文章の書き方

長文タイピングをマスターしたい!漢字変換のコツ+おすすめ練習ゲーム

long-typing
  • タイピングがもっと上手くなりたい!
  • 長文タイピングを身につけてより沢山の文章を素早く打てるようになりたい!
  • おすすめのテクニックや練習ツールを教えて!

今回は、こんな悩みに答える記事を書いてみました。

なるべくタイピングスピードを速くしたいなら、「長文タイピング」がおすすめです。

変換キーを押す頻度を少なくなるだけでなく、様々な文章入力におけるメリットがあるこのタイピング法を身につければ、文章作成のスピードだけでなくクオリティもアップすること間違いありません。

最後に紹介するとっておきの機能「ライブ変換」を活用するのにも、長文タイピングのスキルは必須ですよ。

スポンサーリンク

長文タイピングのメリット

文章入力が早い

長文タイピングとは、変換キーを押す頻度をできる限り少なくすることで、長文をまとめて漢字変換する文字入力方法です。

変換キーを押す回数が減るということは、それだけ打鍵数が減るということ。作成する文章の文字数が増えれば増えるほど、その恩恵は無視できない大きさになってきます。

ミスタイプが減る

長文タイピングが身についてくると、ミスタイプの頻度も減ってくるようです。

これは一般的なタイピングに比べて、長文タイピングはタイプミスの修正が面倒(カーソル移動が多い)であるため、自然とミスタイプを減らすような意識が働くためです。

↑のメリットに加えてタイピングのミスも減ることで、文章入力の速度はさらにアップするというわけです。

手(指)が疲れにくい

打鍵回数が少ないということは、手(指)に掛かる負担を減らすことができます。

さらに長文タイピングを極めると、変換候補を選ぶことすらなくなる(IMEの予測変換に任せてしまう)ため、変換キーを押す頻度は格段に減少します。

親指にはかわいそうですが、彼の出番はほとんどありません。

思考が止まらない

漢字変換の最中は、文字入力がストップしてしまいます。

頭の中に思い浮かぶフレーズや映像をどんどん文字起こししていきたい人にとっては、これは一時停止ボタンを押しているようなものです。

映画やドラマを見ているときに一時停止ボタンを押してばかりいると、内容がちっとも頭に入らないことを思い浮かべれば、そのデメリットの大きさが想像できるのでは?

長文タイピングなら思考を一時停止させることなく、脳内の言葉・映像をそのまま文章に反映させていくことができます。慣れてくると、目を閉じてイメージをより鮮明にさせながら文章を入力するなんて技もつかますよ。

長文タイピング・変換のコツ

速度よりも正確さ優先

長文タイピング唯一と言っていい弱点が、タイプミスの修正が困難(面倒)であるという点です。

そこで、文字入力の際には速度よりもタイピングの正確さを意識して一文字一文字しっかりと打鍵していくようにしましょう。

「それじゃあ文章作成スピードが早くならないのでは?」と思うかもしれませんが、少しくらい打鍵スピードがゆっくりになったとしても長文タイピングの速度優位性はゆらぎません。やってみればわかります。

ホームポジションから手を動かさない

タイピングの基本位置である「ホームポジション」から手を動かすと、タイプミスの原因になってしまいます。

カーソルキーやテンキーなどは使わず、なるべくホームポジションから利用できるショートカットキーを活用しましょう。

覚えておくと便利なmacのキーボードショートカットキー【文字入力編】

文字入力の技の一つにファンクションキーを使った一発変換(かな⇔カナ、全角⇔半角など)がありますが、指が届かないのであればコレも使わないほうがいいですね。

キーボードの手前にリストレストを置くと、ホームポジションが固定されて便利ですよ。

サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト

漢字変換確定キー(Enter)を押さない

変換を確定する際にEnterキーを押している方が多いかと思いますが、大抵のIMEはわざわざ確定キーを押さなくても次の文章を入力し始めれば自動で変換を確定してくれます。

