【無料】プレスリリーステンプレートのダウンロードサイト11選|書き方・出し方も解説

2022年11月21日

プレスリリースのテンプレートは、あなたが製品やサービスを宣伝するために必要不可欠なツールです。

そこで、無料でダウンロードできるプレスリリースのテンプレートサイトをまとめてみました。お好みに合わせてカスタマイズしてみてください。

特に、自分でプレスリリースを書く時間がない中小企業や個人事業主にぴったりです。

もちろんこれらのテンプレートは、あなた自身がプレスリリースを作成する際のインスピレーションとしてもご利用いただけます。そのための具体的な書き方・出し方も解説しています。

新製品やイベントなどのお知らせに、ぜひご活用ください。

orikasse
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

プレスリリース(Press Release)とは?

プレスリリース(Press Release)とは?

プレスリリースとは、企業が自社のビジネスについて何か重要なことを発表するための文書を指します。

略すと「PR」になりますが、PRはPublic Relations(パブリック・リレーションズ)の略称なので、一般的にプレスリリースをPRと略すことなないもよう。

  • 新製品発売
  • 新サービス発表
  • 店舗オープン
  • 合併・提携
  • 人事・求人
  • 受賞
  • 慈善事業・寄付
  • レポート開示

など、ニュース性のあるイベントに関するポジティブな情報を発表するために利用されます。

※訴訟案件など一部ネガティブな内容のリリースもあり。

主に新聞、雑誌、ラジオ局、テレビ、ニュースサイトなどのメディアに向けて発信されます。

プレスリリースとニュースリリースとの違いは?

  • プレスリリース・・・製品・サービスやイベントについて正式発表するためのリリース
  • ニュースリリース・・・速報性が高く、内容も短いリリース

両者に言葉の定義上の大きな違いはないようですが、主に上記のように区別するようです。

ニュースリリースが顧客や取引先などにメールやFAXで直接送信されるケースがあるのに対し、プレスリリースは新聞や雑誌などのメディア宛に送信されます。

導入事例は?(トヨタ・Amazon・凸版印刷など)

大手企業では自社のホームページに「ニュースルーム」として、リリース発表や問い合わせができる窓口を設置しています。

また、各プレスリリース配信サービスでもリリース一覧が見られるようになっています。

これらの内容を精査することで、リリース文やイベントのアイデアなど様々な発想のヒントがもらえます。

プレスリリースは意味ない?(メリットは?)

プレスリリースは、ただの紙切れやスパムメールではありません。

企業がニュース性のあるイベントや製品、サービスなどを効果的に届けるためのマーケティングツール。それがプレスリリースです。

あなたの企業にとってポジティブなイベントがあったとして、それを伝えなければ誰に知ってもらえるのでしょうか?

よくできたプレスリリースはビジネスの認知度を高め、潜在顧客を引きつけ、リードを生み出すのに役立ちます。

【無料】おすすめのプレスリリーステンプレート・ダウンロードサイト11選

プレスリリース雛形・テンプレート100選:valuepress

プレスリリース雛形・テンプレート100選:valuepress

テンプレートの内容

  • Webサービス・アプリ:新サービス、アプリ公開、ECサイト開設など
  • 商品:モノ、雑貨、不動産、LINEスタンプなど
  • 外食・フード:フードメニュー提供、新店舗オープンなど
  • 意識調査・アンケート:市場調査、アンケート結果など
  • 実績:導入実績、ダウンロード数、販売数、受賞実績など
  • イベント:セミナー、記者発表会、展示会、イベント報告など
  • キャンペーン:企画、記念日、店頭キャンペーンなど
  • 募集・告知:クラウドファンディング、アイデア募集など
  • 企業の動向:社内制度、提携、社名変更、ロゴ変更など
  • その他:入社式、企業説明会、インタビューなど

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリース雛形・テンプレート100選 - プレスリリース配信サービス | valuepress

プレスリリースのテンプレート20選:PR TIMES

プレスリリースのテンプレート20選:PR TIMES

テンプレートの内容

  • 新商品発売・新サービス提供:BtoB・BtoC、食品、コスメ、飲食新メニュー
  • イベント・セミナー開催:飲食業界特化、実施後レポートなど
  • サービス:機能追加、導入事例、利用社数・会員数突破
  • 企業:年頭所感、資金調達、受賞・表彰、訂正リリース
  • その他:クラウドファンディング、金融商品取扱開始、ふるさと納税、調査結果発表

