ比較したい文章をコピペするだけで、瞬時に差分を抽出。異なる部分はしっかり色分け表示され、一目瞭然。

結果はWordファイルとしてダウンロードできるので、そのままレポートなどにも使える。

Diff(テキスト比較ツール)

あわせて読みたい

【環境チェック】機種依存文字チェッカー

機種依存文字チェッカー
©e-Agency Co., Ltd.
  • 機種依存文字を手軽にチェック
  • 特定のOS・端末で文字化けしてしまう箇所がすぐにわかる
  • 現在はほぼ気にしなくていいが、念のため

意外と見落としがちなのが、特定のOSだけでしかまともに表示されない「機種依存文字」。こちらの無料ツールなら簡単に確認可能だ。

一度に50,000文字までの文章に含まれる機種依存文字(文字化け)を瞬時にチェックしてくれる。

複数のOS・端末でいちいち確認するのは面倒くさいのでこういったアプリは非常にありがたい。

機種依存文字チェッカー

文章チェックツールが決まったらやるべきこと【チェック作業を時短するまでのロードマップ(リスト付き)】

文章チェックツールが決まったらやるべきこと【チェック作業を時短するまでのロードマップ(リスト付き)】
  1. メインの文章チェックツールを導入する
  2. 他のツールもすぐに使えるようにしておく(ブクマ等)
  3. チェックリストを作成する
  4. 既存の文章をひと通りチェックする
  5. ツールチェックを習慣化する

大まかな流れは、こんな感じ。

ポイントはチェック作業をリスト化し、半自動的に行う習慣をつけること。

以下に、僕が使っている文章チェックリストの一部を貼り付けておく。

  • 誤字脱字やタイプミスはないか?
  • 英語のスペルや固有名詞に間違いはないか?
  • 誤った日本語を使っていないか?
  • 不適切・不快な表現はないか?
  • もっと適切でわかりやすい言い回しはないか?
  • 黙読(音読)したときにスラスラ読めるか?
  • 規定の文字数を満たしているか?
  • 機種依存文字を使っていないか?
  • どこかの文章のパクリになっていないか?

こういったチェックリストを自分なり作成して、それぞれに合ったツールを用意しておこう。

まとめ

今回は、おすすめの文章チェックツールや便利な活用法を解説した。

色々なツールを目的に合わせて使い分けるのは面倒くさい・・・。

そんなあなたにたった1つだけツールを選ぶとするなら、やはり 文章作成アドバイスツール【文賢】 だろう。

なんといってもチェック項目の種類が圧倒的だ。ぶっちゃけ今回紹介したチェックツールすら、文賢ひとつあればほぼすべてカバーできてしまう。

ネックになるのは、月額2,178円というコストだろうか。


ところで、あなたはいまサブスクに月いくら使っているだろう?

Amazonプライム、YouTube、Netflix etc...

あらためて計算してみると、毎月何千円と使っていることに気づき、驚くのではないだろうか。僕は驚愕した。

それらと比較して、文章チェックツールは本当に「高い投資」だと言えるだろうか?

時間は何よりの資産だ。時間さえあればもっと稼げるようになるし、趣味だってより一層満喫できる。そうなってから、あらためて娯楽コンテンツに手を出せばいい。

娯楽と自己投資。同じ金額なら、いま現在のあなたにとってプラスになるのはどちらだろうか?

想像してみてほしい。

これまで何十分、何時間とかけて文章チェックをしても見落としがあった作業が、わずか数分、数秒で完了してしまう、そんな自分を。

もし、文章チェック作業にかかっていた時間がまるまる自由に使えるようになったとしたら、あなたはどうする?


文章チェックツールが活躍するのは、何もビジネスの現場だけではない。他の活用テクニックについてもまた別の機会で詳しく解説したい。

こういったツールの恩恵は、実際に使ってみた人しか実感しづらい。ぜひ一度でいいので、その手で試してから判断してほしい。

まずは手軽な無料ツールからでもいい。

有料ツールに興味がある人は、公式サイトから詳しい資料が無料でダウンロードできる(文賢)ので、そちらをチェックするのもおすすめだ。

心配性な方のために無料説明会などもオンラインで開催されている。

情報収集だけで終わらず、目に見える成果につながる行動を。小さな一歩でも、ぜひ。

絶対に文章でミスりたくないあなたに。
誤字脱字だけでなく不適切な表現なども直したいなら100以上のチェック項目を持つ『文賢(ぶんけん)』がおすすめ。いまなら無料オンライン説明会も開催中なので、気になる方は早めのご確認を。
» 文章作成アドバイスツール【文賢】

スポンサーリンク

-文章の書き方