文章の書き方

辞書ツール(ユーザー辞書)を移行する方法【Mac/iPhone】

パソコンを買い替えたりOSをアップデートしたときに、これまで使っていたIMEのユーザー辞書をそのまま使いたい!と思いますよね。

ATOKやiCloud Driveなどを使っていれば、そういったときでも自動で設定や辞書データが同期されますが、WindowsユーザーやGoogle日本語入力などを使っている人は、手作業で辞書ファイルを取り出し、取り込み直す必要があります。

というわけで、この記事では様々なOS・IMEでユーザー辞書をエクスポート/インポートする詳しい手順を紹介します。

この方法を使えば、ゼロからユーザー辞書を作り直すよりも、ずっと簡単に移行作業が済みますよ。

辞書ツールをIMEからエクスポートする方法

Windows7

言語バーの「ツール」をクリック ⇢ プロパティ ⇢ 辞書/学習 ⇢ 参照 ⇢ ファイル(◯◯.dic)を右クリック ⇢ 送る ⇢ 保存場所を選択(ドキュメントなど)⇢ キャンセル(ウィンドウを閉じる)

これで任意の保存場所に辞書ファイルがコピーされます。

Windows10

言語バー(画面下・タスクバーの右側の「A」もしくは「あ」)を右クリック ⇢ ユーザー辞書ツール ⇢ ツール ⇢ 一覧の出力 ⇢ 保存場所を選択(ドキュメントなど)⇢ ファイル名を入力 ⇢ 保存 ⇢ 終了

Mac(ことえり)

言語バー(タスクバー/メニューバー右側の「A」もしくは「あ」)をクリック ⇢ ユーザー辞書を編集 ⇢ 登録した単語一覧を全選択(⌘+A)⇢ 任意のフォルダにドラッグ&ドロップ

これで「ユーザー辞書.plist」という辞書ファイルが作成されます。

Google日本語入力

言語バー(画面下・タスクバーの右側の「A」もしくは「あ」)を右クリック ⇢ 辞書ツール ⇢ 管理 ⇢ 選択した辞書をエクスポート ⇢ 保存場所を選択 ⇢ 保存

ATOK

メニュー ⇢ 辞書メンテナンス ⇢ 辞書ユーティリティ ⇢ ツール ⇢ 単語・用例の一覧出力 ⇢ 参照 ⇢ 保存先を選択 ⇢ ファイル名を入力 ⇢ 実行

iPhone

iPhone標準のIMEには、辞書ファイルをエクスポートする機能は搭載されていませんが、Google日本語入力やSimejiといったサードパーティ製のIMEにはそれぞれ独自にファイルの出力/取り込み機能があります。

ただし、標準IMEの辞書データはiCloud DriveでMacとも同期されているので、Macユーザーの方なら↑の方法を使ってMac経由で辞書ファイルを取り出すことができます。

Android

Androidでよく標準で付いている「iWnn」には、辞書ファイルのエクスポート機能は搭載されていませんが、Google日本語入力やSimejiといったサードパーティ製のIMEにはそれぞれ独自にファイルの出力/取り込み機能があります。

「設定」アプリ ⇢ システム ⇢ 言語と文字入力 ⇢ 任意のIMEを選択

Google日本語入力の場合は以下。

辞書ツール ⇢ 右上のメニューシンボルをタップ ⇢ 現在の辞書をエクスポート

※最新バージョンのATOKは、ATOK Syncで自動同期されます。

辞書ツールをIMEへインポートする方法

Windows7

辞書ファイル(◯◯.dic)を右クリック ⇢ コピー ⇢ 言語バー「ツール」⇢ プロパティ 辞書/学習 ⇢ 参照 ⇢ ファイルウィンドウ内を右クリック ⇢ 貼り付け ⇢ コピーされたファイル(◯◯.dic)を選択 ⇢ 開く ⇢ OK

Windows10

言語バー(画面下・タスクバーの右側の「A」もしくは「あ」)を右クリック ⇢ ユーザー辞書ツール ⇢ ツール

ここでは2種類の方法から選ぶことができます。

Microsoft IME 辞書からの登録:辞書ファイルが「◯◯.dic」の場合
テキストファイルからの登録:辞書ファイルが「◯◯.txt」の場合

続く操作は以下。

インポートする辞書ファイルを選択 ⇢ 開く ⇢ 終了

Mac(ことえり)

言語バー(タスクバー/メニューバー右側の「A」もしくは「あ」)をクリック ⇢ ユーザー辞書を編集 ⇢ 辞書ファイル(◯◯.plist)を単語一覧にドラッグ&ドロップ