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリースのテンプレート20選|無料で使えるWordの雛形【例文付き】 | PR TIMES MAGAZINE

プレスリリース雛形集:アットプレス

プレスリリース雛形集:アットプレス

テンプレートの内容

  • 開始を伝える:アイテム発売用、新サービス開始、新店舗オープン、書籍/新刊発売、キャンペーン開催、Webサイト開設、アプリ公開、イベント開催、会社設立、新事業立ち上げ、施設竣工、クラウドファンディング開始
  • 何度も使える:セミナー開催、展示会出展・開催、研究発表、アンケートやマーケティングの結果報告、記者会見開催、メディア誘致・出欠返信、受賞報告、人事異動
  • 切り口を変えた:配信後の内容変更、案件受注報告、販売強化目的、売上実績報告、割引販売、アイテムリニューアル、コンテンツ公開、機能追加、サービス窓口拡大、提供終了、イベント中止、イベント開催後、目標達成

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリース雛形集|プレスリリース配信サービス【アットプレス】

プレスリリース テンプレート(雛形)集:ドリームニュース

プレスリリース テンプレート(雛形)集:ドリームニュース

テンプレートの内容

  • 商品、サービス:新商品発売、キャンペーン、調査報告など
  • イベント:イベント出展、開催報告など
  • 実績:実績報告、導入事例など
  • 経営:企業動向、業務提携、社名変更など
  • 経営2:福利厚生、人事異動など
  • サステナビリティ:環境活動、福祉活動

ファイル形式

Word(ワード)、プレーンテキスト

プレスリリース テンプレート(雛形)集 | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

プレスリリースの書き方10のポイント:共同通信PRワイヤー

プレスリリースの書き方10のポイント:共同通信PRワイヤー

テンプレートの内容

  • 新商品・新製品(ビジネス向け)
  • イベント・セミナー・展示会(イベント)
  • キャンペーン・プレゼント(BtoCキャンペーン)

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリースの書き方10のポイント!基本の5構成と記者に取り上げられるコツ | 汐留PR塾 by PRワイヤー

プレスリリースの書き方がわかるテンプレート・雛形集:Qlipper

プレスリリースの書き方がわかるテンプレート・雛形集:Qlipper

テンプレートの内容

  • 新商品・サービスの発表
  • 新CM、キャンペーン、ウェブサイトの開始
  • イベントの告知、開催後
  • 調査研究や新技術の発表
  • 業務提携、子会社化、新会社の設立

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリースの書き方がわかるテンプレート・雛形集 | Qlipper

プレスリリースとは。書き方、作り方、テンプレート、送信方法:Shopify

プレスリリースとは。書き方、作り方、テンプレート、送信方法:Shopify

テンプレートの内容

  • どんな目的にも使える汎用性の高い標準テンプレート(デザイン3種)

ファイル形式

Excel(エクセル)

プレスリリースとは。書き方、作り方、テンプレート、送信方法【広報PRの基礎知識も】 — ビジネスの始め方【2022年版】 - Shopify 日本

プレスリリースの書式テンプレート:テンプレート・フリーBiz

プレスリリースの書式テンプレート:テンプレート・フリーBiz

テンプレートの内容

  • 新商品発売
  • 新サービス開始
  • 新メニュー開始
  • イベント開催
  • プレゼントキャンペーン
  • 人事異動

ファイル形式

Word(ワード)

プレスリリース | テンプレート・フリーBiz

会社設立のプレスリリースの書き方とコツ:マネーフォワード クラウド会社設立

会社設立のプレスリリースの書き方とコツ:マネーフォワード クラウド会社設立

テンプレートの内容

  • 会社設立の案内(新会社・子会社)

ファイル形式

Word(ワード)、プレーンテキスト

会社設立のプレスリリースの書き方とコツ・無料テンプレート付き | マネーフォワード クラウド会社設立

用途・シーン別チラシテンプレート:パワポン

用途・シーン別チラシテンプレート:パワポン

テンプレートの内容

  • セール・特売
  • イベント・キャンペーン
  • セミナー・講演会
  • 求人・募集
  • オープン・開業
  • 会社案内・店舗紹介
  • 会報・ニュースレター
  • お知らせ・掲示

ファイル形式

PowerPoint(パワーポイント)