Enterキーの入力は、ホームポジションがずれる原因にもなりますので、改行など最小限の利用に留めましょう。

ユーザー辞書を活用する

長文タイピングは漢字変換の負担をなるべく減らすのが鉄則です。

そこで変換ミスや変換候補を探すためにキーを連打する必要がないように、よく使う単語やミス変換されやすい単語は「ユーザー辞書」にどんどん登録してしまいましょう。

特定のキーワードで定型文を出すテクニック(あり⇢ありがとうございました)もありますが、やりすぎると頭の中の文章とずれが生じてしまうので、ご利用には注意を。

誤字修正は文章校正ツールに任せてしまう

長文タイピングに慣れてくると、多少の変換ミスは無視してそのまま文章を書き進めたほうが効率が良いことに気づきます。

誤字脱字を10倍チェックしやすくする10の方法【ツール・アプリあり】

これらのミスは、後から推敲の際にチェックして一つ一つ修正していくことになるのですが、見落としなども起こりますので専用のチェックツールを使うのがおすすめです。

【無料/有料】日本語の文章校正ソフト・ツール28種【Win/mac】

機械的に発見できるミスはなるべくツールに任せて、人間は人間だけにしかできないことに頭をなるべく使いたいものですね。

長文タイピングに最適なキーボード

ミスタイプがなるべく少なくなるように、長文タイピングに慣れていないうちは打鍵感がしっかりとしたキーボードを利用するのがおすすめです。

安価なキーボードで使われている「メンブレン」タイプや、ノートPCでよく採用される「パンタグラフ」タイプよりも、「静電容量無接点」「メカニカル」タイプのもののほうが、確実な打鍵感が選べます。

また、キーピッチ(キーの間隔)がなるべく広いものを選ぶと、隣り合ったキーを間違って押してしまうミスを防ぐことができます。

ちなみに僕は、東プレのRealforceシリーズを使っています(そろそろ↓に買い替えたい……)

東プレ REALFORCE SA R2

打鍵音が気になったり、なるべく指に負担がかからないようにキーが浅いキーボードを使いたいという人もいるかと思いますので、最終的には自分の好みで選べばいいかと思います。

どれにする?タイプライター風キーボードおすすめ10選【欲しい】

スポンサーリンク

長文タイピングが練習できるアプリ・サイト【無料】

ローマ字入力(タイプミスを減らす練習)

まずは「漢字変換なし」のローマ字入力練習ツールからはじめて、タイプミスを少しでも減らすようにトレーニングしましょう。

イータイピング

無料で利用できるタイピング練習ツールとしては1、2を争う有名どころ。

様々なジャンルごとに豊富な例文が用意されているので、利用シーンに合わせたトレーニングができます。

インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピング

ひよこでも出来るタイピング練習講座(マイタイピング)

こちらも有名どころ。タイピング講座のコンテンツが充実しているのも特徴です。

スコアランキングがあるのでモチベーションを保ちながら練習が続けられそうですね。

ひよこでも出来るタイピング練習講座 | タイピング練習の「マイタイピング」

寿司打

SNSなどでよく話題になるタイピング練習アプリ。

お皿が流れてしまう前に文字を入力してお寿司を確保していくというちょっとしたゲーム要素が飽きさせません。

【寿司打】WebGL版

漢字変換あり(変換込みの速度を追求)

タイプミスが減って、ある程度の速度で入力できるようになったら、次は漢字変換込みの練習ツールで実践的なトレーニングを行いましょう。

かな漢字変換つきタイピング練習ツール

非常にシンプルですぐに練習が開始できるため、お試し感覚ではじめるのに最適。

サイトではPCインストール版のほか、要約ソフトなども配布しています。

かな漢字変換つきタイピング練習ツール

文章入力 速度測定 Ver α1.2

こちらも非常にシンプルな作りの変換入力練習ツール。

次々と短い例文が出てくるので、長文タイピングっぽい感覚も味わえます。

文章入力速度測定 | 無料でタイピング速度診断ゲーム

タイプウェルFT

こちらはインストール型の練習ソフト。

自分の好きな文章を例文として登録できるのが大きな特徴で、ネットで気になった文章を模写するときなどにも便利です。

タイピングソフト|タイプウェルFT

ゲーム性重視(遊びながら楽しく練習)

「学習ソフトっぽいものは、すぐ飽きて長く続かない……」という方は、よりゲーム要素が強いタイピング練習アプリがおすすめです。

TypingQuest

レトロRPGの世界でタイピングが練習できるWebアプリ。

なかなか難易度も高く、かなりやりごたえがあります。

TypingQuest

ライブ変換のすすめ。

長文タイピングを極めた方は、mac標準のIMEことえりに搭載された「ライブ変換機能」を活用するのがおすすめです。

これは文章を入力していくとIMEが自動で漢字に変換し、確定まで行ってしまうというもの。ATOKなどにも搭載されている予測変換(推測変換)をさらに進化させた機能と言えるでしょう。

変換キーを一度も押すことなく、どんどん文章が感じに変換されていく様は、一度味わったらやみつきになる不思議な感覚です。

慣れるのには少し時間がかかりますし、変換ミスなども発生しますが、今回紹介したようなテクニックを身につければこの機能のメリットを120%享受できるのではないかと。

スピーチをしているようにスルスルと文章が生まれていく、魅惑の長文タイピングの世界。ぜひご堪能あれ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら

orikasse
『ライカツ』では、文章が上手くなりたい人・文章で稼いでいきたい人向けに、役立つノウハウやアプリなどの情報を発信しています。
よろしければ、ブックマークもしくはRSS登録をよろしくお願いします。

Twitterでも更新情報等を配信していますので、こちらもチェックいただければ幸いです。

-文章の書き方
-

© 2020 ライカツ