ヒューマンアカデミー『たのまな』の評判・口コミを分析してみた。

2020年8月10日

ヒューマンアカデミー『たのまな』の評判・口コミを分析してみた。

質問:通信教育の会社は、日本に何社ある?

答え:450社以上*

予想していたよりもずっと多い。というか、多すぎる。

ろくな実績がなかったり、詐欺まがいの会社も他にあるだろう。これでは、どの講座(会社)を選んだらいいか迷ってしまうのも当然だ。

僕らはこういった講座を選ぶ際、ついつい気になっているジャンルの講座「単体」で判断しがちだ。

しかし、カリキュラムの仕組みづくりやサポート体制などは一つの会社で全講座共通であることがほとんど。本当の評価を下すためにはもっと総合的に、事業者全体を見なければならない。

でも、ぶっちゃけ調べるのが面倒くさい。そうやってひと手間を惜しんだ結果、ミスマッチ(自分に合わなかった・・・)が発生してお金がドブへと消えていく。僕も何度も経験した。

そこで今回は、面倒くさがりなあなたのためにたのまな 』の通信講座について、俯瞰的な視点から総合的に評価を分析。他の講座(通信教育会社)と比べたメリット・デメリットをまとめてみた。

  • たのまな通信講座のメリット・デメリット(良い評判・悪い口コミ)
  • たのまな通信講座が向いている人・向いていない人の特徴
  • 失敗しない・損をしないための学習テクニック

内容はこんな感じ。

管理人はこれまで大学受験から仕事の資格取得まで、一般的な通学制のスクールに通ったことが一度もない。すべて通信講座等を活用した独学でやってきた。

なので、通信講座にありがちな失敗パターンや対策ノウハウはそれなりに持っていると自負できる。

この記事を読めば、どの講座を受けたらよいものか・・・と右往左往している現状を打破し、安心して納得いく講座が選べるようになるはず。ぜひ最後までご覧あれ。

たのまな通信講座のメリット(良い評判・口コミ)

たのまな通信講座のメリット(良い評判・口コミ)

メリット①:業界最大クラスの講座数(250以上)

たのまなの通信講座は、13カテゴリ250講座(2022年現在)と非常に種類が豊富なのが最大の特徴だ。・・・多すぎない?

たのまな:250以上の講座

さらに、経営母体であるヒューマンアカデミーは通学制のスクールも運営しており、これまでの修了生・卒業生の数は142万名以上だという。

通信講座のクオリティは、単体の講師だけでは判断できない。

教材自体の出来はもちろんのこと、

  • 使いやすく効率的なカリキュラムの構築
  • 受講者の立場に立った適切なサポート体制

これらの如何は、教育事業者としての経験こそがものを言う。

その点では、実績豊富なヒューマンアカデミーの『たのまな』は安心できると言えるだろう。

メリット②:昔ながらの紙のテキストにeラーニングを組み合わせたハイブリット教材

講座によって詳細は異なるが、たのまなの通信講座は紙のテキストとeラーニングを組み合わせた教材になっている。

これはWebデザインといったパソコン主体のスキルであっても、だ。

最近ではZoomを使ったリモート講義や、動画視聴といったオンラインのみの受講スタイルも増えてきているが、やはり昔ながらの紙のテキストのほうが実際に手を動かし、進捗が一目瞭然なので学習効率が良い。どれだけ古臭いと言われようとも。

実際に、紙とデジタルだと紙のほうが記憶力や脳活動に効果があることが実験*で証明されている。

紙とデジタルを組み合わせることで学習効率がアップするというデータもあるようなので、たのまなの教材は理にかなっていると言える。いいとこ取りって大事。

メリット③:充実したサポート制度

通信教育大手だけあって、『たのまな』は痒いところに手が届く充実したサポート体制となっている。

  • 質問無制限
  • 修了証書発行
  • 無料延長サポート
  • 再チャレンジ制度
  • 就職・転職サポート
  • 開業・副業サポート
  • ヒューマンアカデミーコミュニティ
  • 無料オンラインセミナー
  • メールマガジン
  • 各種割引制度

特に「質問無制限」「就職・起業サポート」「延長・再チャレンジ制度」あたりは、挫折しがちな我々をしっかり支えてくれる頼もしい味方になってくれそうだ。人間はかくも弱い。

たのまな通信講座のデメリット(悪い評判・口コミ)

たのまな通信講座のデメリット(悪い評判・口コミ)

デメリット①:受講期限がある

これは『たのまな』に限った話ではないが、意外と通信講座に受講期限が存在することを見落としている人が多い。

特に、同講座のような「教材一括送付」型の学習スタイルは、自分で好きなようにスケジューリングできる反面、自己管理ができていないとついサボりがちなってしまうデメリットがある。

「やらなきゃ、やらなきゃ・・・」とまごついている間に、気がついたらサポート期限が過ぎてしまったとなっては目も当てられない。

まあ、教材は手元にあるので勉強自体は可能だが、せっかくの無制限質問などを利用できなくなってしまうのは惜しい。

無料延長サポート(※一部講座を除く)もあるようだが、あまり当てにせず計画的にボチボチと学習を進めていこう。

デメリット②:追加料金がかかる場合がある

一部の有料セミナーやスクーリングは教材代に含まれておらず、別に受講料を払わなくてはならない。

大した出費ではないようだが、事前にしっかり確認しておかないと予算オーバーという事態にもなりかねない。「足が出る」は恐怖だ。

再チャレンジ制度は期間内(延長含む)に終えられなかった人のための仕組みだが、これだって半額とはいえ余分にコストがかかってしまう。

このあたりはちゃんと資料に書いてあるはずなので、しっかり確認を(やり方は記事の最後で)。

デメリット③:サポートの反応が悪い(遅い)