用途・シーン別チラシテンプレート-パワポンbyアスクル

ビジネス・マーケティングテンプレート:Canva

ビジネス・マーケティングテンプレート:Canva

テンプレートの内容

  • 公式・ユーザーがデザインした日本語・英語のプレスキット公式・ユーザーがデザインした日本語・英語のプレスキット

ファイル形式

Canva用テンプレート

ビジネスのテンプレート|Canva

読まれるプレスリリースの書き方・作り方

読まれるプレスリリースの書き方・作り方

良いプレスリリースとは、人々があなたについて読みたくなるような方法で、あなたのストーリーを伝えるものです。

それに加え、製品・サービスや提供者(会社)に関するすべての関連情報が含まれている必要があります。

良いプレスリリースのタイトルとは?

  • あなたのビジネスを一言で表すキーワード
  • どんな情報なのかを伝えるキーワード(新商品、リリース、オープン、募集など)
  • 何が新しく、画期的なのか?(なるべく具体的に)

プレスリリースのタイトルには上記が含まれている必要があります。

まずはこれらを様々な表現で書いてみてから、最適な組み合わせを模索するといいでしょう。

  • 短く、わかりやすく
  • パワフルに。でも大袈裟な表現は控える

こういったチェックポイントを押さえつつ、一つひとつの言葉を研ぎ澄ませていきましょう。

良いプレスリリースの内容とは?(5W1H)

優れたプレスリリースは、次の順序で書き進めるとうまくいきやすいです。

  1. 注目を集める見出し
  2. 製品・サービスの具体的な説明
  3. それらがなぜ重要であるか?
  4. 行動を喚起する言葉
  5. 会社の簡単な情報・連絡先

単なる情報の羅列にならないためには、「ストーリー」を意識するのもポイントです。

  • 読者の疑問にすべて答えているか?(5W1H)
  • 読者に求めるアクションは明確になっているか?
  • 余計な情報はないか?
  • 嘘や誇張はないか?
  • 誤字脱字はないか?

タイトル同様、こういった点もしっかり押さえながら推敲していきましょう。

良いプレスリリースデザインとは?(おしゃれ・かっこいい・面白い)

重視すべきなのはプレスリリースの内容そのものであり、デザインではありません。

そのことを忘れてデザインに凝ってしまうと、ごちゃごちゃして逆に伝わりづらいプレスリリースになってしまいます。

  1. まずはプレーンテキストで情報をまとめる
  2. 色や写真・イラストを使わずにデザインする
  3. 必要最小限の装飾を追加する

こういった順番で、デザインは最後に行いましょう。

  • フォント
  • 文字サイズ
  • 余白
  • 段落
  • 太字・斜体・下線など

上記を意識するだけでも、シンプルで見やすいプレスリリースは作れます。

もちろん見た目がおしゃれだったりユニークだったりするプレスリリースは目を惹きますし、ブランディング的な役割もあるため、まったく不要だとは言いません。

デザインは、あくまで内容をより効果的に伝えるためのもの。その点だけ頭に入れつつ、自由にカスタマイズを楽しんでみてくださいね。

プレスリリースの見本はないの?

  • 新聞やニュースの見出し・内容
  • 家や会社に毎日のように届くDMやチラシ
  • PRサイトや会社ごとのニュースリリース記事

このように探せばいくらでもお手本は見つかります。

他にもPR TIMESが毎年行っている「プレスリリースアワード」では、その年に注目を集めた(効果があった)プレスリリースを審査・表彰しており、こちらも非常に参考になりますよ。

プレスリリースのやり方・出し方(7つの疑問)

プレスリリースのやり方・出し方(7つの疑問)

いつまでに出す?(何日前?)

プレスリリースの内容や送るメディアによって異なりますが、最低でもイベント開催の1週間前(できれば1ヶ月前)までには配信するといいでしょう。

報道機関が情報を確認し、イベントに関する記事を掲載する時間を作りつつ、内容の誤りなどを修正する余裕を確保するのも大切です。

何曜日に出すのがベスト?

月曜日は週の最初の営業日であり、人々は月曜日のニュースに目を通す傾向があるので、最適と言えます。

しかしそう考える人はもちろん多いため、記者にとって一週間のうちで最も忙しい時間帯でもあります。

ベストでなくベターを望むなら、火・水曜日あたりを狙うのがいいでしょう。

何時に出すのがベスト?