これでファイル内の辞書データが一覧に追加されます。

Google日本語入力

言語バー(タスクバー/メニューバー右側の「A」もしくは「あ」)を右クリック ⇢ 辞書ツール ⇢ 管理

ここでは3種類の方法が選べます。

新規辞書にインポート:新しい辞書ファイルを作成
選択した辞書にインポート:既存の辞書ファイルにデータを追加
Microsoft IME ユーザ辞書をインポート:直接Microsoft IMEから辞書ファイルを取り込み

続く操作は以下。

ファイルを選択(※Microsoft IMEの場合は不要)⇢ インポートする辞書ファイルを選択 ⇢ インポート

ATOK

メニュー ⇢ 辞書メンテナンス ⇢ 辞書ユーティリティ ⇢ ツール ⇢ ファイルから登録・削除 ⇢ 参照 ⇢ 辞書ファイルを選択 ⇢ 開く ⇢ 登録

ATOK Passportの「ATOK Sync アドバンス」なら自動でバックアップ・同期が行われます。

iPhone

エクスポートと同様、iPhone単体ではインポート機能を使うことはできませんが、Macや他のiOSデバイスとの同期はiCloud Drive経由で自動で行われます。

Android

エクスポートと同様、サードパーティ製のIMEを使用することで辞書ファイルの読み込みや同期が可能です。

plistファイルをテキストファイル(txt)に変換する方法

Mac(ことえり)の辞書ファイルを他のIME(Google日本語入力やATOKなど)にインポートしたい場合は、↓のアプリを使うと便利です。

U-Dict

こちらのアプリで読み込んだplistファイルを、txtファイルであらためて保存し直すだけOKです。

辞書ツールが移行できないときの対策

異なるIMEで辞書ファイルを同期しようとすると、エラーが起きたりして上手く移行できない(反映されない)ときがあります。

そういった場合は、登録できる品詞や文字の種類の違いが原因である場合が多いため、辞書ファイルをテキストエディタで開いて、直接該当箇所を書き換えるとうまくいくケースが多いようです。

※調べてみたら、↓みたいなページもありました。

各種ユーザー辞書の変換フォーム(ATOK、Google日本語入力、IMEなど) | ピロリ菌(♂)の日記

Google日本語入力でユーザー辞書を同期するコツ

ATOK Passportを使っていると便利なのが、複数のパソコンやスマホでユーザー辞書を同期できる機能

iPhoneの標準IMEでも同じことができるのですが、無料IMEの代表格「Google日本語入力」には、こういった同期機能が搭載されていません。

シンボリックリンクを使い、Dropboxなどに保存した辞書ファイルを読み込むことで、複数のデバイス(IME)でユーザー辞書を同期できるようですが、使い慣れていない人にとっては少しハードルが高いですよね。

というわけで調べてみたところ、こんなページを見つけました。

Google 日本語入力

↑でダウンロードできるのは、Google日本語入力の「開発版」。なんと、こちらには待望の同期機能(設定・ユーザー辞書)が追加されているようです。

安定版と比べると多少は動作に不安がありますが、興味がある方は試してみては?

スマホはもはやサブ機ではない。

スマホ版Google日本語入力の後継アプリである「Gboard」でも、他の言語ではGmailアカウントで同期ができるものがあるようですし、これからのIMEは複数端末で同じ設定やユーザー辞書を使うのが当たり前になっていくのでしょうね。

パソコン(キーボード入力)に比べてスマホ(フリック入力)は長文作成に向いていないと言われていますが、こういったユーザー辞書を上手く活用することで、パソコンと同等か、やり方によってはそれ以上に素早く大量の文章がスマホで作成できるようになります。

以前紹介した音声入力といい、スマホはライターの仕事スタイルに新しい風をいくつも吹き込んでくれますね。

「声で文章作成」が便利すぎる!おすすめの音声入力アプリ9種【無料】

前回の記事では否定してしまいましたが、ユーザー辞書を徹底活用した「選択入力」型の文章作成テクニックというのも、極めればこれはこれで面白いものが書けるのかも……?

【iPhone/Android】辞書登録のやり方+おすすめキーワード9選【Windows10/Mac】

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。
  • この記事を書いた人
orikasse

orikasse

書く人。広告コピー・コラム・小説など、いろいろ書いてます。 ※noteで即興ショートショート執筆中。

-文章の書き方
-,

© 2020 ライカツ