サポート体制が充実し過ぎている弊害か、それだけ利用者が多いのか。

「メール返信が遅い」という声もよく耳にするが、質問無制限にしているので仕方ないとも言える。回答が来るまで学習を止めるのではなく、それはそれとしてマイペースに勉強を続けるのが吉。

特に試験前は、質問が混む傾向にあるようなので注意。

電話での問い合わせも、正直オペレーターによって当たり外れがあるもよう。あまり腹を立てずに時間を置いてかけ直したほうが良さげ。

たのまな通信講座が向いている人・向いていない人

たのまな通信講座が向いている人・向いていない人

以上の点から、たのまなの通信講座が向いているのは以下のタイプになりそう。

  • 短期間で資格取得や就職・転職(開業・副業)を目指している人
  • 通学制のスクールに通えない人
  • 独学だと三日坊主になりがちな人

効率的なカリキュラムは充実したサポート体制は、明確な目標と組み合わさることで効果を発揮する。

完全独学に挫折した人が学習スタイルをあまり変えずに手軽に導入できるのもメリットと言える。所詮、これらも「道具」のひとつに過ぎない。

逆に、向いていないのは、

  • あくまで趣味として何かを習いたい人
  • 誰かにスケジュール管理してもらわないと勉強できない人
  • 紙のテキストが苦手な人

趣味的なジャンルの講座もあるが、将来的に収入につなげようという気が1ミリもないなら、無理して専門講座を利用する必要はない

YouTube動画でも見ながら自分なりに色々やってみたほうが、時間はかかるが楽しく続けられるだろう。

通信講座で失敗しない(損をしない)ためのコツ

通信講座で失敗しない(損をしない)ためのコツ

通信講座はいつでもどこでも自由なペースで学習できるのが最大のメリットだが、これが弱点にもなり得る。

大切なのは「自己管理スキル」だ。

  • あらかじめ勉強時間をしっかり確保しておく
  • 他の参考書や書籍を組み合わせる
  • 講座で「道具」として活用する

教材やサポートに頼りきりにならず、あくまで道具のひとつとして自分なりに使い倒す能力が試されている。

『たのまな』とは?

ヒューマンアカデミー『たのまな』の評判・口コミを分析してみた。

運営

  • 会社名:ヒューマンアカデミー株式会社
  • 代表取締役:川上輝之
  • 設立:2010年(親会社は1985年創業)
  • 所在地:東京・新宿
  • 事業内容:社会人教育(通学・通信)、全日制専門スクール、留学準備教育、日本語教育、幼児教育、カルチャースクール運営、MBA取得プログラム企業内研修・社員研修など

人気講座ランキング(2019年)

たのまなの通信講座の中でも、特に人気な講座は以下。

趣味系の講座よりも、就職・転職や副業などに生かせる具体的なスキルが学べる講座が強い印象。

特に、6位の『 在宅WORK講座 』は、

  • Webデザイナー
  • イラストレーター
  • 動画クリエーター
  • ライター

といった在宅ワークの人気職業に関する知識やノウハウが身に付けられるだけでなく、仕事に必要なパソコン(mac)やソフトウェアをお得なアカデミック価格で購入できることから、高い人気を集めているもよう。

あわせて読みたい

まとめ

今回は、たのまなの通信講座についてメリット・デメリットの分析や活用のコツについて解説した。

ここまで書いておいてなんだが、他人の評価のみを鵜呑みにせず、自分の目で見て、自分の頭でしっかりと判断すべきだ。本当に、本末転倒だが。

幸い、たのまなは詳しい資料を無料で取り寄せられるので、興味がある講座があれば片っ端から取り寄せてみるといい。

無料資料請求の申込手順(3ステップ)

  1. 資料請求 のページで気になる講座をチェック(2講座まで同時選択可能)
  2. フォームに送付先の住所等を入力
  3. 「申し込む」ボタンをクリック

これだけでOK。パンフレットは多ければ多いほどワクワク感が増す。

お得なキャンペーン・割引制度

時期によっては、対象講座が10%オフになる期間限定キャンペーンが実施されていることもある。

  • 新学期直前キャンペーン
  • おうち学習応援キャンペーン
  • みんなHAPPYキャンペーン

どれも期間が短い(2週間程度)ので、見つけたら早めに申し込むのがおすすめ。チャンスの女神に後髪はない。

ほかにも、一部の講座ではパソコン(Mac・Surface)や高額なソフトを割引価格で購入できるセットも用意されている。

作業用(仕事用)のパソコンを探している人は、一石二鳥だ。

新しい知識を手に入れること、新しいスキルを身につけることは、未来の可能性(選択肢)を広げること。

あまり悩んでいると、せっかく火がついたやる気がもったいない。

まずは簡単な資料請求からでかまわない。目に見える行動を今すぐぜひ。

-ライターの仕事術
-