こちらも記者の行動パターンから考えて午前中に送るのがいいでしょう。

あまりギリギリだと情報収集のタイミングから漏れてしまう恐れもあるため、少なくとも11時くらいまでには送信しておくのがベストです。

頻度はどのくらい?

業種によって最適な配信頻度は大きく異なりますので、PRサイトなどをチェックしつつ、同業種・同ジャンル内容のリリースに合わせるといいでしょう。

誰に向けて出す?(どこに送る?)

新聞・雑誌やネットメディア、専門のPRサイトといったすぐに思いつくところ以外にも、

  • 地元の新聞・ローカル誌
  • 商工会議所
  • 顧客企業のメディア担当

上記のようにさまざまな送り先が考えられます。

どこから反響が生まれ、どんな問い合わせがあるかわかりませんので、できるだけ色々なルートを模索するといいかもしれません。

いくらかかる?

プレスリリースは通常、自社を宣伝したい企業が手動(無料)で配信しています。

しかし、配信を代行してくれるサービスを利用する場合は手数料がかかります。

  • プレスリリース配信サービス:1〜3万円/1本
  • FaxDM配信サービス:5〜10円/1枚
  • メールレター配信サービス:3千円〜1万円/月

主な配信サービスの相場はこんな感じ。配信先の数によって料金が変わるのが一般的ですね。

どうやって効果測定・評価する?

プレスリリースの効果測定は、主にメディアでの掲載数商品・サービスの売上(or問い合わせの数)などから算出されます。

他にも、

  • PV(サイト閲覧数)
  • CVR(コンバージョン率)
  • SNS(インプレッション・いいね・リツイートなど)
  • SEO(順位変動・指名検索など)

上記のような指標も、情報の反響を見るのに有効です。

プレスリリースを試みる際には、あらかじめゴールを明確にし、どういった指標を用いて効果測定するのか?を決めてから行うようにしましょう。

おすすめのプレスリリース配信サービス7選

おすすめのプレスリリース配信サービス7選

プレスリリースは、オンラインでビジネスを促進する最も効果的な方法の1つです。

しかし、効果的に配布することが最も難しいものの一つでもあります。

そこで、いますぐ利用可能なプレスリリース配信サービスのリストをまとめてみました。

これらのサービスを活用すれば、手軽にプレスリリースを多くのメディアの目に触れされることができます。ぜひお試しあれ。

おすすめのプレスリリース本・セミナー7選

おすすめのプレスリリース本・セミナー7選

管理人のおすすめ本は、下記の5冊です(どれもAmazonで購入できます)。

プレスリリースの書き方から広報PRの基礎知識まで一通り学べます。

セミナーのおすすめは、宣伝会議のオンライン講座ですね。

他にもいろいろな講座があるので、興味がある方は調べてみては?

まとめ

まとめ

今回はプレスリリースの便利なテンプレートや、具体的な書き方・出し方について解説しました。

記事内でピックアップしたおすすめのテンプレートサイトを、もう一度まとめておきますね。

紹介したやり方以外にも、アイデア次第でさまざまなプレスリリースの手法が考えられますので、記事を参考にあなたなりのアプローチをいろいろ考えてみてください。

あなたがこれまでプレスリリースにあまり積極的でなかったのなら、改善のチャンスです。

たとえ拙いリリースでも、やるのとやらないのとでは大きな違いがありますので、まずは気軽にチャレンジしてみることから始めてみては?

おまけ:プレスリリースの内容をAIが考えてくれる?!『Catchy』

Catchy

最後に、ここまで記事を読んでくださったあなただけに、未来の便利サービスを紹介します。

Catchyは、最新の高性能AI「GPT-3」を活用した、アイデア・文章の自動生成サービス。

なんと、商品・サービスや会社の情報を入力するだけで、AIがプレスリリースの文章を考えてくれる驚きのツールです。

Catchy:プレスリリース自動生成
あなたがやることは、基本情報を入力するだけ。

プレスリリース以外にも、商品・サービスのアイデアやネーミング、マーケティング戦略や広告コピーなど、100以上のAI自動生成ツールが揃っているので、ぜひ一度お試しあれ。

あわせて読む
【Catchyレビュー】AIコピーライティングの評判・口コミは?|簡単な使い方も解説
【Catchyレビュー】AIコピーライティングの評判・口コミは?|簡単な使い方も解説

続きを見る

スポンサーリンク

-Webマーケティング